中学生徒会「校内交流!」

10月30日、中学校生徒会主催の中学3学年の校内交流を行いました。

今回の校内交流のレクリエーションは、ドッジボールと手つなぎ鬼です。

代表会議で話し合い、学年関係なく楽しめることを一番に考えて選びました。また同学年でかたまらないよう、ルールを工夫して他学年との交流を狙いました。

  

 

 

その結果、どちらのレクリエーションも学年関係なく、本気で競い合い、楽しむことが出来ました。この校内交流をきっかけに、学年を越えて、生徒の仲がより深まると嬉しいです。

中高生徒会 合同リサイクル運動「みんなの表彰台プロジェクト」

近年、プラスチックの処理や海洋プラスチック汚染が大きな問題となっています。日本は一人当たりのプラスチックごみ排出量が世界第2位となっており、プラスチック資源循環の取り組みが必要とされています。トキワ松学園では、以前から英語の「GS(グローバル・スタディーズ)」などで、この問題について調べたり、解決策を議論してきました。

そんな中、トキワ松の生徒会では「みんなの表彰台プロジェクト」に参加し、リサイクル活動をしようと考えています。この活動は、市民が参画して使用済みプラスチックを回収し、TOKYO2020オリンピック・パラリンピックの表彰台を製作するプロジェクトで、オリンピック・パラリンピック史上、東京2020大会が初めてだそうです。

まず、中高合同の代表会議にリサイクル活動に参加している「テラサイクル」の方にお越しいただいて講演をしていただきました。そのあと、みんなで討論会を行いました。

リサイクルには様々な方法があることを学びました。ゴミになったものを違う使い方をする「アップ・サイクル」。ジュースパックからバックを作ったものを見せていただきました。また不要になったものを崩して細かく粉砕し、別のものにしていく「マテリアル・リサイクル」。もちろんその場合でもCO²は排出されますが、いちからつくるよりも環境負荷が少なくなります。ブロックなどは洗剤容器から作っているので、ほのかに洗剤の香りがしました。

生徒会が実施するリサイクル活動はプラスチック容器の回収です。中間テスト終了後から実施します。

回収対象のものは、ヘアケア製品(シャンプー・リンスなど)台所用洗剤、衣類用洗濯洗剤、柔軟剤、消臭剤です。混ぜるな危険と書いてあるものは回収できません。壊れたり、割れたりしていても大丈夫です。使い切ってから持ってくるようにしてください。どの会社の製品でも構いませんので、より多くの空き容器を持ってきてください。

皆さんの力で表彰台をたくさんつくりましょう!ご協力よろしくお願いいたします。

(中学代表会議 ボランティア活動分科会より)

表彰台プロジェクトウェブページ

 

今年度最後の『文化祭実行委員会』

本日の文化祭実行委員会では、9月28、29日に行われたトキワ祭(文化祭)について振り返りを行いました。1年間かけて行ってきた委員会も今回で最後です。

各クラスで話し合った反省や感想をまとめたものと、来場者アンケートをもとに話合いが行われました。

校内生徒アンケートで「今年のトキワ祭で良かったと思う団体」で選ばれたのは    1位:中学3年b組、2位:高校1年E組、3位:中学3年a組 、4位:高校1年B組、5位ダンス部でした。

また来場者アンケート集計結果より

「展示・発表が良かった団体」・・美術部・美術科

「教室や廊下の装飾が一番印象に残った団体」・・高校1年E組

「特に対応が良かった団体」・・高校1年E組

「大ポスターで印象に残った団体」・・中学2年a組

がそれぞれ選ばれました。

最後の実行委員長さんの話しには、実行委員へのねぎらいの言葉と来年度以降の学年へのエールが含まれていました。実行委員のみなさん、執行部のみなさん、1年間お疲れ様でした!また来年度の文化祭を楽しみにしています。

衛生委員会『コンタクトレンズの空ケース回収ボランティア』

衛生委員会では本年度も「コンタクトレンズの空ケース回収ボランティア」を行います。昨年度より、10月10日の『目の愛護デー』にちなんで実施しています。

使い捨てレンズの空ケースを回収・リサイクルし、その対価を日本アイバンク協会へ寄付することで、目の不自由な方々の役に立つことが出来ます。昨年度は12.2kg(12,200個)回収され、主催者であるコンタクトのアイシティさまから感謝状をいただきました。

 

教室とエントランスに空ケースの回収ボックスを設置します。空ケースはどこのメーカーのものでも大丈夫ですが、アルミの蓋を完全に剥がしてから回収ボックスにいれてください。皆さんのご協力を宜しくお願いいたします。

