感謝の気持ちを歌声に乗せて🎶中学卒業式

3月22日中学3年生の卒業式を迎えました。とても良いお天気で気温も高く、桜🌸の花もほころび始めた良き日となりました。予行のときは緊張のあまり卒業証書の受け渡しで戸惑う生徒もいましたが、本番ではばっちり!みんな凜々しく証書を受け取っていました。

最後に、お世話になった学年の先生方へのメッセージや歌🎶を披露して、優しく朗らかな学年らしい卒業式となりました。黄色学年の皆さん、中学卒業おめでとう!

吹奏楽部 音楽で元気を届ける!シニアの集い🎶

3月16日(土)目黒区民センターホールにて、目黒区老人クラブ連合会及び公益財団法人目黒区シルバー人材センター主催の「シニアの集い」で演奏させていただきました。皆様に楽しんでいただけるよう選曲を工夫し、トキワブラスのサウンドをホールいっぱいに響かせました。

会場の皆様が手拍子等で盛り上げてくださり、なんと予定外のアンコールまで!しかし、そこは普段から発表に強いトキワ生。その場で急きょ曲を決め、アンコールにお応えしました。まだまだ新入生歓迎会や定期演奏会など演奏の場が続きますが、今後も部員一丸となって元気なトキワブラスのサウンド🎶をお届けしたいと思います!

吹奏楽部の定期演奏会は4月28日(日)エポック中原(武蔵中原)で行います。皆さん、ぜひとも足をお運びください。

中1 日本文化に親しむ!センスアップ講座

学年末テストも終わり、生徒たちはホッと一息。そんな中で、中学1年生は、2日間に渡って華道・茶道のセンスアップ講座を受けました。華道では、小原流の生け花の初歩を華道師範の樋口先生にご指導いただきました。先生はもちろん、華道同好会の生徒にもお手伝いしてもらいながら、お花を挿す角度や見え方を考えながら真剣に生け花に取り組みました。いつもは賑やかな白学年も次第にお花の世界に引き込まれ・・・講座の終わりにはいくつもの素敵な作品が出来上がっていました。

茶道では、和室にて茶道部師範の濱田先生にご指導いただきました。こちらも茶道部部員の生徒にお手伝いいただき、和室での立ち居振る舞いや、器の運び方などを学びました。また、講座の最後にはお菓子と先生や茶道部部員が点ててくれたお抹茶をいただき、つい「おいしい~」と笑顔がこぼれました。

皆さん、日々の生活の中にもお花を生けたり、お点前を楽しむ時間を作ってくださいね。

ダンス部 卒業公演告知!

明日、ダンス部の卒業公演が体育館にて行われます!

3月16日(土)13:30開場 14:00開演

卒業生の高三の作品だけでなく、中1~高二の在校生、OGまで16作品を披露します。




(写真は、昨年度のものです。)

是非見に来てください!

在校生は、試験休み中ですが必ず制服で来てください。保護者の皆様は、スリッパと名札をお忘れなくお願いいたします。

高1・高2 後輩へのエール!受験体験発表会

3月2日に卒業した高校3年生を迎え、受験体験発表会が行われました。全体会では4名の先輩方からのお話し、その後、10の分科会に分かれて、各学部や志望にわかれて、懇談会を開きました。

なぜその大学を選んだのか、いつごろから受験勉強を始めたのか、高校時代にどのように過ごしたことが今の自分につながっているかなど、受験を振り返って後輩へのアドバイスをしてくれました。

中には毎日新聞を読んで記事をノートに貼り、まとめたり、進路に関する新書をたくさん読んだりしていた人も。

どの人からも共通して出て来たアドバイスは、

「毎日の学校生活を大切にすること」という言葉でした。様々な活動や経験が無駄ではなく、全てが自分の幅を広げることに繋がっていて、委員会でも部活動でもどんな仕事や活動も一つ一つ丁寧に行うことで自分らしさが作られていく。そして、日々の授業や小テストをしっかりと行うことことが、受験勉強への近道であること、ということでした。

受験勉強は自分がどんな個性で、何が得意なのか見つめる良い機会でもあるのですね。

これから進路を考える高1・高2の生徒にとっては大変有意義な時間で、自分の進路を本気で考えるきっかけになりました。卒業生の皆さん、貴重なアドバイスをありがとうございました!

