カテゴリー別アーカイブ: 授業中です

高三教養講座~消しゴムはんこと調理実習

いよいよ2月となり、高校三年生の一般受験が始まっています。これまで積み重ねた勉強や思いのすべてを答案用紙にぶつけてきてください。がんばれ!受験生!!

そして、すでに推薦入試やAO入試などで進路が決定した生徒対象には教養講座があります。今回ご紹介するのは、消しゴムはんこづくりと調理実習。消しゴムはんこづくりの講師は、プリントに押す確認のはんこを手作りするのが趣味という、理科の先生です。

18020701 18020702

講座会場の化学室には、20名を超える参加者が集まりました。図案の選び方から始まった消しゴムはんこづくり。最初は「どんなのを彫ろうか?」などワイワイやっていたのですが、一転作業が始まるとみんな一気に集中し、真剣モードに。思い思いの作品を仕上げていました。作品のできはどうでしたでしょうか。また新しいはんこを作ってみてくださいね!

18020703

調理実習のほうでは、班に分かれて自分たちで話し合ったメニューを作りました。ラザニア、ビビンバ、酢豚、パンケーキ、マカロン、スイートポテト…おしゃれなピピッとコンロと本格的なオーブンで、何でも作ることができます!

計画を立てて、準備をして、調理、盛り付け、試食、片づけなど、みんなで楽しみながら協力して行い卒業前のいい思い出になりました!職員室の先生にもおすそわけしました❤

 

高2美術 こんな椅子、あったらいいな!

高2の美術デザインコースでは、理想の椅子ということでミニチュアの椅子を作成しました。先日はそのプレゼン。将来、社会に出ることを考えてトキワ松の美術は作るだけでなく、作った後にコンセプトや素材、価格帯など、プレゼンで自分の考えを伝えていきます。

IMGP6023-2 IMGP6015-2

IMGP6002-2 IMGP6000-2

「図書館でゆったりと自分一人の時間を大切にしてほしい」や「高級ホテルのロビーでくつろいでほしい」とか、遊園地におきたいとリアルな蛇の椅子。はたまたコーヒーショップの荷物入れを椅子と合わせることでお掃除の手間を軽減させる提案型のアイディアも。高校生ならではの斬新な発想がたくさん!

IMGP5976-2  IMGP5972-2

IMGP5998-2 IMGP5944-2

プレゼンの後は質問タイム。熱心に聞きながら、アレ?と思ったことをどんどん質問。質問するのも大切な勉強の一つです。質問を受ける方も作ることに一生懸命で自分に欠けていた視点を再確認していました。

IMGP5937-2 IMGP5927-2

IMGP5920-2  IMGP5915-2

アタックNO.1! 高三特別講座

高校三年生には一般受験に向けたラストスパートの時期がやってきました。連日、入試直前講座を受ける高校三年生の姿が見られます。がんばれ!高校三年生!!

さて、トキワ松学園では入試直前講座と並行して行われているのが、進路が決定した生徒対象の教養講座です。授業をさらに深める講座はもちろんのこと、普段の授業では見ることができない先生の特技や趣味を生かした面白い講座もたくさんあり、大学生のように自分で選択し受講します。

今回ご紹介する教養講座の第一号は、バレーボール講座「アタックNo.1」です。

普段はダンスが専門の先生は、小・中・高校とバレーボールをやっていました。部活のような掛け声をかけてのランニングから始まり、体育の授業ではなかなか出来ないようなレシーブ練習やアタックまでたくさん練習しました。久しぶりに運動する生徒もいて、全員息切れがひどい!!(^^; 日頃の運動不足を解消すべく、たくさん走っていただきました。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

最後にゲームを3セットやりました。2時間の講座でしたが、レシーブ→トス→アタックとつなげて攻撃することも出来ました!少人数でしたが、楽しんでバレーボールにふれることが出来ました!

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

根拠を持って「絵を読む」!中1授業「思考と表現」

探究学習の基礎を学ぶトキワ松学園独自の授業「思考と表現」。中学1年生の2学期、最後の単元「4枚の絵」が終わりました。この単元は、絵本の中から教員が選んだ4枚の絵を基に、起承転結をつけて物語を作るという課題です。

???????????????????????????????

