🍀頑張っています!卒業生🍀

本校卒業生の石橋夕帆さんの監督作品映画『左様なら』 が大阪アジアン映画祭インディーフォーラム部門にノミネートされました。

今後の上映情報につきましては左様なら公式アカウント(映画『左様なら』公式|https://twitter.com/sayounara_film)で発信されますので、トキログをご覧の皆さんもチェックをしてみてください。

尚、撮影の一部を本校碑文谷校舎で行っております!

■大阪アジアン映画祭
http://www.oaff.jp/2019/ja/program/index.html

■映画『左様なら』関連

Motion Gallery:https://motion-gallery.net/projects/sayounara

MOOSIC LAB 2018:http://moosiclab.com
映画.com記事:https://eiga.com/news/20180410/13/
Deview記事:https://deview.co.jp/News?am_article_id=2123777

高3教養講座 両国散歩~江戸文化を味わう~

 

高校3年生の教養講座では両国界隈を散歩しました。まず江戸東京博物館を見学し、江戸や明治以降の東京の様子を学びました。歴史の授業で学んだことを資料や模型で再確認したり、現在とは異なる生活を体感したり、予定時間を超えて全員が熱心に見学しました。

その後、江戸東京博物館で見た明暦の大火の犠牲者を弔った回向院や、関東大震災や東京大空襲などの犠牲者を追悼した東京都立横網町公園の東京都慰霊堂や東京空襲犠牲者を慰霊する碑を巡りました。

 

また両国といえば国技館。国技館の中にある相撲博物館を見学しました。国技館周辺では力士が普通に歩いているので、初めて実際に見た生徒からは歓声が上がりました。

高2体育 主体性を育む!創作授業

高校2年生の体育で、創作授業を行いました。創作授業は、

①生涯を通じてスポーツを取り組めるようにする
②体力の向上
③態度(公正・協力・責任)の育成

というの3つの目的に沿って、生徒たちが教師役となり、自分たちで種目とテーマを決めて、どのような運動を行えばよいかと検討を重ねます。事前に作成した計画表をもとに、50分の授業を作り上げます。

 

今回授業を行った高校2年C組の班は、テレビ番組の「VS嵐」をモチーフにしながら授業を組み立てていました。全員に指示伝達をすることに苦労しながらも素晴らしい授業が展開できたと思います。

一人一人が体を動かし、全員で動く大切さと、その難しさを自分たちで実際に行うことによって体感できることが創作授業のよいところ。当日の授業が済むと、個人カードに反省・改善点や感想をまとめて提出します。授業を通して、生徒たちの自主性や主体性が育まれていました。

中2進路 仕事の魅力を感じた職場見学!

2月5日(火)に中学2年生は職場見学会を行いました。今までは書籍やインタビューなどの調べ学習でしたが、今回は実際に職場を訪れて、働いている人の姿を見、質問をすることができました。今回は碑文谷警察、城南信用金庫、平町児童館、グループホーム、パーシモンホール、碑文谷保健センターにそれぞれ見学にいきました。

実際にお仕事をしている人たちの様子を見ることができ、大変貴重な体験でした。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 

【生徒感想より】
・目標や夢を持って仕事をしている姿はとても生き生きしていて楽しそうだと思ったので、目標や夢を持って私も毎日楽しみながら過ごしたいと思いました。
・地域の人々の生活を幸せなものにしようと頑張っている姿はとてもかっこいいなと思いました。
・皆が支え合ってしごとをしていることが分かりました。
・来てくれた子どもたちが笑って帰ってくれるようにという心がけはとても素晴らしいと思いました。誰かのために心を込めて尽くそうという気持ちがひしひしと伝わってきました。
・人としっかりと向き合い、仕事をしている姿を見て、魅力を感じました。いつか働くことになった時、見習いたいと思います。
・苦情や耳が痛くなるような言葉もしっかりと受け止めて、それを改善するために尽力するという姿は見習いたいと思った。
・グループホームの方々がとても優しく接してくださって本当に心が温かくなりました。笑顔、あいさつ、他愛もない会話をとても大切にしているということを学びました。
・笑顔で思いやりを持って働いている職員の皆さんをみて、働くというのはただお金を稼ぐだけではないのだということがわかりました。
・障害を持っている方や一人で生活するのが難しい方の手助けをする仕事は、介護する人、される人どちらにとっても幸せになるし、それを仕事としている方は本当にすごいなと思いました。

