「校長先生といっしょ」中1学年レク

2月14日(水)、中1学年では今年度最後の学年レクが行われました。今回の学年レクは校長先生も一緒。入学直後の新入生オリエンテーションや、道徳の授業などでこれまでも多くの接点があり、校長先生は中1生徒のなかでも人気の先生です。

DSC00333 DSC00385

しっぽ取りやちょっと変わった鬼ごっこ、最後はジェスチャーゲームまで、みんなで汗を流し、校長先生と一緒に楽しいひと時を過ごしました。ジェスチャーゲームのお題は、第1回は生き物、第2回はお笑い芸人やアニメの主人公など特徴のある人物。仲間と協力して一生懸命ジェスチャーに取り組み、賑やかに楽しみました。

DSC00445 DSC00432

実は、これらの活動は本校が20年以上前に導入した冒険教育「プロジェクト・アドベンチャー(PA)」の一環です。保健体育科の教員である校長先生はこの導入に深く関わっていて、チーム作りや挑戦する心などをPAで築いているのです。

中学1年生のいいところは、クラス関係なく誰とでも仲良くできるところ。これからも力を合わせて、さまざまな行事を楽しんでくれると思います。成長していく姿が楽しみです。

DSC00442 DSC00416

DSC00381 DSC00353

近隣の皆さま、お世話になりました!中2職場見学会

01

2月6日(火)、中学2年生の職場見学会が行われました。この職場見学会は、班ごとに事前学習をしたうえで近隣の施設の見学をさせていただき、社会を知る第一歩となる貴重な体験ができる会です。

02 03

今年度も生徒たちが希望する事業所別に分かれて訪問させていただきました。保健センターでは赤ちゃんを抱っこさせていただいたり、碑文谷警察署ではパトカーに乗せていただいたり、城南信用金庫では1千万円を持たせていただいたりと、事業所ごとの特徴ある活動に触れさせていただき、とても充実した時間を過ごすことができました。

04 05

まだまだ将来の職業に対してぼんやりたイメージを持っている生徒も多いのですが、日ごろお世話になっている方々のお仕事を垣間見ることで、生徒たちの世の中を見る視野が広がったと思います。お忙しい中を貴重な時間をいただいた各職場の皆様、本当にありがとうございました。

高三教養講座~消しゴムはんこと調理実習

いよいよ2月となり、高校三年生の一般受験が始まっています。これまで積み重ねた勉強や思いのすべてを答案用紙にぶつけてきてください。がんばれ!受験生!!

そして、すでに推薦入試やAO入試などで進路が決定した生徒対象には教養講座があります。今回ご紹介するのは、消しゴムはんこづくりと調理実習。消しゴムはんこづくりの講師は、プリントに押す確認のはんこを手作りするのが趣味という、理科の先生です。

18020701 18020702

講座会場の化学室には、20名を超える参加者が集まりました。図案の選び方から始まった消しゴムはんこづくり。最初は「どんなのを彫ろうか?」などワイワイやっていたのですが、一転作業が始まるとみんな一気に集中し、真剣モードに。思い思いの作品を仕上げていました。作品のできはどうでしたでしょうか。また新しいはんこを作ってみてくださいね!

18020703

調理実習のほうでは、班に分かれて自分たちで話し合ったメニューを作りました。ラザニア、ビビンバ、酢豚、パンケーキ、マカロン、スイートポテト…おしゃれなピピッとコンロと本格的なオーブンで、何でも作ることができます!

計画を立てて、準備をして、調理、盛り付け、試食、片づけなど、みんなで楽しみながら協力して行い卒業前のいい思い出になりました!職員室の先生にもおすそわけしました❤

 

全国中学校スケート大会~結果報告~

先日、トキログでお知らせをしたように第38回全国中学校スケート大会が長野県で行われ、トキワ松学園から中学1年生の小川日菜子さんが出場しました。会場は長野オリンピックで使用されたビックハット。

ビックハット-2 スケート1-2

当日は第1グループでの出場となり、早朝から会場に入り、ピリッとした緊張感の中での演技となりました。グリーンとブルーの衣装で臨んだショートプログラムは、全体的に大人っぽくしなやかな中にも力強さのある演技でした。課題になっているジャンプですが、難易度の高いジャンプに挑戦しました!

ジャンプ-3 スケート2-2

結果は惜しくもフリースケーティング進出とはなりませんでしたが、難しい演技にも挑戦し、堂々と演技する姿はとても中学1年生とは思えないほど素晴らしかったです。

演技終了後は「楽しかった!」と笑顔で報告してくれました。大きな舞台を楽しめるのは日頃の並ならぬ努力があるからですね。まだまだ中学1年生。これからも活躍が楽しみです。是非さらに上を目指して頑張ってください!!