班分けを行い、先生のデモンストレーションを見たら、くじで絵を選び、早速物語を作り始めます。ここで大切なことは“絵に根拠を求める”こと。生徒たちはじっくりと絵を見ながら、それぞれに意見交換をしていきます。「ここで洋服が変わってるよ」「これ何に見える?」「ここどこだろう?」「なんで水の中にいるの?」そんな会話をしながら、まずは絵の順番を決めて、話を練っていきます。班によっては、話し合いが進むと矛盾が出てきて、一度決めたはずの順番を変える班も出てきます。それでも班員が協力して話を作り上げます。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

 

最後に発表! みな、友だちの作った話に興味津々。それぞれに工夫をして、楽しく発表をしていました。発表の後には、元になった絵本が紹介されます。みな、どんな内容なのかと夢中で読んでいました。それぞれの班の作った物語は、後日、クラス分が一冊の本になって返されます。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

 

Enjoy! English Day 2017

トキワ松学園中学校英語科の2学期最大の行事、English Dayが11月15日に開かれました。中1は日本紹介、中2は英語を母国語としない外国人ゲストを招き、英語でインタビューして学んだ内容の発表、中3はアジアの国々について、文化や歴史・社会問題などを発表する、というものです。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

 

中学1年生は、“Welcome to Japan”というテーマのもと、日本を10の地域に分け、グループごとに英語でその地域の歴史・文化・名所・名物を紹介しました。観客に伝わる発表にするには、内容だけでなく、声の大きさ・目線・ジェスチャーも大切な要素です。練習しながらお互い意見を出し合って工夫し、当日はどの生徒も自信をもって堂々と発表することができました。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

 

中学2年生は、エジプトとフランスからそれぞれゲストを授業にお招きし、歴史・文化から日常生活にいたるまで、自分たちで考えた質問をして分かったことをまとめて発表しました。インタビューでは、一度答えていただいたことをそのままメモして終わるのではなく、適切な相槌を打ったり、疑問に思った点についてさらにたずねたりすることも目標のひとつです。なごやかな雰囲気の中、たくさん質問することができ、興味ある内容になりました。当日の発表では、古代エジプト人がどうやってミイラを作っていたかという説明や、フランスでは小学生といえども落第することがあるという事実に、驚きの声が上がりました。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

 

中学3年生は、インド・カンボジア・ベトナム・バングラデシュ・フィリピン・アフガニスタンという、アジアの国々について、グループごとに発表しました。まず、国ごとの人口や位置、旗などについての基本情報を伝えた上で、歴史や文化を踏まえて、それぞれの国が現在抱えている問題や、日本とのつながりについて発表しました。中1からの積み上げで、人に伝わる発表をするにはどうすればよいかは、しっかり体にしみついています。今回は特に難しい内容をわかりやすく伝えることに重点をおきました。図や表を使って桁の大きい数字を示す場面も多々ありましたが、自信を持ってはっきりと発音し、表現することができました。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

 

高校に入ると、Global Studiesという科目があり、世界の問題と日本の関係について、さらに深く学習します。ここで学んだことが生徒たちの視野を広げ、高校での学習につながり、一層興味深く学んでゆく土台となっています。

夏休み活動報告~高二勉強合宿

8月23日~25日にトキワ松学園高校二年生は勉強合宿を行いました。日常から離れて三浦海岸のホテルに缶詰めになり、朝から深夜まで勉強して自分の限界に挑戦しました。英文法は自分が勉強したところを互いに教え合うジグソー法で協働学習(アクティブ・ラーニング)を行いました。分担したところを他のメンバーにも教えなくてはならず、徹底的に理解できるよう先生への質問にも熱がこもりました。皆、理解したことを自分の言葉で伝えるためにがんばりました。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

 

食事は勉強をしない貴重な時間ですが、生徒たちは単語テストが気になり、常にテキストを手にしていました。目覚まし代わりの朝の散歩では海岸を眺めて気持ちを和ませ、最終日には模試を受けて自分の現状の確認も行いました。生徒たちは疲労と共に達成感と充実感を味わい、今後の飛躍を誓って終了しました。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

中1 国語 絵を読んでみよう!

