カテゴリー別アーカイブ: 夢を実現「進学力教育」

近隣の皆さま、お世話になりました!中2職場見学会

01

2月6日(火)、中学2年生の職場見学会が行われました。この職場見学会は、班ごとに事前学習をしたうえで近隣の施設の見学をさせていただき、社会を知る第一歩となる貴重な体験ができる会です。

02 03

今年度も生徒たちが希望する事業所別に分かれて訪問させていただきました。保健センターでは赤ちゃんを抱っこさせていただいたり、碑文谷警察署ではパトカーに乗せていただいたり、城南信用金庫では1千万円を持たせていただいたりと、事業所ごとの特徴ある活動に触れさせていただき、とても充実した時間を過ごすことができました。

04 05

まだまだ将来の職業に対してぼんやりたイメージを持っている生徒も多いのですが、日ごろお世話になっている方々のお仕事を垣間見ることで、生徒たちの世の中を見る視野が広がったと思います。お忙しい中を貴重な時間をいただいた各職場の皆様、本当にありがとうございました。

オーストラリア・ターム留学出発!

昨日、トキワ松学園高校一年の生徒がオーストラリア・メルボルンに旅立ちました。出発直前にも空港で最後のオリエンテーションを受けて準備万端。いよいよターム留学の始まりです。今回の参加者は中3でトキワ松学園が実施するイギリス多文化研修に参加し、さらに高い英語力をつけるため、約10週間のターム留学への参加を決意しました。

s2

早速到着時の写真がオーストラリアから送られてきました。リラックスして良い笑顔!

現地では地元の私立学校に通い、全ての授業を英語で受けます。最初は大変でしょうが、各自が心に秘めた高い目標を達成するために精一杯楽しみ、頑張ってくれることでしょう。

これまでのターム留学参加者の中には、現在アメリカ、イギリスで大学生活を送っている卒業生もいます。それだけこの10週間は貴重な時間であり、英語力を飛躍的に伸ばす大きなチャンスです。オーストラリアでの健闘を日本から応援したいと思います。

夏休み活動報告~高二勉強合宿

8月23日~25日にトキワ松学園高校二年生は勉強合宿を行いました。日常から離れて三浦海岸のホテルに缶詰めになり、朝から深夜まで勉強して自分の限界に挑戦しました。英文法は自分が勉強したところを互いに教え合うジグソー法で協働学習(アクティブ・ラーニング)を行いました。分担したところを他のメンバーにも教えなくてはならず、徹底的に理解できるよう先生への質問にも熱がこもりました。皆、理解したことを自分の言葉で伝えるためにがんばりました。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

 

食事は勉強をしない貴重な時間ですが、生徒たちは単語テストが気になり、常にテキストを手にしていました。目覚まし代わりの朝の散歩では海岸を眺めて気持ちを和ませ、最終日には模試を受けて自分の現状の確認も行いました。生徒たちは疲労と共に達成感と充実感を味わい、今後の飛躍を誓って終了しました。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

見つけよう!私の進む道~高一・高二キャリアガイダンス

一学期の中間試験が終了し、 高一は高校生活初めての定期試験を終えてほっと一息、高二はさらに将来の進路に向けて活動を加速させはじめました。

キャリアガイダンスは、大学・短大・専門学校の教職員の方を招いて、さまざまな分野の学問・研究について語ってもらう行事です。

??????????  ??????????

??????????  ??????????

 

語学や観光、幼児教育、栄養、デザイン…生徒たちは各教室に分かれて進学先で何を学べるのか、何ができるのかを聞きます。自分の興味関心がはっきりしている生徒、まだ方向性を探っている生徒、立場はそれぞれですが、みな将来を見据えて、真剣に耳を傾けていました。

 

??????????  ??????????

