高2 歴史に思いをはせる!修学旅行①

高校2年生は、瀬戸内方面へ4泊5日の修学旅行に行ってきました。お天気にも恵まれ、本当に充実した修学旅行となりました。

 

初日は、広島での平和学習です。まず、広島市文化交流会館で、被爆された白石多美子さんから貴重なお話を伺いました。白石さんは、小学校1年生だったとき、爆心地近くの学校で本を開いたときに被爆されたそうです。講話を通して、原爆を落とされた日の人々、街の状況を深く知り、「やりたいことができなかった何千人もの学生が、原爆のせいで亡くなっています。皆さんどうか平和を守ってください」という白石さんの言葉が心に響きました。

 

午後は、高2全員で心をこめて折った千羽鶴を、原爆の子の像の所で捧げ、黙とうしました。そして、小さなグループに分かれて、地元の平和ガイドさんと、平和記念公園の碑めぐりをした後、平和記念資料館を見学しました。戦争、原爆の惨さを実感し、核兵器のない平和な世界をどう築いたらよいのかを考える機会となりました。

 
*注:コップの中身はお水です。

この日の昼食は、カウンターのある小さなお店が所狭しと並ぶ「ひろしまおこのみ物語」で、名物のお好み焼きをおいしく頂きました。

 

さて、2日目の午前中は、地元の観光ガイドの方と一緒に、宮島の厳島神社を見学しました。海に浮かぶ大鳥居、本殿の美しさに目を奪われました。大鳥居をバックにクラスごとに記念撮影もしました。神社見学後の自由時間では、参道にあるお店の様々なもみじ饅頭の味比べを楽しみました。

 

午後は、宮島、尾道、倉敷の3つのコースに班ごとに分かれ、自由に散策しました。宮島に残ってゆっくり紅葉を愛でた班もあれば、尾道で千光寺公園からの美しい瀬戸内海の眺めを味わい、猫と戯れた班もあれば、倉敷で古い風情のある街並みを散策する班もありました。

 

 

夕食後、数々の名画を有する大原美術館を貸し切って、トキワ松学園高2だけで見学するというぜいたくな時間を過ごしました。美術館員の方の「それでは開門します」の声とともに、大きな扉が開くと「おー」という歓声があがりました。特に美術デザインコースの生徒たちにとって、ナイトミュージアム体験は忘れがたい思い出となったようです。

 

中3英語  世界について考える!English Day

中学3年生のEnglish Dayは南アフリカ、アイスランド、イラン、グアテマラの4国についてプレゼンテーションを行いました。

 

 

「女性の問題」「教育」「その国の歴史に影響を与えた人物」など、それぞれのテーマに沿って夏休みに調べ学習を行い、その後英語に書きおこし、本番まで何時間もかけて準備と練習を行ってきました。

 

本番では、テレビ番組形式の発表、プレゼンテーションの中に劇やクイズが織り交ぜられているものなど、発表形式は多岐に渡り、それぞれの国に思いをはせながら真剣にお互いのプレゼンテーションを聞き合いました。

 

中2英語 成長を感じた!English Day

中学2年生のEnglish Dayは、以前にトキログでもご紹介したポーランドとインドネシアからゲストを迎えてインタビューをした内容をもとにプレゼンテーションを行いました。

 

パワーポイントを使用し、中1の時よりも各グループが工夫を凝らした今年は、チームワークの良さが伝わる立派な、そして楽しい発表となりました。10月にインタビューをしたゲストや、そのゲストの先生がお勤めの東京インドネシア学校(目黒区)の中学生の皆さんが見学に来て下さいました。さらに、中学1年生も見ており、たくさんの観客を前にして生徒たちの緊張は最高潮。

 

ところが、いざ始まってみると、練習の時よりもっと堂々とそして楽しんでいる様子が見られ、教員を安心させてくれました。色々なアドバイスをしてくれたALTの先生達にとってはEnglish Dayは初めての経験でしたが、皆の出来栄えにとても喜んでいました。

 

インタビューメモから原稿を起し、暗記、そして声の大きさ、アイコンタクトやジェスチャーなど気を配って練習することが多く大忙しでしたが、それを乗り越え、全員が達成感や充足感を得たこの経験は貴重なものに違いありません。来年のEnglish Dayも楽しみにしています。

中学進路講演会~プラスにとらえてチャレンジ!~🍀

社会で活躍する卒業生をお迎えし、進路講演会を行いました。

 

今年度は現在、羽田空港で国際線の税関でお仕事をされている、土屋さんにお越しいただき、お話を伺いました。

2020オリンピックもあり、羽田空港をたくさんの外国の方が利用します。24時間稼働している空港で働くのは大変なこともたくさんあるそうですが、大学時代の留学で得た語学力をいかして、多くの方とコミュニケーションをとりながらお仕事することにやりがいを感じているとのことでした。

トキワ松学園中学校高等学校時代の部活動の話や、勉強で苦労したこと、行事の事など思い出話を交えながら、お話ししてくださった中で、とても大事なことがありました。

 