ポーズ-2

スケートも全国大会へ!

IMGP6145-2

来月3日から長野県で行われる全国中学校スケート大会にトキワ松から中学1年生が出場します。

彼女は昨年11月に行われた第71回都民体育大会フィギュアスケート競技会で全体で7位、中学生では3位という好成績で全国大会への出場を決めました

中学朝礼では、壮行会が行われ意気込みを語ってくれました。普段から勉強でも行事でも一生懸命取り組む彼女。真面目な性格を生かして、全国大会でもきっと頑張ってくれることと思います。学園みんなで応援してます

待った甲斐があった??中3天体観測会

トキワ松学園では毎年1月末に天体観測会を行っています。今年の天体観測は昨日(29日)を予定していたのですが、雲が多かったので断念し本日に延期しました。しかし本日もあいにくの雲模様。午後4時30分にいったん断念し、あとは希望者が残ることにしました。

日が暮れ、寒い中待ち続ける生徒たち。すると、5時30分頃にようやく、少しだけ、月が見えました!天体望遠鏡を覗いて上がる歓声。月を観察することができたのはほんの短い時間でしたが、待ち続けて見ることができるのと、できないのでは大きな違いです。来月にはプラネタリウムでの見学も控えています。ふだん何気なく見る天体にも興味を持ち、疑問を持つところから世界は広がります。

01 02

↑オートで撮ると左の写真のように撮れるのですが、実際は右の写真のように真っ暗な中での撮影でした。

03 04

↑ついに見えたお月様!しかし、あっという間に雲に隠れてしまいます。

05

↑コートに双眼鏡で準備は万端!

06

↑残ったみんなで記念撮影。寒い中お疲れ様でした!!

 

 

高二GS 世界に伝える!英語プレゼン!!

トキワ松学園のオリジナル授業の一つグローバル・スタディーズ(GS)で生徒たちが英語でプレゼンを行っていました。グローバル・スタディーズ(GS)では、英語を使って世界で起こっている様々な問題を学び、そのことに対して自分の意見を英語で発表する力を養っています。

今回、高校2年生の授業では環境問題について、問題点とその解決策を各グループで調べて発表しました。特に今回はグラフの種類や説明する際の表現を学び、実践する力を養うのが目的です。

IMGP6285-2  IMGP6190-2

IMGP6178-2  IMGP6273-2

各グループともオーディエンス(聞き手)の注意を引くために、ジェスチャーやアイコンタクトはもちろんのこと、コミカルなアクションを入れるなど工夫を凝らして発表していきます。中にはしっかりと練習したのに、緊張で言うべきことを忘れてしまって…ということもありますが、そういった経験が何よりも大切です。

トキワ松学園では、各教科でプレゼンの機会がありますので、生徒の皆さんは、失敗を恐れずに経験をたくさん積んでくださいね。

IMGP6277-2  IMGP6165-2

IMGP6208-2  IMGP6195-2

IMGP6186-2 IMGP6259-2

オーストラリア・ターム留学出発!

昨日、トキワ松学園高校一年の生徒がオーストラリア・メルボルンに旅立ちました。出発直前にも空港で最後のオリエンテーションを受けて準備万端。いよいよターム留学の始まりです。今回の参加者は中3でトキワ松学園が実施するイギリス多文化研修に参加し、さらに高い英語力をつけるため、約10週間のターム留学への参加を決意しました。

s2

早速到着時の写真がオーストラリアから送られてきました。リラックスして良い笑顔!

現地では地元の私立学校に通い、全ての授業を英語で受けます。最初は大変でしょうが、各自が心に秘めた高い目標を達成するために精一杯楽しみ、頑張ってくれることでしょう。

これまでのターム留学参加者の中には、現在アメリカ、イギリスで大学生活を送っている卒業生もいます。それだけこの10週間は貴重な時間であり、英語力を飛躍的に伸ばす大きなチャンスです。オーストラリアでの健闘を日本から応援したいと思います。

第60回音コン~アプリコに響く、心の歌!~

アプリコホールで60回目となる記念の音楽コンクールが行われました。今年はいつもと違う会場のため、ホールの中で各クラス最後の練習を行ったり、有志演奏があったりと、例年と違う風景が髄所に見られました。

IMGP6640-2 IMGP6867-2

生徒たちも勝手が違い戸惑う点もあったと思いますが、練習の成果を発揮して大きな会場に負けない歌声で練習の成果を披露していました。今までで一番いい歌声を届けようと、生徒たちの顔は真剣そのもの。気持ちの入った歌声に聴いていて胸が熱くなりました。

