雨にも負けず…中3・高三 合同体育が行われました!  

5月7日(土)に、中学3年生と高校三年生の合同体育が、横浜美術大学のグラウンドで行われました。

天気予報は、雨。当日は、なんとか天気が持ってくれる事を期待しましたが、残念な雨。

この合同体育は、5月の下旬に行われる、スポーツ祭典へ向けて各学年で行う、集団演技の練習を集中的に行うものです。

各学年ともに、限られた時間で演技の確認・練習を行っていました。雨模様となってしまいましたが、一生懸命に取り組む姿が見られ、演技にも熱が入っていました。

中学3年生の集団演技は、元気一杯で迫力の演技。

高校三年生は、伝統の「すみれ」。高校三年生の思いが詰まった演技です。

スポーツ祭典当日は、晴れてくれる事を願っています。

    P5070019     P5070022

    P5070025       P5070036

ラクロス部 春期大会試合結果報告 

    昨日、第11回関東女子中高生ラクロスリーグ戦「Teen’s Cup 2011」の予選を戦い終えました。

4月24日(日) 対 TWISTERS&JUPITERS (つくば秀英・日工大駒場) 22-2 勝利。

5月 8日(日) 対 USmovers (埼玉県立熊谷女子)  5-9 負け。

予選3試合を戦い終えて、1勝2敗となり予選敗退となりました。

今回のTeen’s Cupを戦い終えて、上位のチームと戦う事が出来、結果としては敗退となりましたが、良い経験となりました。今後に生かす課題も見えてきたので、秋の大会では結果を残せるように、練習に取り組んで行きたいと思います。

また、今回の大会を終え、高校3年生は引退となります。長くチームの中心選手として活躍してきた3年生は、本当に良く頑張ったと思います。今後は、それぞれの進む道に向け、頑張って欲しいと思います。

最後になりましたが、各試合に応援に来て頂いた皆様、誠にありがとうございました。新チームとなった「Smash Stars」を、今後ともに応援宜しくお願い致し ます。

3_3    4_2  2_7      P5080039_2   

バドミントン部・・・春季大会結果報告

5月1日(日)本校の体育館で『東京都中学校バドミントン春季大会 目黒区予選』が行われました。

バドミントンの大会には、各校からシングルスとダブルスの代表選手を出場させてチームとして戦う団体戦と、個人でトーナメントを勝ち抜く個人戦があります。
今大会では中学3年生6名で団体戦1チームと、個人シングルス1名、個人ダブルス2ペアが出場しました。
昨年度の同大会の夏季大会では先輩方が団体戦で目黒区優勝を果たしていることもあり、緊張した面持ちで臨みました。
その結果、団体戦ベスト4!!個人ダブルス第2位に輝きました。
今まで、さまざまな大会に出場してきましたが、2011159bad1_32011159bad2
あと一歩のところで入賞を逃してきたので、
喜びもひとしおでした。今年度は元気な
中学1年生の後輩も17名も入部したので、
これで先輩としての威厳も少しは示せたかなぁ・・・。       
                                  
                      

           

 

古賀政男音楽博物館けやきホールでした・・・マンドリンギター部

マンドリンギター部の第39回定期演奏会が本日ありました。

    Kogamasaohakubutukann_2    Kaijouippai_2

今年の会場は、「古賀政男音楽博物館けやきホール」。今年は、現顧問の西川先生がヴァイオリン、元顧問の黒川先生がチェロで演奏に参加してくださっていました。

もちろん、本校のマンドリンギター部を創設し、その後、日本のマンドリン奏者のトップとして活躍されていらっしゃるコーチの宮田蝶子先生も指揮をされました。

「双頭の鷲の下に」に始まった第一部。

今日で引退する8名の高三による第二部。プログラムにない「剣の舞」も演奏してくれました。

    Kousansuprise_2

そして、おそろいのTシャツに着替えて「魅惑のミュージカルメドレー」等を演奏した第三部。

    Burut_2    

沢山のお客さんを前に心地よい音色を奏でてくれました。素晴らしい演奏をありがとうございました。

201153up_2     Kiritu201153_2

Mandolin12_3        Guitar1

校長先生の「道徳」授業

中1の各クラスの道徳の授業は、金谷校長先生の「学園の歴史」についての授業でした。

制服の胸元にもデザインされたスミレのお話から、トキワ松学園創立から95年間脈々と受け継がれてきた創立者三角錫子先生の「鋼鉄に一輪のすみれの花を添えて」の教えや、校章に込められた意味を実に丁寧にわかりやすくご指導下さいました。

                  Koucyoudoutoku1       Koucyoudoutoku2_2

         
生徒は緊張していた様子でしたが、自分たちの入学した学校のことを知る、とてもよい機会になったようです。