それは、「中高時代にやっているすべての事に意味があって、無駄なことは一つもない。すべてをプラスにとらえてチャレンジしていくことが大切。」ということです。直接自分の進路に関係ないから、やらないのではなく、たくさんの経験やチャレンジの中の何が進路を決定するきっかけになるかわからないからこそ、色々なことを億劫がらずにやってみることが必要なんですね。

高校1年 秋を堪能!社会・美術見学

心配していた天気は晴れ☀!気持ちの良い青空の中、上野の東京都美術館に集合しました。

  

午前は高1全体で「ムンク展」を鑑賞しました。美術見学では、油絵で描かれたムンクの多彩な表情の描写や、版画などの作品を鑑賞することができました。美術デザインコースの人たちは西洋美術館の常設展示も見学しました。

 

午後は市ヶ谷へ移動し、「JICA 地球ひろば」を見学しました。社会科見学では様々な国の状況を知る良い機会となり、のめり込んで見学していました。

それぞれの場所で興味深く鑑賞し、たくさんエネルギーをもらった一日になりました。

 

 

中3遠足 秋を満喫!相模湖プレジャーフォレスト🍛

前日の雨の天気とは打って変わって、遠足当日は晴天☀になり楽しく一日を過ごすことができました。中3は「相模湖プレジャーフォレスト」に行き、飯ごう炊さん(カレー🍛&ご飯炊き)、オリエンテーリングを行いました。

 

 

飯ごう炊さんでは薪で火をおこすのが難しく、苦戦している班もありましたが、最後はみんな無事に昼食🍴を食べることができました。

 

オリエンテーリングでは時間⏰との勝負でしたが、地図を片手にたくさんのチェックポイントを回りました。高得点の上位3班に賞状と景品が渡されました。思い出深い一日となりました。

 

 

中2遠足 秋を満喫!武蔵丘陵森林公園🚲

前日から心配されていた雨もどこへやら・・・。11月7日(水)秋晴れの下、中学2年生も遠足へ。皆さん、日ごろの行いがよいのですね😀   

気持ちの良い空気を吸いながら、元気一杯自転車で走り、思い切り体を動かすことができました。9月から遠足委員と学年委員が目的や目標を決め、しおりづくりを始めました。皆が楽しめるように、計画し、企画を練ったバスレク🚌も大好評で朝から大盛り上がり。

 

雨のために心配していた日本最大規模のトランポリン「ポンポコマウンテン」でも大いに飛び跳ねることもでき、笑い声が空まで広がりました。ALTの先生2人も参加し、生徒達と楽しく英語で話しながら、サイクリング🚲を楽しみました。

 

どんな時もみんなで協力してがんばり、素直に楽しむことのできる学年の生徒たちの朗らかな笑顔に教員一同癒された一日でもありました。

 

中1遠足 秋を満喫!アスレチック&ぶどう狩り🍇

11月7日、中学生は秋の遠足を行いました。前日は夜中まで雨☔が降っていましたが、天気予報を信じて、晴天コース☀へ。

 

中学1年生は、アスレチックとぶどう狩り🍇。日頃の行いがよいのでしょうか!?無事に雨も上がり、最初の富士すばるランドでは、立体迷路とアスレチックで体を動かしました。元気な中学1年生は、大はしゃぎ。皆、楽しそう。一方、先生たちは若いエネルギーについていけず…疲れてしました…。

 

 

 

昼食の後は、御坂に移動して、ぶどう狩り🍇を楽しみました。食べ放題ということで、お弁当の量を控えた生徒もいたようです。たくさん食べて、大満足でした。

 

スポーツの秋、食欲の秋は満喫したので、後は読書📘の秋ですね。

 

中2 心に寄り添って読む!絵本の読み聞かせ

中学2年生がトキワ松学園小学校の1、2年生に絵本の読み聞かせを行いました。

自分達で読んであげたい本を決めました。「コンとあき」「もったいないばあさん」など、作品は様々です。まず、同級生を相手に練習をすると「もっとゆっくり読んだ方がいいよ」「絵本を指さしてみるといいよ」など、お互いにアドバイス。

 

さて、本番。緊張しながらも、前日のアドバイスを思い出しながら、ゆっくり、はっきり、笑顔で…を心に留めながら読みました。聞く側の人の立場を考えて、心に寄り添いながら、読む…。読み聞かせは思った以上に難しいようでした。

終わったあと、感想を聞くと、初めはとっても緊張して教室に入ったけれど、小学生の目がきらきらしていて、楽しんでくれている様子がつたわり、読むほうも楽しかった…。とのこと。最後に小学生が面白かったところをお話ししてくれたクラスもあり、握手してお別れしたクラスもありました。沢山の拍手をもらって、小学生と温かな朝のひと時を過ごせたことは、中学生にとってもとてもいい経験になりました。

ダンス部 地域のイベントに出演!

ダンス部中高約50名で「第15回めぐろ地域福祉のつどい」に参加し、ステージを盛り上げました。

 

 

中目黒駅前のスペースで行われたこのイベントには初めて参加しました。文化祭で踊った作品やチアダンスを披露し、目黒区の「めぐろ」イベント名の「つどい」をポンポンで象ると大きな歓声がわきました!

 

 

 

最後には、撤収のお手伝いボランティアを行いました。いつもお世話になっている目黒区の地域の皆さんにこうした形で触れ合える機会を大切にしています。