トキワ松学園では、進路指導部が作成しているオリジナルの進路ノート「私の進む道」を生徒に配布して、進路指導を進めています(保護者用には「わが子の未来」というノートがあります)。これからもさまざまな進路関係の行事がありますが、もうすぐ面談週間が始まります。進路ノートを大いに活用して「私の進む道」を見つけてほしいと思います。

先輩に続け!受験体験発表会

01 02

トキワ松学園では3月13日に「受験体験発表会」がありました。先日高校を卒業したばかりの先輩を招き、受験体験を聞く会です。

最初に行われる全体会では実感のこもった体験談があり、高1・高2の生徒たちはメモをとりながら熱心に聞いていました。4人の先輩のメッセージのうち、印象に残った部分をご紹介します。

「指定校推薦は楽なイメージがあるが、決してそうではない。指定校が万一とれなかったときの準備もある。また、自分の意思を大学側の求める形に表すことが難しかった。」

「志望校選びは早くから始めるのがよいが、あまり絞りすぎず、広い視野をもって考えること。自分はたくさんの先生たち相談し、紙に自分の考えを書き出して整理し、やれることをすべてやった。」

「大学ごとに受験方式、傾向、配点がバラバラで、それぞれ向き・不向きがあると思う。情報を多く持って様々な選択肢を考慮に入れると良い。また、受験は自分の気持ちとの戦い。逃げないようにするために、目標に執着してほしい。」

「トキワ松は生徒と先生の距離が近い学校。きちんと学校に通い、先生方のアドバイスをしっかり受けたのが良い結果につながった。」

03 04

05 06

全体会が終わると、希望進路別(外国語・国際関係、看護・医療・薬学など)に分かれた分科会です。こちらは自分の興味のある進学先の情報を少人数で話を聞くことができ、質問も活発に行われます。高校2年生にとっては「次は自分たちの番」と分かっていても、なかなかイメージができないものです。今日の先輩方の話を聞いて、1年後に向けて自分がすべきことをイメージ出来たのではないでしょうか。

中学進路講演会~チャレンジの先に自分の知らない世界がある!~

IMGP0825-3 IMGP0845-3

中学校進路講演会が行われました。社会に出て活躍中の卒業生の話を聞き、将来について考えるチャンスです。

今回の講師は卒業生の髙橋さん。在学中は生徒会長、ダンス部、そして勉強と、どれも手を抜かずに頑張ってきた方。明治学院大学の経済学部を卒業した後、ヤクルトに入社し、現在は一児の母として育児休暇中。来年春に復帰だそう。

IMGP0832-3 IMGP0894-3

高橋さんはヤクルト本社に入社後、九州転勤を経て、ヤクルト化粧品の企画、キャンペーン立案、運営などをはじめ、さまざまなお仕事をされています。その中で気づいたことは、「人が笑顔になる事が自分の喜びである」ということでした。自分に身近なものでいかに周囲の人を幸せにできるか、を考えるこのお仕事に誇りを持っていらっしゃるそうです。

IMGP0838-3 IMGP0826-3

後輩の在校生たちには中学高校時代をトキワ松学園で過ごした経験から「中学1年生の内は様々なことにチャレンジすることが何よりも大切。失敗したことも人生の道を広げる財産になるので、どうせやるなら全力で挑戦する。」とアドバイスをくださいました。

自分の知らない世界がチャレンジの先にある!そう思えれば、一歩踏み出すのも恐くないはず。多くの人に支えられて自分があることを忘れずに、今を精一杯頑張ることが未来を作ることを教えていただきました。

IMGP0830-3 IMGP0867-2

IMGP0870-2 IMGP0885-2

「勉強と部活の両立は?」、「学生時代は?」、「友達とのトラブルの時はどうしたら?」など先輩としての高橋さんを頼り、沢山の質問が出てとても有意義な会になりました。

講演後も熱気さめやらず!囲み取材さながらの様子でたくさん質問をしていました。

チャレンジの夏!夏期講習、校内留学がスタート!

IMGP6611-3 IMGP6609-3

IMGP6606-3 IMGP6600-3

本日から夏休みがスタート。校内では部活動の声が聞こえる一方で、夏期講習で熱心に指導する先生たちの声が教室から聞こえてきました。高校生は受験に向けて、各教科ポイントを絞ったきめ細かい指導を受けながら、自分の得意分野を伸ばし、苦手分野を克服しようと生徒たちは意欲的に取り組んでいました。中には、少人数で先生を囲んで和気あいあいとした授業も。

IMGP6596-3  IMGP6588-3

IMGP6573-3  IMGP6620-2

IMGP6603-2  IMGP6592-2

IMGP6578-2  IMGP6575-2

一方で、中学2、3年生は通常の授業の内容を深める発展クラスと授業の復習をしながら理解を深める基礎クラスに分かれてこちらも熱心に講習に取り組んでいました。

IMGP6627-2  IMGP6632-2

IMGP6629-3  IMGP6562-3

また、中学1年生は全員で校内留学に参加しています。校内留学は英語劇を通しながら2日間、英語漬けの日々を過ごすプログラム。入学して4ヶ月の中学1年生にとって英語しか使えないのは大変なこと。でも、このプログラムを通して新しい自分を発見していきます。

長い夏休み、色々なことに積極的にチャレンジしていきましょう!

