高1PA~プロジェクト アドベンチャー 島わたり🏝にチャレンジ!

高校1年生の体育の授業で、トキワ松ならではの授業「PA」を行いました。PAとは、Project Adventure(プロジェクト アドベンチャー)=冒険教育の頭文字をとってPAとよんでいます。アメリカ発祥のプログラムで、様々なアクティビティーを通してチャレンジする気持ちを育て、友人の頑張りを支える。また、仲間と協力し合い課題解決する力を養っていきます。

今回の課題は「島わたり」です。天井から伸びているロープを使い、新しい島を目指します。制限時間以内にクラス全員がニューアイランドへ渡るために協力する課題解決型のアクティビティーです。

まずクラス全員が協力して、離れた場所にあるロープを獲得するところから始まります。作戦会議をクラス皆で行い、たくさんのアイディアを出します。「誰かが死ぬ気で、ロープに向かって跳ぶ!!!」など一見無謀なアイディアも「やってみなくてはわからない!」と否定するのではなく、チャレンジに変えていきます。様々なやり方がありますが、このクラスが選択したのは履いている靴を活用する方法でした。

 

 

ロープが獲れたらいよいよ島に渡ります。小さな島に降り立つのは勇気がいりますが、友人を支えてあげるために待ち構えてくれる子、背中を押してくれる子、ロープを持っていてくれる子、見守っていてくれる子…たくさんの友人に支えられながら全員が協力し島を後にします。自分のチャレンジだけでなく友人の頑張りを見守る姿が真剣です。最後には、自分たちにチャンスをくれた文明の利器「靴」もニューアイランドへ運びます。

全員が島に渡り終え「ふりかえり」をします。

このチャレンジについて、どう自分が向き合ったか。友人からのどんなサポートがあったか。公平・公正にできたかなどをクラスで振り返ります。「こんな場面、クラスでの生活の中である。このチャレンジをクラスがまとまるきっかけにしたい。」「○○ちゃんが渡れたとき自分のことのようにうれしかった」など様々な発言が上がり終了しました。

中2国語 名画の鑑賞文を書こう🖼 

トキワ松学園では中学1年生の「思考と表現」でたくさんの書く、読む、表現する、考える、授業をしています。今回はそのバージョンアップした授業です。昨年、思考と表現で学んできたスキルを使って、中学2年生が「名画を言葉で表現する」ことにチャレンジしました。視覚情報を言語化する作業はやってみると難しいけれど、とても面白い!

 

まずは、自分の好きな絵を選ぶところからスタートです。トキワ松学園には美術デザインコースもあるため、画集や資料がたくさんあります。その中から、自分が好きな絵を一つ選びます。ピカソ、モネ、ルノアール、カラバッジョ、葛飾北斎…様々です。筆者について、調べた後、その絵から、読み取れる、季節、天気、登場人物の服装や表情、心情、静物の様子、色、形、などなど絵から読み取れる根拠をもとに、言語化していきます。

 

 

最後に言語化した情報を整理し、班ごとに発表しました。

みんな生き生きとした表情で、一生懸命説明していました。これからも頭の中の言葉の引き出しをたくさん増やして言語技術を磨いていきたいですね。

高2政経 トキワ祭間近!商品開発授業🥤

トキログでたびたび報告している、高2政経の商品開発授業。トキワ祭(文化祭)での企画発表まであとわずかです。授業では各グループが考えた商品企画の詰めの作業が行われています。話し合いを重ねて企画書を書き、文化祭に来て下さるお客様に分かりやすく、また「これ欲しい!」と思っていただけるようにアピールする工夫も考えています。

 

今回は飲料メーカーのサントリーとコラボレーションして「10年後の未来を想像して」をテーマに、生徒たちが商品を開発中。トキワ祭ではお客様にアンケートをお願いして、その後の授業にも反映させていく予定です。ぜひご来場して、生徒たちの商品企画にご協力お願いします!