IMGP6375-2 IMGP6358-2

IMGP6705-2  IMGP6742-2

結果が報われたクラス、残念だったクラスそれぞれですが、大切なのはここに至る取り組み方。本番まで順調に来たクラスはほとんどないはず。行事に対する温度差があり、色々なドラマがあったことと思います。上手くいかずにイラついたり、落ち込んだり、話し合ったり、様々な経験をしながらそれぞれが人との接し方、そして自分の心の扱い方を学んだこととと思います。

真面目に取り組んだ人ほど、多くの学びがあるのが学校行事です。生徒の皆さんには、これからも一生懸命に行事に取り組んで、多くのことを学び、それぞれの財産にしてほしいと思います。

結果
高校の部 第1位…高二D/高一E  第3位…高一D
中学の部 第1位…中3b  第2位…中2b
コメント賞 高二D、高一E、中3b

IMGP7008-2  IMGP6993-2

IMGP7017-2

IMGP6972-2  IMGP6978-2

IMGP6598-2IMGP6838-2IMGP6668-2
IMGP6860-2IMGP6507-2IMGP6800-2
IMGP6493-2IMGP6926-2IMGP6818-2
IMGP6689-2IMGP6494-2IMGP6730-2
IMGP6684-2IMGP6394-2IMGP6587-2
IMGP6719-2IMGP6808-2IMGP6653-2
IMGP6625-2IMGP6962-2IMGP6609-2
IMGP6851-2IMGP6637-2IMGP6552-2
IMGP6560-2IMGP6548-2IMGP6524-2
IMGP6522-2IMGP6380-2IMGP6823-2
IMGP6482-2IMGP6630-2IMGP6477-2
IMGP6456-2IMGP6443-2IMGP6423-2
IMGP6400-2IMGP6748-2IMGP6393-2

 

活躍しています!卒業生

現在、熊川哲也さんが主宰するKバレエカンパニーでアーティストとして活躍する瀬屑真紀さん。瀬屑さんは中学からトキワ松学園に入学し、高校1年修了時まで在籍後、イギリスのバレエ学校に3年留学後、バーミンガムロイヤルバレエ団、ポーランド クラクフオペラバレエ、スウェーデン王立バレエ団に在籍しました。今回は、トキワ松学園在学中のこと、海外での経験、日本に帰国して思うことについて語ってもらいました。

01

―トキワ松学園在学中のことについて教えてください。
通っていたバレエ教室との両立が大変でした。自分には完璧主義のところがあって、とにかく授業中で全部覚えようと頑張っていました。当時から英語が好きで、LS(リスニング&スピーキング)の授業ではネイティブの先生と話す機会が多く、書く・読むだけではない英語の力がついたと思います。また、授業の最初に英語でよく歌ったのですが、今でもそのときの歌が出ると口ずさみます。

―イギリスに渡って、大変でしたか?
とにかく英語が耳に入ってこなくて大変でした。耳が慣れるのに1年近くかかった気がします。大変でしたが、バレエが好きでその環境を与えられたという感謝の心と、海外のバレエ団で活躍する夢があったので頑張ることができたのだと思います。

―海外で感じた文化の違いを教えてください。
自分の思っていることをきちんと伝える人が多いということです。私は日本では聞き役に回るほうが多かったのですが、海外で生活して変わりました。また、スウェーデンで感じたのが穏やかなのんびりとした国民性で、スウェーデンの振付師の方の作品は、民族独特の要素が入った面白いものでした。生活した3つの国で、それぞれ生活してみないと分からないことが多いと実感しました。

―今後の目標を聞かせてください。
まずは、所属先でステップアップしたいです。日々のちょっとした、自分にしか気づかないような成長を楽しみたいと思います。また、日本ではバレエの敷居が高いと思います。ヨーロッパではカップルがデートなどでもバレエを見に行きます。また、出演者に対するお世辞がなく、出来がイマイチだと拍手によって満足度が分かります。そうした日本と海外の意識のギャップを埋めていければと思います。

―あらためてトキワ松学園でよかったことや後輩に一言お願いします。
トキワ松学園でよかったことは、あたたかくいつも支えてくださる先生がいることです。とくに試験前の大変な時期には、たくさん助けられました。在学生のみなさんには、ONとOFFの切りかえや時間の使い方を気にしてほしいことと、ぶれずに自分の目標を持つことを伝えたいです。持って生まれた才能よりも、どれだけ一生懸命になれるかが大切だと思います。また、集中しすぎると回りのものが見えなくなってしまうと思います。私もそうですが、そういうとき私はバレエ以外のものも見るようにしています。

瀬屑さんは先月、所属するKバレエカンパニーの「くるみ割り人形」の公演でクララ役を演じました。これからもトキワ松学園は一人ひとりの卒業生を応援する「生涯サポーター」であり続けます。

02