たくさん話そう!面談週間!!

IMGP4540-3  IMGP4493-3

トキワ松では今日から面談週間がスタートしました。中間テストの成績を見ながら4月からの取り組みを先生と一緒に振り返ります。単純に成績が伸びた生徒とは、その努力を誉めながら一緒に喜び、一方で成績が伸び悩んでいる生徒には、何か悩んでいることや困っていることがないのかを尋ねている姿が各クラスで見られました。

IMGP4598-2   IMGP4551-2

IMGP4526-2

でも、面談は、成績についてだけ話をする場ではありません。生徒の皆さんがどんなことに興味をもっているのか、普段のご家庭での様子はどうか。様々な角度から話を聞き、生徒の皆さんの成長をサポートするにはどうすればよいかを先生たちが考える場でもあります。「オムライスが好きで普段から家でも料理をするんです」とか「今、通っているバレエ教室の発表会が近くて」とか、面談をする中で先生たちが知らなかった一面が見えてきます。

先生と生徒の距離が近いトキワ松ですが、面談週間を利用して普段考えていること、感じていること、頑張っていることを先生たちにいろいろと教えてくださいね。

高1・高2 未来を描く、キャリアガイダンス!

IMGP1622-3 IMGP1557-3

中間テストが終了し、高校1 年・2年では、キャリアガイダンスが行われました。

大学や専門学校の先生、職員の方々を招き、全部で17のブースに分かれ、「職業」や「学部」、「学科」について詳しく伺うことができました。それぞれの分野の具体的なお話を聞くことで、将来についてより深く考えるきっかけにしていきます。

IMGP1623-3 IMGP1603-3

講師の先生によって、内容は様々。例えば、「文学」のブースでは大学の授業さながらに漢文の講義をしていただいたり、「心理学」のブースでは、実際に行う心理テストの一つ「ロールシャッハテスト」を簡単に体験してみたり、また、「衣服」のブースでは織物のの体験をして綿花をお土産にいただいたり、「音楽」のブースでは音楽を使う職業の中でも、音楽療法士のお仕事について詳しく教えていただいたり…。

IMGP1585-2 IMGP1589-2

IMGP1581-3 IMGP1599-2

生徒たちは、自分が興味のあるブースを選んで受講するのですが、「この分野に、こんな面白そうな職業もあったなんて初めて知った」、「大学の専攻は、名前だけではよくわからなかったけれど、今日話を聞いて少し詳しくわかった」などと感想を持ちつつ、楽しんで受講したようです。

将来の自分を具体的に思い描くことで、日々の勉強への取り組み方も変わってきます。なりたい自分を見つけ、その夢を実現させていきましょう!

IMGP1618-2 IMGP1614-3

IMGP1562-3 IMGP1560-3

夢を叶える、トキワ手帳!

IMGP8038-2  IMGP7895-3

新学期早々、色々な行事で忙しいトキワ生たち。そんな忙しさを乗り越える強い味方「トキワ手帳」の使い方の説明がありました。これまでもトキワ松では手帳を使ってのスケジュール管理を勧めていましたが、今年度からフォーサイトと協力して新たに「トキワ手帳」を導入しました。

IMGP7872-2   IMGP7889-2

この手帳は著名な『七つの習慣』に基づいて作られており、スケジュール管理はもちろんのこと、使うことで行ったことを振り返るPDCAサイクルを身につけることができます。先輩たちも、PDCA(計画を立て、実行し、チェックし、改善する)を意識することで成長し、実現するのが難しいと思えるような夢も叶えてきました。

IMGP7624-2   IMGP7601-2

皆さんも、トキワ手帳を活用して「叶えられないほどの大きな夢」を実現させましょう!