 

 

 

高3教養講座 卵黄テンペラ画を体験しよう🎨

 

横浜美術大学の北澤先生による「卵黄テンペラ画」の講義と実習に、高3の生徒が参加しました。テンペラ画とは、中世から初期ルネサンス期にかけてヨーロッパで流行した絵画の技法です。ボッティチェリの『春』やダ・ヴィンチの『最後の晩餐』などに用いられている技法ですね。

 

さて、顔料に卵黄と水や酢を混ぜて絵の具を作り、画面に描いていきます。描き始めは渇きやすい絵の具の扱いに苦戦する場面もありましたが、皆で絵の具を分け合ったり、助言しあったりして、楽しく制作を進めることができました。今回は小さなサイズの作品を制作しましたが、なかなかの力作が仕上がりました。

 

 

🌏オーストラリアに出発!ターム留学✈

今年もターム留学参加生徒がオーストラリア🐨に旅立ちました。今年度は4名が4月上旬まで現地の私立高校に留学します。

 

参加者たちは9月に参加が決定してからの4カ月間、e-learningで英語力を上げるだけでなく、問題解決のためのオリエンテーションや浴衣の着付け講座も受けて準備万端での渡豪✈となりました。

  

それぞれ現地で挑戦したいことや目標を胸に笑顔で出国審査に向かう生徒。毎年のことですが、どんどん遠くなる背中を見つめながら手を振り続ける保護者の方の心配をよそに、生徒は決して振り返らずに歩みを進めていきます。

翌朝、無事にメルボルン🇦🇺にも到着して、早速学校生活が始まりました。4人の挑戦を、遠く離れた日本🇯🇵から応援しています!

頑張りが財産に!音楽コンクール🎶

61回目となる音楽コンクールが「きゅりあんホール」で行われました。開会前のホールの中では、各クラスで最後の練習をしている生徒たちの声が響き渡っています。どのクラスももちろん真剣です。

 

舞台袖では、声なしの円陣を組むクラスあり、笑顔や服装の確認をするクラスあり、それぞれの方法で気持ちを高め合っていました。本番では、どのクラスも100%の歌声を客席へと届けました。ホールに響き渡る歌声はとても熱意に溢れ、聴いている私たちの胸を熱くさせました。

 

結果発表では、歓声や驚愕の声が上がり、大いに盛り上がりました。結果が報われたクラス、残念だったクラスそれぞれですが、これまでの取り組みにはどのクラスにも順位をつけることはできません。委員長の最後の言葉にもありましたが、本番に至るまでの練習や時には話し合った日々が、かけがえのない財産となります。行事を通して学んだことを、これからの学校生活や進路実現に向けて生かしてほしいと思います。

⭐結果⭐
高校の部 👑第1位…高二E 第2位…高二D  第3位…高二C
中学の部 👑第1位…中3b  第2位…中2b
コメント賞 高二B、高二E、中2b

 

【高校の部】
 
👑優勝 二年E組          準優勝 二年D組


第三位 二年C組

【中学の部】

👑優勝 3年b組          準優勝 2年b組

高校優勝 二年E組 自由曲『天使と羊飼い』

 

中学優勝 3年b組 自由曲『ヒカリ』

 

高3教養講座 初めてのゴルフ講座

高校3年生を対象とした教養講座でゴルフ講座を実施しました。トキワ松学園近くのスイング碑文谷さんのご厚意により、プロゴルファーの方の指導もいただきながら、ゴルフを楽しみました。

 

 

打球の飛距離までわかる最新機器も搭載されていたことから生徒たちも自分の打球の飛距離を確認しながら、フォームの確認をしました。クラブを持つことも初めての生徒も講習後半にはしっかりと打つことが出来ていました。1時間の講習で初めてクラブを握った生徒も150ヤードをこえる打球を打っていました。

 

ゴルフは生涯スポーツです。年齢関係なく、いつまでも続けていけるスポーツなので、これからもこの経験を生かして、ゴルフを続けてほしいと思います。