生徒会長が伝えるトキワ松~招待会議を体験して~

01 02
03

7/18(月)に慶應義塾高等学校にて行われた「招待会議」に私(生徒会会長)と高校代表会議議長の2人が参加してきました。たくさんの高校の生徒会の生徒が集まり、今回が45回目となるこの会議では今回のテーマである「創造的進化」について議論を重ねました。

会場には起業家である3人の方(村口和孝さん、水野雄介さん、新居日南恵さん)がいらして、午前に基調講演をしてくださいました。
口より手と足を動かすことがいかに大事かということ、自己肯定感を持つこと、葛藤と試行錯誤を重ねること、将来をイメージすること、、、など、他にもここには載せきれないほど多くのことを学びました。

ところで皆さん、「創造的進化」という言葉を聞いて何を思い浮かべるでしょうか?
きっとたくさんのことが頭に浮かぶと思います。この広いテーマを15の議題に分けて各議題10~15人で討論をしました。これが午前の基調講演を聞いた上で行われた、「主題討論会」です。各議題(グループ)の人数が少ないということもあり、とても意見や案を出しやすかったです。ちなみに私は2020の東京オリンピック・パラリンピックに向けて私たちに出来ることは何かということについて話し合いました。約2時間討論した後、「発表会」が行われ、各グループの代表が各議題についての考えや結論を発表しました。私も自分のグループの議題について発表しました。もちろん緊張もしましたがそれよりも他の代表が生き生きと発表しているのを見て、緊張よりも伝えたいという気持ちの方が大きくなり自分たちが討論した内容を他の生徒に発信することができました。
議題によっては結論までには至らなかったものもありましたが、どのグループも熱い討論を繰り広げたことが伝わってきて、とても活気的な会議でした。
また他校の生徒と交流し友達も増え、お互いの情報を交換したりととても有意義な時間を過ごすことができました。
組織を立ち上げ活動を続けている生徒会も多く、私と同世代の人がこんなにも手や足を動かしているのだと感銘を受け、同時に私も何かを立ち上げたいという気持ちが強くなりました。

最後に、皆さんは今何か不満に思っていることや変えたいと思っていることはありませんか?
「まずは半径2メートルから変えよう」
私が今回3人の方から学んだこと、体験したことを多くの人に知って頂きたく、長々とここに書かせていただきました。
思ったこと、変えたいこと、口にするだけでなく是非行動に移してみてください。

そして今、たくさんの高校生組織が存在します。
興味のある方は参加してみてください。

イギリス多文化研修だより(その1)

01 02

03 04

中3から高2までの26名が参加する「イギリス多文化研修」が始まりました。トキワ松学園のイギリス研修は、イギリス人のご家庭にお世話になりながら、昼間は語学学校で英語を学び、さまざまな国の人と交流するために「多文化研修」とよんでいます。

まずは羽田空港を出発しロンドンに向かいます。今年は入国審査がとても混雑していて長時間列に並びました。現地の方のお話だと、世界各地で起こるテロへの対応とのこと。到着早々に現代社会の抱える問題に直面した参加者でした。

翌日はロンドン観光!最初はバッキンガム宮殿。イギリスのウィリアム王子が結婚式で通った道を歩いてバッキンガム宮殿を目指します。大きく荘厳な宮殿にみんな感動。

次はビクトリア&アルバート美術館。装飾品がたくさんあるこの美術館では美術コースの生徒を筆頭にみんな大興奮。素敵な舞台衣装や宝石にうっとりしたひとときでした。

宮殿、美術館で知的好奇心を満たしたところで、次はお待ちかねの昼食です。イギリス名物のfish&chipsをいただきました。

昼食後はいよいよ研修地フォークストンに向かいます。そしてホストファミリーとの緊張の初対面。少々強張った笑顔で自己紹介をして各自がファミリーの家に向かいました。明日から語学学校での研修も始まります。2週間充実した研修にしましょう!

チャレンジの夏!夏期講習、校内留学がスタート!

IMGP6611-3 IMGP6609-3

IMGP6606-3 IMGP6600-3

本日から夏休みがスタート。校内では部活動の声が聞こえる一方で、夏期講習で熱心に指導する先生たちの声が教室から聞こえてきました。高校生は受験に向けて、各教科ポイントを絞ったきめ細かい指導を受けながら、自分の得意分野を伸ばし、苦手分野を克服しようと生徒たちは意欲的に取り組んでいました。中には、少人数で先生を囲んで和気あいあいとした授業も。

IMGP6596-3  IMGP6588-3

IMGP6573-3  IMGP6620-2

IMGP6603-2  IMGP6592-2

IMGP6578-2  IMGP6575-2

一方で、中学2、3年生は通常の授業の内容を深める発展クラスと授業の復習をしながら理解を深める基礎クラスに分かれてこちらも熱心に講習に取り組んでいました。

IMGP6627-2  IMGP6632-2

IMGP6629-3  IMGP6562-3

また、中学1年生は全員で校内留学に参加しています。校内留学は英語劇を通しながら2日間、英語漬けの日々を過ごすプログラム。入学して4ヶ月の中学1年生にとって英語しか使えないのは大変なこと。でも、このプログラムを通して新しい自分を発見していきます。

長い夏休み、色々なことに積極的にチャレンジしていきましょう!

