高1美術デザイン 静物デッサン&着彩画🎨

トキワ松学園の美術デザインコースでは、制作の基礎となる力を養うため数多くのデッサンを行います。今回は、円柱形の瓶と円形の果物との組み合わせ。それぞれの質感の違いを意識して表現しています。また、着彩に取り組んだ生徒も素敵な作品を制作していました。

高2アート 年月を描き出す!牛骨デッサン

高2のアートコースの生徒たちが牛骨のデッサンを行いました。本物の牛骨は当然のことですが、一つひとつ微妙に形が違います。そして、生きていた月日がその一体一体の骨に刻まれています。その月日を絵に描きこむようにデッサンしました。

 

高2デザイン 発想を豊かに!理想の椅子を作る

素材も形態も自由。「椅子」という用途範囲の中で、想定されるさまざまな条件、誰が、どこで、どのように使うのか、などを考え、ミニチュアの模型を作ります。生活空間内での色調、形態、使い心地などの総合的な製品開発は、デザインの現場に身を置いたような楽しい課題です。