文化祭『表彰式!!』

本日、文化祭参加団体の表彰式が行われました。優秀な、クラス参加団体と大ポスターを作成した団体が表彰されます。表彰された団体は以下の通りです。

■クラス発表団体について

【校長賞】2団体・・この賞はクラス参加団体の中で、発表内容、説明などが最も優秀であった団体に贈られます。

高校1年E組「水の楽園」

受賞理由・・水について様々な観点から調べてまとめ、丁寧に説明していました。また映像や実験の実演、講義を行うなど来場者に楽しく学んでもらえるように工夫され、まさに探究女子の発表でした。

 

中学3年b組「彩色兼美~いろいろみんないろ~」

受賞理由・・・色を意識した大きなオブジェや装飾が施された素晴らしい空間つくりでした。日本独特の色を用いたちぎり絵や模型や図を用いた分かりやすい展示内容、来校者の体験コーナーなど探究の成果が表れていました。

 

【努力賞】1団体

中学3年a「美生物(びせいぶつ)~美しき小さな生き物たち」

受賞理由・・・教室の中央に美生物を観察するために必要な道具である顕微鏡の大きなオブジェに目を奪われました。観察コーナーを作ったり、丁寧なレポートを展示するなど工夫が見られました。

■大ポスターについて

【グッドデザイン賞】2団体

中学3年b組 「彩色兼美(さいしょくけんび)」

中学2年a 「Flower(フラワー)」

受賞理由・・内容が明確に分かるデザインや制作方法に工夫が見られたことが評価されました。

お天気にも恵まれ無事に2日間を終えることができました。HRでは文化祭実行委員を中心に振り返りを行います。来年度に向けて更なる発展を期待したいと思います!

第60回 トキワ祭2日目!!

トキワ祭2日目が無事に終了しました。展示、販売、舞台、後夜祭などなど・・・生徒達は活躍の場を広げ、充実した2日間となりました。ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!

ただいま準備中!!『第60回トキワ祭』

いよいよ週末に迫った文化祭に向けて、校内は装飾や準備に大忙し!

クラス展示や部活の食品販売など、たくさんの団体が当日に向けて頑張っています。

今年の文化祭実行委員会では『トキワ松らしく探究心を持って魅力溢れる文化祭にする』という方針のもと、来校者の方や生徒が参加して楽しめるような発表方法を増やし準備を進めてきました。

また装飾のテーマである『Nature~自然とともに生きる私たち~』に沿った装飾も見どころです。

 

 

日頃の成果を存分に出し切ります!ぜひご覧ください。

【トキワ祭の日程】

9月28日(土)10:00~16:00

9月29日(日)10:00~15:30

みなさまのお越しをお待ちしています♪

トキワ祭『正門装飾完成!』

今年度の正門は、トキワ祭のテーマ『Nature(ネイチャー)』に合わせて、構図、色彩を考えました。

色彩が単調になりやすい葉の部分は葉の形や緑の色に変化を付け、花はなるべく種類を多くして華やかさを表現する一方で色調を赤や黄の暖色に絞り統一感をもたせる工夫をしました。

また差し色として寒色系の蝶を入れています。身近に目にする草花や蝶をモチーフにすることで、自然で優しい雰囲気になるように心がけました。

製作メンバーは高校2年生の有志6名です。7月末から夏休みにかけて先生監修のもと参考資料をアレンジして制作に臨みました。

 

生命力溢れる作品としてご覧頂けたら幸いです。

大盛況!!『 第60回 バザー♡』 

7月7日(日) 60回を迎える歴史あるバザーが開催されました。
全校をあげてバザー会場を作り上げ、各ブースの最終チェックも余念がありません。

開始と同時にエントランスでは吹奏楽部の演奏でお出迎えです。

生徒の皆さんもお手伝い!

校舎内には食品、キッチン福袋、リサイクル商品、ハンドメイド雑貨など様々な商品販売のブースや、ワークショップなどのイベントが盛り沢山!来場者数約2000名!の大盛況!

さて、一方、体育館ではバスケット部による山脇学園中学高等学校との招待試合がありました。

また、ダンス部のチアダンスの発表もありました。中学1年生による初めての学年の発表もありましたね。華麗で可愛らしい踊りでした。

今年のバザーもトキワ松学園にゆかりのある方々が縁の下の力持ち・・になってくださいました。お手伝いいただいた保護者の皆様、卒業生の皆様、本当に有り難うございました。みんな笑顔で楽しい一日となりました。

一致団結!令和最初のスポーツ祭典!

令和となり初となるスポーツ祭典が横浜美術大学のグラウンドで行われました。天気にも恵まれ、時おり心地よい風が吹く中で、生徒たちは緑の美しい芝生の上を駆け巡りました。目標にむかって各学年が一致団結して、全力で競技に取り組み、喜びを分かち合う姿はとても素敵でした。皆さん、お疲れさまでした!

優勝…高校2年  準優勝…高校3年  3位…中学3年
クラブ対抗リレー1位…バスケ部、国際交流部
委員会対抗リレー1位…体育委員会