 

トキワ松学園トキワ祭は9月29日・30日の2日間開催。商品開発の発表はエントランスで行っています。

高2 仲間と一緒にレベルアップ!勉強合宿

 

8月22日~24日、高2特進クラスの生徒と希望者が、勉強合宿に参加しました。三浦市のホテルで、スマホなし、TVなしの勉強漬けの3日間を過ごしました。英数国の授業が終わった後も、夜11時まで研修室でそれぞれの課題に自主的に取りくみました。短い期間でしたが、学力はもちろん、集中力、粘り強さを養うことができた実りある合宿となりました。

以下に参加者の声を紹介します。

☆今回の勉強合宿は、あっという間に過ぎていったように思います。英語のグループ&ペアワークでは友達と説明し合うことで、頭への入り方がいつもと格段に違ったことを実感できました。机に長時間向かうことへの抵抗がなくなり、今回の合宿はかなり有意義なものとなったと思います。

☆英語の授業では、わからない所を調べながら教え合うことで、授業を聞いているだけよりもより深く理解することができ、とても身になったと思います。インプットするだけでなく、アウトプットすることは大切だと思いました。何より、合宿前より「もっと英語をマスターしたい!」という探究心も強くなりました。

 

 

高1 ALL ENGLISHで医学や栄養学!~サマーチャレンジ~

8月21日から3日間、都内にある日本外国語専門学校でサマーチャレンジが行われました。ALL ENGLISHで様々な授業を受け、最後は英語でプレゼンテーションします。

 

「栄養学」としてビタミンなどの栄養素について学んだり、「医学」として消化器系の名称や仕組みを学びました。講師のWarren先生とGraham先生は専門知識も豊富で、複雑な内容をすべて英語で分かりやすく説明してくれます。ビニールテープを使って腸の長さを確認したり、ホワイトボードに関連語を書くチーム対抗のゲームをする中で、体と頭を使って学習していきます。

 

2日目の目玉は、キャビンアテンダントやホテルスタッフの職業体験です。専用の実習施設で、臨場感あふれる体験をすることができました。実際エアラインやホテルで働いていた講師の先生方から、丁寧に教えていただきました。

 

 

最終日は、これまで学んだテーマを元に、調べてプレゼンテーションを行います。ネットでの情報収集力、パワーポイントの使い方、今年のトキワ生のITスキルと探究力はすごい!と講師の先生方に褒めていただきました。プレゼンは「国際会議場」という素晴らしい施設を使わせていただき、少し緊張しましたが、短い準備時間にもかかわらず、全員がベストを尽くすことができました。

 

 

最後は一人一人修了証をいただきました。お世話になった先生方としっかり握手して、大満足の3日間となりました。

 

中2国語 推理して、見つけて、調べる「文豪クイズ」🔎

夏休みもあとわずかとなりましたが、生徒の皆さんは夏休みの宿題が終わっているでしょうか??さて、今回は1学期に中2の国語で行われた「文豪クイズ」の紹介です。

ゲーム感覚で文学史を学んでいくこの授業は、まず初めに文豪の顔写真の描いてあるくじ引きを全員が引きます。周囲に知られないようにしながら、便覧でその作家が誰なのか探し、その作家についての情報をピックアップ。クラスの中には、自分の他に同じくじをひいた人が2人います。その2人を探すために質問を考えたうえで、旅に出ます。

 

 

自分の名を明かさず、他の人の持っているくじの人の名を聞かずに、どんな質問をしたら仲間を見つけられるか考えるのもまたこのゲームの面白さ。得た情報が少なすぎると、逆に質問された時に一致することができません。

 

仲間が見つけられたら、今度は全体に発表するためにプレゼンの練習をします。「推理力」「情報収集能力」「コミュニケーション能力」「言語能力」「思考力」頭をフルに使い、色々な力が試される楽しい授業でした。

