「細胞」の世界へ!~中3理科・観察~

001  002

003  004

中3の理科2分野では、2学期から高校一年生で習う『生物基礎』という教科書も一緒に使いながら、内容の濃い授業を展開しています。今日は、植物細胞の観察で、タマネギとオオカナダモの細胞を観察しました。タマネギは、表皮組織を薄くはがすとくるりと丸まってしまうため、意外と手先の器用さが要求される観察です。また、今年も核を染色する酢酸カーミン液で、指先を赤く染める生徒がでました。この指先の赤い印が、いよいよ生物体の基本単位である『細胞』の学習に入ったことの証明になります。オオカナダモの細胞では、葉緑体だけでなく、原形質流動も観察できました。中3は、このあと体細胞分裂を学習していきます。

モナリザと写楽の違いは?! (中3国語「比較文化」)

中3の国語では「比較文化論入門?!」にチャレンジ!ある物事をより深く理解するには他の物事と比較してみることが有効です。身近なことというのは知っているつもりで、本当はよく知らなかったり・・・。自分の興味あることを挙げ、比較する対象を決めます。そしてそれをさまざまな観点から比較し、分析するための調べ学習を図書室で行いました。おもしろい比較が色々!「小説と映画」「モナリザと写楽の三代目大谷鬼次」「手紙とメール」「コーヒーと紅茶」「猫と犬」「浴衣と着物」「和菓子と洋菓子」・・・・・。はじめは、とても身近なテーマですが、各国の歴史など調べ始めると、深く広く研究が進んでいきます。

一つの事象を見ていただけでは分からなかったことが、他と比べることで見えてきて新しい発見!  他の文化を知ることが、その文化との関係において自分の文化を知ることにもつながりますね。

cimg4041 cimg4038

めざせノーベル賞! 高二生物自由研究発表会

「どうして寄生虫は外に出ようとするんですか」「なぜ、その温度なんですか」。鋭い質問に上手に答える班、たじたじになる班・・・。5日の高二生物の授業は、毎年この時期に行われる「自由研究発表会」でした。

2学期の最後から3~5人の班に分かれ、研究テーマを決め、仮説を立て、調査や研究を重ねてきました。

今年のテーマは、「寄生虫」「葉緑体に含まれる色素」「メダカ・キンギョの体色変化/メダカの走流性」「カタラーゼの働きについて」「原形質流動」

Kouniseibutu1      Kouniseibutu2

Kouniseibutu3      Kouniseibutu4

Kouniseibutu5      Kouniseibutu6

各班4分の発表後、質疑応答。生徒のみならず校長先生も参加してなかなか充実したものとなりました。

Kouniseibutu9      Kouniseibutu7

これからもいろいろなことに興味を持ち、調べていきましょう。

将来は、この中からノーベル生理学・医学賞受賞者が出るかもね。がんばれ!

「高校三年生化学2学期実験報告」

Img_0164

えっ?受験生の高校三年生も実験なんてやるの?!そんな声が聞こえてきそうですが、トキワ松の高三年生たちは、座学の勉強・演習はもちろん、実験もしっかりやります。トキワ松学園の理科では、知識は、実際に自分で手を動かして初めて身に付くものだと考えているからです。 2学期後半では、小さいものから1時間まるまる使ってのものまで、理論化学の実験をいくつかやりました。少しご紹介します。

まずは小さな実験。溶媒分子は通すけれど、溶媒に溶けている比較的大きなコロイドと呼ばれる粒子は通さない膜のことを半透膜といいます。卵の卵殻膜(薄かわ)がこの半透膜でできていることから、水にひたすと、卵内部に水が浸透する様子を観察しました。次に、豆腐づくりの実験。豆乳(化学用語で言うと、コロイド溶液とよばれるものの仲間)に多量の電解質水溶液(今回はにがり=塩化マグネシウム水溶液)を入れると沈殿する、という性質を、おいしく確かめるため、豆腐作りをしました。

Dsc00883

教科書にのっているような、いかにも化学の試薬を使った実験ではなく、まるで料理のようなこの実験。食べられる実験に生徒たちも大喜びでした。その分、化学をよりいっそう身近に感じることができたようです。