“心に響く秋のしらべ”チャリティーコンサート

“心に響く秋のしらべ”~ 津軽三味線と尺八 チャリティーコンサート~

10月13日(日)3階ホールにて、津軽三味線奏者の岡田修さん、尺八奏者の原郷界山さんによる演奏会が行われました。今回で12回目となるチャリティーコンサートはリピーターの方もふえて、130名の方々が参加して下さいました。

 

尺八のしみじみとした音色、津軽三味線の力強く体に響く迫力満点な音色に、日本人の現風景のような演奏を満喫致しました。演奏の他にも、それぞれの楽器についてのお話もしていただき、質問コーナーもあり、演奏を楽しむばかりではなく、興味深いお話を聞く事もできました。

今回も参加費と寄付金は、すべて子供たちのために使っていただくように、以下の団体に寄付致しました。皆様のご協力ありがとうございました。

「ネグロス雙葉会」(フィリピンのネグロス島の子供達の教育支援)
「認定NPO法人難民を助ける会」
「社会福祉法人カリヨン子どもセンター」(家庭内暴力や虐待等で居場所を失った子供達を支援)
「すずめ食堂」(目黒区大岡山東住区センターでのこども食堂)

次回は12月1日(日)にクリスマスコンサートを予定しています。お子様方の参加をお待ちしております。

みどり会 親睦バス旅行

“佐原小江戸舟めぐりと香取神宮散策”    2019年10月9日(水)

久しぶりに秋らしい快晴のもと、バスは一路千葉県佐原へ。女船頭さんの操る舟に揺られ、古い街並みをゆっくりとめぐりました。

 

次に、佐原の緑のある伊能忠敬の記念館を訪れ、忠敬が実際に使用した測量器等を見学。江戸時代に大変正確な日本地図を作成した忠敬の業績に改めて驚かされました。

お楽しみのランチは、古民家を改装したお洒落なお店「リストランテ・カーザ・アルベラータ」で目にも舌にも美味しいイタリアンのフルコースを堪能しました。

午後からは、パワースポットとして知られる香取神宮を参拝。最後に「銚子ウオッセ21」でお土産を買い、帰路につきました。とても充実した秋の一日になりました。

みどり会主催 『1997年卒業 Green22』

トキワ松学園高等学校卒業生の会  みどり会主催

『1997年卒業 Green22開催』

10月20日(日)本校のカフェテリアで、高等学校卒業22年目の卒業生たちが集まる同期会Green22が開催されました。

受付開始とともに、次々とやってくる卒業生たちの歓声であふれます。今回は、地下1階の「ときcafe」で実施しました。

司会のGreen22の趣旨説明の後、みどり会会長の挨拶、学校側から岡本理事長や中山校長の挨拶、集合写真の撮影、その後、在校時代とは変わっている学校内を見学。見学中には「きれいになってるよね!」「こんな部活もあるんだ」「そんな教育もしてるの!? 私たちも受けたかった」などの声とともに、卒業生たちは学生時代の話しをしつつも、現在のトキワ松学園を見てまわりました。

    

懇談会では先生方から近況をお話しいただきました。お辞めになってからも、近隣の場所で子どもたちに教えたり、介護の免許を取ったり、国際的なボランティアをしたりと、ご活躍の様子が聞かれました。

その後、みどり会会長より100周年記念で制作された映像を交えながら説明があったり、幹事の方々が作った当時を振り返る映像が流されたりと、会は盛り上がりました。最後は、懐かしの校歌を全員で歌って盛会のうちに会は閉会しました。キッズスペースが会場内に作ってあったため、卒業生の子どもたちがたくさん来てくれて、とても温かくにぎやかな会になりました。幹事の方々、お疲れ様でした。

 

 

 

 

来年は1998年卒業の方々に同期会「Green22」のお知らせが発送される予定です。

来年も楽しみですね。

大盛況!!『 第60回 バザー♡』 

7月7日(日) 60回を迎える歴史あるバザーが開催されました。
全校をあげてバザー会場を作り上げ、各ブースの最終チェックも余念がありません。

開始と同時にエントランスでは吹奏楽部の演奏でお出迎えです。

生徒の皆さんもお手伝い!

校舎内には食品、キッチン福袋、リサイクル商品、ハンドメイド雑貨など様々な商品販売のブースや、ワークショップなどのイベントが盛り沢山!来場者数約2000名!の大盛況!

さて、一方、体育館ではバスケット部による山脇学園中学高等学校との招待試合がありました。

また、ダンス部のチアダンスの発表もありました。中学1年生による初めての学年の発表もありましたね。華麗で可愛らしい踊りでした。

今年のバザーもトキワ松学園にゆかりのある方々が縁の下の力持ち・・になってくださいました。お手伝いいただいた保護者の皆様、卒業生の皆様、本当に有り難うございました。みんな笑顔で楽しい一日となりました。

“心に迫る”“心温まる”チャリティ―コンサート!

6月15日(日)音楽室で、ヴァイオリンの松田理奈さん、ピアノの三又瑛子さんによる熱のこもった、素晴らしい演奏会が行われました。

本イベントは今回で第11回。毎回楽しみにいらして下さる方を含め90名の方が参加して下さり、会場は満席となりました。

演奏後はフロアからいろいろな質問が寄せられ、演奏家とお客様が近い距離でコミュニケーションをとることができるのもこのコンサートならではのひとコマです。

今回も、参加費と寄付金はすべて子供たちために使っていただくために、以下の団体に寄付いたしました。皆様のご協力、有難うございました。

「ネグロス雙葉会」(フィリピンのネグロス島の子どもたちの教育支援)
「認定NPO法人難民を助ける会」
「社会福祉法人カリヨン子どもセンター」(家庭内暴力や虐待等で居場所を失った子どもたちを支援)
「すずめ食堂」(目黒区大岡山東住区センターで行っているこども食堂)

次回は、10月13日(日)で津軽三味線と尺八のコンサートを予定しています。どうぞお楽しみに!

