高1・2 横浜美術大学 卒業制作展見学🖼

2月16日(土)の放課後、高1と高2の美術デザインコースの生徒は、横浜美術大学の卒業制作展を見学しました。

大学4年間の集大成となるべき卒業制作は、どの作品も作者の想いが詰まったすばらしい作品ばかりでした。見学した美術デザインコースの高校生達は、その技術や表現力の高さ、想像力の豊かさに大いに心を動かされ、刺激されたようです。

「あの作品がすてきだった。」「あんな作品を作ってみたい。」という声が聞かれる一方で、「あと、7年経ったら自分もあんな作品が作れるようになるのかな…」といった不安げな声も聞かれました。しかし、大学で幅広い知識や技術や表現を学び、試行錯誤を繰り返しながら大作を完成させられるようになるのです。高校生のみなさん、これから精一杯学んでいきましょう!

3月7日(木)~12日(火)には横浜赤レンガ倉庫にて、卒業制作展の選抜展が行われます。是非、足をお運びください。

高3教養講座 卵黄テンペラ画を体験しよう🎨

 

横浜美術大学の北澤先生による「卵黄テンペラ画」の講義と実習に、高3の生徒が参加しました。テンペラ画とは、中世から初期ルネサンス期にかけてヨーロッパで流行した絵画の技法です。ボッティチェリの『春』やダ・ヴィンチの『最後の晩餐』などに用いられている技法ですね。

 

さて、顔料に卵黄と水や酢を混ぜて絵の具を作り、画面に描いていきます。描き始めは渇きやすい絵の具の扱いに苦戦する場面もありましたが、皆で絵の具を分け合ったり、助言しあったりして、楽しく制作を進めることができました。今回は小さなサイズの作品を制作しましたが、なかなかの力作が仕上がりました。

 

 

高1美術デザイン 静物デッサン&着彩画🎨

トキワ松学園の美術デザインコースでは、制作の基礎となる力を養うため数多くのデッサンを行います。今回は、円柱形の瓶と円形の果物との組み合わせ。それぞれの質感の違いを意識して表現しています。また、着彩に取り組んだ生徒も素敵な作品を制作していました。

高3特別講座「きれいの基本 女子力アップ講座💄」

3学期の高校3年生は、卒業後の生活に役立つ情報を外部講師の方から教えていただく特別講座を受講します。

 

今回は「きれいの基本 女子力アップ講座」と題して、資生堂のビューティースペシャリスト志田明子様を講師にお招きして、スキンケアとメイクの基本やTPOに合わせたメイク💄について教えていただきました。

 

 

高校生には関心の高い分野ですから、皆熱心に聞いていました。また生徒の中から2名がデモンストレーションのモデルとなり、スキンケアやメイクを実際に講師の先生が行いました。きれい✨に変わっていく同級生を見て大興奮!最後の質疑応答では自分の肌の悩みやメイクのポイントなどを質問していました。

正しいケアで健康な肌を守り、TPOに合わせたメイクで好感度アップしてくださいね。