トキワ松学園中学校1年生の国語の授業です。「絵を○○」というと普通、絵を描く、絵をみる…などを思い浮かべますが、今回は「絵を読む」ことが課題です。視覚的な情報を言語化する練習です。目で見たものを、今、それを見ていない人に伝えるにはどのような言葉を使えばいいか。グループで相談し、文章にします。主観的な言葉を使わずに、絵の中に根拠を求めるのは、簡単そうで難しい…。

c2

 

最後に発表し、見ている生徒は評価表を書きました。この「絵を読む」授業は、中1思考と表現で二学期に行う授業につながっていきます。お楽しみに!

c5 c4

中1 理科 顕微鏡の世界~花粉の観察~

入学から2カ月がたち、理科の教室の使い方や、植物のスケッチの仕方にもだいぶ慣れた中学1年生。今回の授業では、前回までで使い方をマスターした顕微鏡を使って、サツキの花粉の観察をしました。

 

顕微鏡の使い方の練習では、すでに観察するものが用意されていましたが、本番(?)は違います。まずは外に集合して、自分が見るためのサツキの花を採取するところから始めました。

r5 r6

練習のときに手順を覚えたつもりでいても、いざ実際の観察となると、なかなか苦戦するものです。皆、ピントの合わせ方にひと苦労しながらも、立派なスケッチを仕上げていました。

r4 r3

最後は、先生の手元の顕微鏡をテレビに映す装置を使って、みんなで画面を見ながら、「サツキの花粉の特徴はなんだろう?」「毛が生えていること?」「虫に運ばれる花粉だからかな?」などと意見を出し合い、学習を深めました。

r1 r2

トキワ松学園中学1年生の理科は、今後も実験や観察が目白押し!楽しみにしていてくださいね!

『教えない授業』~体育が苦手でも体育が好き?~

体育で学ぶ内容として、学習指導要領には、体つくり運動・器械運動・陸上競技・水泳・球技・武道・ダンス・体育理論という領域が示されています。

より高く跳び箱が跳べます。きれいなフォームでより速く25Mが泳げます。より強いアタックを打つことができます。リズムに合わせてより上手に踊れます。体育の授業で求められることです。先生が、一方的に上手にできるコツを教え、何度も練習をして、数週間後にテストを行う。一般的に行われている当たり前の体育の授業です。体育の授業はそれだけでいいのでしょうか?

今度の腕の位置はここで!!
今度の腕の位置はここで!!
みんなで相談中!
みんなで相談中!

 

トキワ松学園高校一年生の50M走の授業です。一週目はわざと先生が今まで通り一方的に速く走るコツを教える授業をします。そして二週目以降は「教えない授業」です。それぞれのグループに分かれ「地面の蹴り方」「腕の振り方」について意見を出し合い、それを実践していきます。他のグループの意見を聴いて共通点を見出したり、新たな考えに出会ったり、オリンピックの100M走をイメージしたり、ただ単に50Mを速く走るという結果だけにこだわるのではなく、失敗を重ねて修正し、次につなげる作業をみんなで経験しながら授業が進んでいきます。体育が得意でも苦手でもみんなが参加し、みんなでつくる授業です。それぞれが得意でも一生懸命、苦手でも一生懸命に取り組めます。個々の能力を大切にし、一人ひとりが達成感を感じることができ、“自然に対話と協同が生まれる”そんな体育の授業から生涯を通じて心身が健康であるための実践力の育成を目指したいものです。

結果を発表しています!
結果を発表しています!

次は創作授業・体育理論(2学期・高校二年)についてお知らせし、また、3学期には器械運動(高校一年)でタブレットを使いながら、見比べ修正してポイントを考えて行う授業を紹介します。

中1 図書室オリエンテーリング

トキワ松学園「思考と表現」の2回目の授業は、図書室オリエンテーリング。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

今回は、本を調べるときの基礎となる、請求記号、目次、索引、奥付について学びます。といっても、難しい講義はほとんどありません。それぞれの特性について簡単に説明を受けた後、生徒たちは個別の問題用紙をもらい、問題用紙の最初に書いてある本を探しに行きます。すると、本の中に問題が…。次から次へと問題を解いていくうちに、請求記号や目次、索引、奥付が自然とわかるようになります。

k2 k1

 

棚の間を楽しみながら問題を探している生徒たちの姿が、印象的な授業です。