トキワ松の教育 ~英語2/3 その②~

本校の教育の特長をお伝えしているシリーズ「トキワ松の教育」、英語科の2回目(その②)です。13日(水)にEnglish Dayが行われました。中学2年生は10月にマレーシア、ロシア、ケニアの3カ国からゲストをお招きし、その国についてインタビューしました。

1_4

その内容を自分たちでまとめたものを、全クラスの前で発表しました。

2_3

発表形式がグループによっては人形劇だったり、紙芝居を使ったものだったり、ポスターを使っての発表だったりと、それぞれグループの個性が出ていて楽しい発表になりました。

トキワ松の教育 ~英語2/3 その①~

本校の教育の特長をお伝えしているシリーズ「トキワ松の教育」、英語科の2回目(その①)です。13日(水)にEnglish Dayが行われました。中学1年生のテーマは「Welcome to Japan!」。世界について学ぶ前にまずは自分の国についての知識を深め、それを英語で発表するのが目的です。

1

それぞれのクラスが日本のある地域を担当し、その地域の「お祭り」、「名物」、「世界遺産」、「神社とお寺」などのテーマについて発表しました。

2

初めて経験するイベントで生徒たちは緊張しながらも、堂々ときれいな発音で、作成したポスターを使いながら素晴らしい発表を行いました。9月から行ってきた調べ学習の成果を十分に発揮することができました。来年のEnglish Dayが楽しみです。

トキワ松の教育 ~英語1/3~

本校の教育の特長をお伝えしているシリーズ「トキワ松の教育」、英語科の1回目です。

中学生には教科書を主に用いる英語の授業と、LS (Listening & Speaking)という授業があります。本日ご紹介するLSは、外国人教師と日本人教師が2人でオリジナルのプリントを用いて教えます。Photo_2

外国人の先生を前に初めは不安そうな顔を見せる生徒も、中学3年間を通して、英語でのコミュニケーションやプレゼンテーションに慣れ、自信を持って英語で発表ができるようになります。11月13日には学年ごとのテーマで発表をするEnglish Dayがあり、現在発表の準備を行っています。

 

トキワ松の教育~国語 3/3~

本校の教育の特長をお伝えしているシリーズ「トキワ松の教育」、国語科の3回目(最終回)です。

高校生になると教科書の文章もぐっと難しくなります。説明文も論説文になり、文章の構成や論理を把握することが必要です。トキワ松学園では高校一年生で「クリティカルシンキング」を実施しています。これは隠されたルールを解読したり、自由に発想を広げて考えたり、楽しみなが解くうちに国語力だけでなく社会科や理科の総合力や大学入試に必要な力までつく優れものです。

例えば、言語調整力、抽象化力、具体化力、関係把握力、複眼力、背景洞察力などなど、問題ごとにつけられるがわかります。                                            そのほか、高1では、芥川龍之介の「羅生門」を読んで物語の続きを書いたり、「読書論」と題し、自分の読書に対する思いを自由に述べたり…冊子にして配布しています。

Cimg4304_3

文章を読むだけでなく書けるようになれば、自分の内面を吐露できる道具として、言葉ほど便利なものはありませんよね。

 

 

トキワ松の教育~国語2/3~

本校の教育の特長をお伝えしているシリーズ「トキワ松の教育」、国語科の2回目です。

国語科では、中学3年生全員が、今まで培ってきた「語彙力」「読解力」「思考力」「表現力」の力試しとして、この秋、一般社団法人 日本新聞協会主催「いっしょに読もう!新聞コンクール」に応募しました。

その結果、中学3年のOさんが東京都で優秀賞を受賞し、全国の審査に進むことになりました。

また、学校全体としても、優秀学校賞を受賞しました。


3年間の学習が着実に身についてきたことが、結果として表れ始めたことを嬉しく思っています。

トキワ松の教育~国語1/3~

文化祭、定期テストが終わりました。

各クラスは1月末に行う音楽コンクールに向け、動き始めたところです。

中学受験生・保護者のみなさんにとっては、中学入試まで、ちょうど100日となりました。

そこで、本日から、3回にわたって、今まで説明会等ではなかなかお話しできなかった

本校の教育・教科の特長をお伝えします。

本日は『国語科』です。

生徒たちに「学ぶことは楽しい→楽しいから頑張れる→頑張るからわかる→わかるから学ぶことが更に楽しくなる」というプラスの連鎖を味わって欲しいという願いから、国語科としては「辞書引き」「漢字テストでGO」「読書マラソン」など、目に見えるかたちで成果を残し、学ぶ意欲を持たせるよう工夫しています。