和菓子体験教室~中3サマースクール事前学習~

中学3年生はサマースクールで訪れる金沢のお菓子文化に少しでもふれたいと、事前学習として和菓子教室を行いました。(下の写真はお見本です)

??????????

上野毛にある日本菓子専門学校・和菓子部門の福元先生、岩崎先生を講師にお招きし、練り切りを二種類、実習しました。模範の実技での先生の1つ1つの手の動きに、生徒たちの目は釘付けになりました。

31

難しさに悪戦苦闘しながらも、最後には自分らしい「水鳥」と「菊」が完成しました。この二種類は専門学校で一番最初に習う課題だそうです。今回の実習体験によって、皆さんの和菓子を見る眼が変わったのではないでしょうか。ご家族の方にも良いお土産ができましたね!

4597

その他にも事前学習として、民泊先への自己紹介カード作り、マナー教室などを行い、魅力あふれるサマースクールに胸を膨らませながら準備を進めています。

一つ一つの努力が形に!1学期終業式!

IMGP6254-3

本日、1学期の終業式が行われました。新しい環境、新しいクラスに緊張しながらスタートしてはや4ヶ月。新入生もすっかりトキワに慣れ、充実した日々を過ごしてくれたようです。校長先生からは始業式に話があった、「挨拶とPDCA」の確認や先日のいのちの講演会で樋野先生が伝えてくれた「読書の大切さ」、そして「ボランティア活動」について話がありました。

その後のHRで担任の先生から成績表が渡され、生徒たちは一喜一憂していましたが、点数が上がった下がっただけでなく、これまでの自分の取り組みのどういった点が良かったのか、悪かったのかを振り返り、忙しい2学期以降に向けてどのように自分を成長させていくのか考えてほしいと思います。長い長い夏休みを有意義に使って一歩成長した皆さんと9月に会えることを楽しみにしています!

IMGP6285-2 IMGP6302-2

IMGP6324-2 IMGP6328-2

さて、終業式では皆さんが頑張ってきた成果が報告されました。部活動では、水泳部、書道部、写真部の表彰がありました。勉強はもちろんのこと、部活動でも頑張るトキワ生。特に、写真部はこの夏、2年ぶり3回目となる全国大会に出場が決まっています。全国では、さまざまな学校と交流しながら頑張ってきてほしいと思います。

IMGP6333-2  IMGP6329-2

IMGP6275-2 IMGP6265-2

また、委員会活動では5月に行われたスポーツ祭典で行われた100周年記念の集団演技の写真を下敷きにして配布することや生徒会が中心となって進めてきた通学のリュックサックの導入、そして、10月に行われる文化祭ポスターの発表が行われました。どれも生徒たちが、地道に努力してきた活動の成果です。さまざまな活動に取り組みながら、生徒たちが成長していると感じる終業式でした。

IMGP6279-2 IMGP6281-3

最後に、理科部の部員から7月18日に行われる素人金魚名人戦のお知らせがありました。45回目となる今回、トキワ松学園が会場となり様々な金魚が集まるこのイベント。優勝者には本校美術部がデザインした水槽が贈られます。トキログをご覧の皆さん、ご来場お待ちしています。

 

100周年記念いのちの講演会~いのちの尊さを考える~

IMGP6199-3 IMGP6203-3

トキワ松学園では「生と性教育」の一環として、毎年全校生徒を対象とした「いのちの講演会」を行っています。今年は創立100周年を記念して、順天堂大学で病理・腫瘍学教授である樋野興夫先生をお招きし、いのちの尊さを考えました。

IMGP6205-3 IMGP6235-3

生徒たちからは女性ならではの乳がんに関する質問や医師になるのに今のうちからしていた方が良いこと、中にはほくろや日焼けをすると癌になりやすいというのは本当ですか?という素朴な疑問まで答えていただきました。

IMGP6213-3 IMGP6219-2

質疑応答の中で、「自分ではどうしようもないこと」には時間をかけず、ポジティブに考えることや、寝る前の30分で良書を読もうというお話も出てきて、生徒は生きていくうえでのヒントも得たようです。また、がん哲学からは少し離れますが、認知症との向き合い方などの話も出てきて、有意義な質疑応答の時間となりました。樋野先生、ありがとうございました。

高2 事前学習で充実の能・狂言鑑賞教室!