チャリティー・イベント『クラシックコンサート』

6月16日(日)に今回で第11回を迎えるチャリティー・イベント『クラシックコンサート』がトキワ松学園で行われます。今回は『初夏のそよ風に乗って』と題し、今注目の若手演奏家によるクラシックコンサートです。入場料(千円)は全て子どもたちの支援に寄付します。高校生以下は入場無料、一般の方も大歓迎です。

ご希望がありましたら、トキワ松学園みどり会(TEL 03-5725-6072 火・木10:00~15:00受付)までご連絡ください。

トキワ松学園の『みどり会』とは?

トキワ松学園には高等学校の卒業生による同窓会『みどり会』があります。今年度101周年を迎えた『みどり会』の総会が、先週5月18日(土)にアルカディアで開かれました。

まず、総会として新しい新入会員(昨年度の卒業生)を迎えて、昨年度の活動報告や今年度の方針などのお話しがありました。そのあとフレンチのフルコースが振る舞われ、懇談会が行われました。新会員はもちろん、先輩の皆さん、先生方も懐かしさに話が弾んでいました。

途中、卒業の合唱部『エバーグリーン』のコーラスが披露されたり、90代の大先輩が舞台に上がられて長生きの秘訣を語られるなど、参加された会員もつい時間を忘れてしまう楽しさ満載のひとときでした。

🍀みどり会 創設100周年記念美術展 開催🍀

 

12月15日(土)・16日(日)、10時~16時の間、本校体育館にて、みどり会創設100周年記念美術展が行われました。出品点数は約120点。油絵から日本画、写真、書道、工芸、仏像の修理のコーナーと、多彩な作品が出品されました。今回は20歳代の卒業生から最高齢は90歳代までの約80名に出品していただき、バラエティに富んだ作品展示となりました。15日は書道のワークショップ、16日は書道とクリスマスカードのワークショップも行われ、多く方に来場していただき、盛況のうちに終えることができました。作品には、出品者の方々の簡単なプロフィールといっしょに、出品者のひと言も書かれたカードが添えられていました。それらを読むと、作品を描いた思いとともにトキワ松学園での思い出も書かれており、作品について知ることができるだけでなく、心が温かくなるコメントも多くありました。

 

12月15日にはオープニングパーティも行われました。みどり会会長の挨拶、理事長先生のご挨拶、中学・高校校長の中山先生が乾杯の音頭を取り、会は和やかに始まりました。1時間という時間の中、出品者の方々、何名かのインタビューに加え、みどり会の新しいロゴマークをデザインした卒業生の思いも聞くことができました。

 

今回は恩師の先生方の作品も出品していただき、セレモニーにご参加いただいた家庭科の布村恭子先生、お亡くなりになった岡田規代子先生の旦那様、今年、お亡くなりになった美術科の小宮英夫先生の奥様から一言ずついただき、作品に対する思いや思い出をうかがうことができました。

最後は美術展の実行委員長の東海林先生からのご挨拶をもってオープニングパーティは閉会しました。長い年月をかけて美術展の企画を練り、美術展を成功に導いた、みどり会の美術展実行委員のメンバーの方々、そして、事務局の方々、お疲れまでした。

 

 

 

🎄クリスマス・チャリティーコンサート🎄

12月2日(日)クリスマス・チャリティーコンサート🎄が3Fホールで行われました。

 

出演は三矢直生さん(元宝塚男役スター)、中山エミさん(シャンソン界のベテラン歌姫)、三四朗さん(バークリー音楽院卒のサックス奏者)、そしてピアノ伴奏は城所潔さん(日本シャンソン・カンツォーネ振興協会理事長)と、世界を舞台に第一線で活躍されている方々✨です。

 

コンサートの前半は、ゲストの方それぞれの世界に誘われ、素晴らしい歌や演奏に酔いしれました。後半は、ガラッと変わって会場のお客様も一緒にクリスマスソング🎶を歌います。サンタクロース🎅も登場し、子供たちも大喜び✨で歌いました。

このチャリティーコンサートは、本学園高等学校同窓会「みどり会」と社会還元グループ「六番町くらぶ」の共催によるもので、今回で第10回目を数えました。参加費と寄付金はすべて支援を必要としている国内外の子どもたちのために役立てていただいています。会を重ねるごとに地域の皆様にも広く知っていただくようになり、今回も3Fホールいっぱいのお客様をお迎えすることができました。

ご来場いただいた皆様、有難うございました❗

次回は、来年6月16日(日)クラシックコンサートの予定です。

🍀活躍しています、卒業生! 🍀

現在、熊川哲也さんが主宰するKバレエカンパニーでアーティストとして活躍する瀬屑真紀さんが、12月にオーチャードホールで行われる「くるみ割り人形」の公演で、クララ役として出演します。

瀬屑さんは中学からトキワ松学園に入学し、高校1年修了時まで在籍後、イギリスのバレエ学校に3年留学後、バーミンガムロイヤルバレエ団、ポーランド クラクフオペラバレエ、スウェーデン王立バレエ団に在籍し、帰国後はKバレエカンパニーの一員として活躍しています。

なお、瀬屑さんが出演するのは12月8日(土)16:30開演の部です。

トキワ松から世界への羽ばたき活躍している瀬屑さんを、ぜひ応援してください!