            【意味調べ】                                       【漢字テストでGO!】

 

            【読書マラソン】

Photo_3

 

中学説明会『生徒が語るトキワ松』

photo_5 photo_2 photo_6 photo_7

9月14日(土)『生徒が語るトキワ松』と題した学校説明会を行いました。

今回は普段の説明会とは異なり、司会進行、部活動紹介、インタビュー、発表のすべてを生徒が行いました。勉強や部活動、校内行事などに熱心に取り組み、学校生活を楽しんでいる生徒たちの様子が、御覧いただけたのではないかと思います。

説明会へおいでくださった皆様、ありがとうございました。

9月28日(土)・29日(日)のトキワ祭へのご来場、お待ちしております。

トキワ松の教育で私はこう育ちました・・・中学入試説明会

1月12日(土)中学入試説明会&算数勉強教室が三階ホールで行われました。算数勉強教室に参加した小学生からは「楽しく勉強ができて、先生もわかりやすく解説をしてくれて良かったです。安心して入試ができそうです」「わからない問題や苦手な問題の解説を聞いてわかったのでよかったです。」「在校生(中3・高一)のお姉さんたちが優しくてとても面白くて安心しました。ここに来るのが楽しみになりました。」といった感想を書いてくれました。

また、説明会では、高校三年生の英語のプレゼンテーションと国際基督教大学の大学院に在学している卒業生が、トキワ松学園での生活を語りました。

    P1050659  P1050660

    高3英語プレゼンテーション マリアン先生のインタビューに答えて

    P1050670  P1050672

   卒業生が「トキワ松学園での生活を語る」

卒業生の岩田さんは「トキワ松学園で英語力とプレゼンテーション力がしっかりと鍛えられた。授業や部活動で国際問題に触れることが多く、貧困、環境問題、児童労働の問題、飢餓など外に向けて広く関心を持つことができた。これから就職して取り組もうとしている児童福祉の問題も、広い視野を持つ中でたどりついたものだ。トキワ松学園は、様々なことに関心を持ち学ぶことができる環境がありました」といったお話を受験生の保護者の方に語ってくれました。

小学生の皆さん、君たちもトキワ松学園で色々なことに挑戦し、充実した6年間を過ごしてください。

生徒たちの優しい気持ちが伝わってきました。12月23日説明会。

23日、昼過ぎから、体育館で2012年度中学入試説明会が行われました。

参加された受験生と保護者の方がたをお迎えしたのは、コーラス部の素敵な歌声。人数は少ないですが、素敵な声でクリスマスソングを歌いました。続いて、ダンス部の中学1年生と2年生がかわいらしいクリスマスの衣装でダンスを披露。また、吹奏楽部の中学生も1月初めにある大会に向けて練習している演奏を披露し、大勢の受験生と保護者の方々からたくさんの拍手をいただきました。受験勉強でなかなかクリスマス気分に浸れないかもしれない受験生には良いプレゼントになったのではないかと思います。

   23setumei2  23setumei1

その後、説明会の中でも。中学1年生が英語劇をしたり、インタビュー形式で学校生活を語ったりと大活躍をしてくれました。自ら希望して会場案内や校内見学の案内をしてくれた生徒たちなど休みの日にもかかわらず生徒たち自身で受験勉強で頑張っている小学生、そしてその保護者の方を応援しようという優しい気持ちが伝わってくるよい一日でした。

1月9日の今年最後の説明会では、高校三年生の「英語のプレゼンテーション」と「インタビューに答えて学校生活を語る」を予定しています。23日の中学1年生から、6年後の高校三年生の成長した姿を見ていただければと思います。ぜひいらしてください。お待ちしています。