DSC_3082-2  DSC_3086-2

高一の歌舞伎教室に続いて、高校二年生が能・狂言教室に参加しました。当日はあいにくの雨でしたが、生徒たちは早い時間から国立能楽堂に集まってきました。トキワ松学園では、歌舞伎や能・狂言を鑑賞する前に事前学習をしており、生徒たちは実際の舞台はどんなかと楽しみにしていました。

IMGP5163-3  IMGP5184-2

さて、さて鑑賞教室では演目の前に舞台や立ち居振る舞いの説明とともに、生徒代表が壇上に上がり、能の歩き方や能面をつけた時の視野の狭さを体験しました。客席の生徒たちも一緒に試してみるとほとんど前しか見えません。そんな狭い視野の中での移動を助けるために四隅の柱があると聞き納得。生徒たちは、舞台上で演じることの大変さを感じていました。司会の方からは、舞台上での立ち居振る舞い、受け答えも素晴らしくお褒めの言葉を頂きました。事前学習の成果かな?充実した鑑賞教室となりました。

DSC_3095-2 DSC_3104-2

 

うまみ成分探ってきました☆in味の素 

高校3年生、自由選択の家庭科演習では「ユネスコ無形文化遺産」として登録されている「和食」について学んでいます。様々な食材を使用してのうま味成分抽出、塩分との関係性の実験(実習)の中で生徒が「もっとうま味、だしについて調べたい!」という事から急遽決まった工場見学!!神奈川県にある「味の素~川崎工場」に行ってきました。

??????????

最初に部屋全体がスクリーンのシアタールームで「うま味」の説明。アミューズメント感たっぷりの映像に期待が膨らみます。

??????????

パンダ号に乗って、いざ工場へ。Cook Doのできるまでを見学します。ここから先は撮影禁止でした。

????????????????????????????????????????

実習では主力商品である「味の素」を使ってのうま味体験。その後はCook Doの一番人気である回鍋肉の実習体験。    最後に「アジパンダちゃん(レッド)、アジパンナちゃん(ピンク)と記念撮影。 お土産を貰い、教室とは違う新たな発見のあった見学会でした。

 

中1国語 絵を「読む」!~論理的な力を身につける~

IMGP5454-2  IMGP5501-2

本日、トキワ松学園では授業参観(公開授業)が行われました。たくさんの方にご来校いただいて、生徒たちの普段の様子を見ていただきました。

さて、その中で中学1年生が図書室で論理力を養う授業を行っていました。今回は自分たちが選んだ絵本の挿絵を「分析」して、その絵を見ていない人にどのような絵なのかを伝える課題です。

IMGP5497-3  IMGP5498-3

「百聞は一見にしかず」といいますが、見ればすぐにわかることを言葉に表現するのは意外と難しい課題です。最初の内、生徒たちは何を説明すればいいか戸惑っていましたが、「どうしてこの絵は船の上とわかるの?」や「季節はいつかな?」など、先生からの質問に対して考えるうちに、無意識のうちに絵を見て理解していた情報を客観的にとらえられるようになっていました。

 

IMGP5699-2  IMGP5671-2

 

IMGP5688-3  IMGP5551-2

最後は、トキワ松お得意の発表!何の絵が描かれているか、季節を秋だと考えた理由(根拠)は何か。登場人物たちはどんな心情でどこからそう考えたか、などなど。上手に絵を読み解いていました。このスキルを生かして、中学2年生では名画鑑賞に挑みます!さまざまな課題をこなしながらトキワ生は自然と論理的な思考力を高めています!

高一 日本の伝統文化を感じた、歌舞伎鑑賞教室!

??????????????????????  ??????????????????????

トキワ松学園では、芸術鑑賞教室の一つとして高校一年生で歌舞伎鑑賞教室を行っています。、事前に学校でも歌舞伎についての基本知識を学んでいますが、上演前には歌舞伎で使われる和楽器の音の出し方や舞台装置について教えていただき、本編でどう使われるのか興味津々!

今回の演目は「新皿屋舗月雨暈―魚屋宗五郎―」は、妹の死の真相を知った中村橋之助さん演じる魚屋の宗五郎が暴れまわったり、コミカルに反省したりしていきます。暴れる場面では、上演前に教えていただいた楽器が激しく鳴り響き、生徒たちもいつの間にか歌舞伎の世界に入り込んでいました。

??????????????????????  ??????????????????????

<生徒の感想>
・舞台装置や演出の方法に感激した。
・実際鑑賞すると笑えるところもあり、とても楽しかった。
・女形の人の声は本物の女の人が話しているようなきれいな声で驚きました。
・男の人が演じるからこその女性らしさというか、不思議な色気や繊細さがでていてとても引き込まれました。
・直前の授業や解説を聞いてから臨んだので、歴史や音楽も楽しめた。
・個性的なキャラクターが多くて見所満載だった。
・今回のことをきっかけにまた歌舞伎を見に行きたいと思います。