来週からは2学期の授業が始まります。2学期も楽しみながら各教科で一緒に学んでいきましょうね。

サントリー工場見学🥤~高2 商品開発授業

トキワ松学園高校2年の政治経済の授業では、飲料メーカーのサントリーとコラボレーションして「商品開発授業」を展開しています。「10年後の未来を想像して」をテーマに、生徒たちが新しい商品の企画を考えています。そのために、4月から生徒たちは商品の企画・製造・流通などについて学んできました。今回、さらに商品開発に対する探究を深めるべく、サントリーの工場見学を行いました。

 

オートメーションで進む商品の製造ラインを見学したり、ふだん口にすることのない缶コーヒーの原液や調合液などの試飲をしたりと、教室で学ぶだけでは得られない体験をすることができました。

 

 

9月29日・30日に行われる文化祭では、これらの工場見学の様子や学習の成果、生徒たちの考えた新しい飲料の企画書を発表します。ぜひご来校ください!

中1 海外✈への第一歩!夏☀の校内留学

7月18、19日に中1全員対象の校内留学が行われました。これは外部からネイティブの先生が来てくださり、劇を演じる中で英語を習得していく集中講座です。

 

1日目は全員でのウォーミングアップからスタート。アイコンタクトと発声練習を輪になって行いました。初めは緊張で声も体の動きも小さかったですが、先生方の上手なリードで徐々に緊張もほぐれていきました。その後、4グループに分かれて劇の練習へ。体を動かしながらセリフを覚えていきますが、その量の多さに覚えるのが大変でした。それでもいい劇を作ろうと、友人同士でアドバイスをしあったり、励まし合ったりしあいながら、劇を仕上げていきますした。

 

 

 

2日目の午後はいよいよ本番。多くの保護者の方々もかけつけてくださいました。実質1日半で仕上げた劇でしたが、それぞれのグループの異なる振り付けやエンディングに、中1生徒、見学者ともに大いに楽しめる劇になりました。

その後のアンケートでは、「ほかのクラスの人と仲良くなれた」「大きな声でハキハキと話せるようになった」「英語の発音が良くなった」「音読の大切さに改めて気づいた」「劇を通してたくさんの単語を覚えられた」「前より英語が好きになった」等、前向きな感想をたくさん寄せてくれました。この経験を2学期に活かしていきたいですね。

ライバルに差をつける!充実の夏期講習☀

夏休みが始まりましたが、朝から夏期講習に参加する生徒たちが登校していました。自分の苦手分野を克服したり、得意分野を伸ばそうと生徒たちはいつも以上に積極的に先生に質問をしている様子が各講座で見られました。暑い日が続いていますが、先生たちを上手に利用して、理解を深めてくださいね。

 

中学 センスアップ講座~輝く✨女性に!~

トキワ松学園ではテスト後の時間を利用して、センスアップ講座を行っています。1学期は「コミュニケーション上手になる! 輝く女性のマナー美人講座」と題して、学生だけでなく社会人対象の研修も行っているJ-Laboから2人の講師の先生方を迎えて、コミュニケーションの基本となる挨拶や話し方などを学びました。

センスアップ講座、最初となる中学1年生にはコミュニケーションの基本となる「挨拶」をする意味や、第一印象を良くする身だしなみのポイント☝、学校生活で実践できる場面ごとの立ち居振る舞い方について、細かく丁寧に教えてくださいました。

 

これから職場見学など校外活動が多くなる中学2年生は、言葉遣いや施設見学の際の基本マナーを学びました。敬語の確認や例文を使いながらお隣同士で練習しました。普段なれない言葉に、生徒たちは少し照れ気味でしたが、今度使ってみよう!と楽しく学んでいました。

中学3年生はサマースクールの民泊に向けて、宿泊先への挨拶の仕方や過ごし方など、より実践的なことを学びました。特に食事の際のお箸🥢の使い方や、大皿での食事の注意点、お風呂🛀の際の注意点など、普段から心がけたいマナーを具体的に学びました。

各学年とも「輝く女性✨」への第一歩として、今回の講座を生かし、実践してくださいね。