青空も祝福!輝く未来へ 高校卒業式&謝恩会

春らしい穏やかな3月2日に第71回卒業式が行われました。学年カラーがの高校3年生はスポーツ祭典も修学旅行も常に青空に恵まれ、卒業式も前日までの空とはうってかわって青空が広がりました。

卒業式では全員が校長先生から直接卒業証書を受け取ります。その際に校長先生は一人一人にお祝いの言葉をかけてくださいますが、卒業生もほとんど全員がお礼を述べたり、会釈をしたりと卒業の喜びや感謝の気持ちを示していました。

卒業式が終了した後、ホテルに会場を移して謝恩会が開かれました。食事はフランス料理のコースでしたが、卒業生たちは修学旅行のテーブルマナーで学んだことを生かして、臆せずにおいしく味わっていました。余興は3年間のスポーツ祭典での応援のダンスあり、オリジナルのダンスあり、懐かしい写真あり、担任の先生を交えた新作動画ありの楽しいものでした。ビンゴ大会では生徒に交じって、来賓の方や学年の先生も賞品を受け取って盛り上がりました。最後まで明るく和やかな楽しい会で、終わった後には別れを惜しむ姿があちこちで見られました。

素直で明るくまじめな生徒が多かった青学年ですから、未来に向かって着実に歩みを進めていくことでしょう。成長した姿をぜひ母校に見せに来てくださいね。

高1・2 横浜美術大学 卒業制作展見学🖼

2月16日(土)の放課後、高1と高2の美術デザインコースの生徒は、横浜美術大学の卒業制作展を見学しました。

大学4年間の集大成となるべき卒業制作は、どの作品も作者の想いが詰まったすばらしい作品ばかりでした。見学した美術デザインコースの高校生達は、その技術や表現力の高さ、想像力の豊かさに大いに心を動かされ、刺激されたようです。

「あの作品がすてきだった。」「あんな作品を作ってみたい。」という声が聞かれる一方で、「あと、7年経ったら自分もあんな作品が作れるようになるのかな…」といった不安げな声も聞かれました。しかし、大学で幅広い知識や技術や表現を学び、試行錯誤を繰り返しながら大作を完成させられるようになるのです。高校生のみなさん、これから精一杯学んでいきましょう!

3月7日(木)~12日(火)には横浜赤レンガ倉庫にて、卒業制作展の選抜展が行われます。是非、足をお運びください。

3学期サイエンス講座『人の命を救うバクテリア放線菌』🔬

トキワ松学園では、各学期に1回、理科の各分野の専門家の先生をお招きして、サイエンス講座を開催しています。3学期のサイエンス講座は、日本大学 生物資源科学部の上田賢志先生に『人の命を救うバクテリア放線菌』についてお話をしていただきました。上田先生には、1月下旬にも来校していただき、土に存在する放線菌を培養するための実験指導もしていただきました。

人の命を救う薬の開発のために、どのような研究が行われてきたのかなど、研究の歴史を分かりやすく説明してくださいました。小さな小さなバクテリアが作り出す物質が薬に利用されていること、有効な物質を作るバクテリアを見つけるために地道な研究が行われていることなど、どのお話も大変興味深く聞くことができました。また、トキワ松学園の創立者 三角錫子先生の功績にも触れてくださり、研究の歴史をより身近に感じることができました。

来年度もサイエンス講座をきっかけに、理科に興味を持ってもらえたらうれしいです。たくさんの参加を待ってます!

高3教養講座 飛び立て!卒業生~PAハイエレメント~

高校3年生を対象にしたPAのハイエレメントを実施しました。今回はハイエレメントの中でも難度の高い「ムササビスイング」と「巨人のなわばしご」を実施しました。

(写真ではわかりにくいかもしれませんが…)ムササビスイングでは、天井を通った命綱をつけた人のロープをみんなで一斉に引っ張ります。すると引っ張られた体が勢いよく体育館をムササビのように飛び回ります。自分が感じたことのない感覚を覚えることもでき、とても楽しそうにしていました。

続く巨人のなわばしごは卒業を控えた3年生にとって特別なプログラムです。大きなハシゴを2人組で力を合わせ、体育館の天井まで登っていきます。

到達できた生徒は一番上のハシゴに自分の名前、記念にメッセージを書き込みます。登りきった生徒たちは、歴代の先輩たちが残したメッセージを見ることができ、感激していました。

トキワ松学園を巣立つ卒業生の皆さん。仲間を信頼する心、協力して成し遂げる力、トキワ松で学んだすべてをこれからの人生の中で役立ててくださいね。皆さんの活躍を楽しみにしています!