バドミントン部、他校の上級生を相手に奮闘!

 12/18(日)本校の体育館で『東京都バドミントン協会 冬季大会 目黒区予選』が行われました。

この大会は個人トーナメント戦で、中学12年生が出場できますが、トキワ松のバドミントン部には2年生がいないため1年生が出場しました。

シングルス4名とダブルス4ペアが出場しましたが、ほとんどが一回戦で他校の2年生とあたってしまい、とても苦しい戦いでした。しかしあきらめることなく、2学期に練習してきた成果を発揮し、

(少しは…)上級生を追いつめることができました!!

今回は賞状までは手がとどきませんでしたが、3月の学年別の大会ではよい結果が残せるように、また集中して練習したいと思います。

夢は大きく・・・ トキワ松の選手で表彰台を独占!!

  

     ▼集中して相手を動きを見ます!          ▼チャンスだ!スマッシュ!!

    Photo_5      Photo_6

     ▼先輩,アドバイスありがとうございます。      ▼選手が試合のジャッジもします。

    Photo_7      Photo_8

一つ上の自分へ!!~センスアップ講座~

先日、中学1年生は、センスアップ講座として華道・書道教室を行いました。華道教室では華道部の先輩方にもご指導いただきながら、クリスマスをイメージしたアレンジメントを作りました。

               P1000703             
書道教室では、一学期の復習に始まり、レベルも上がり、一文字一文字丁寧に仕上げることができました。

               P1000706_2
今回もセンスアップ講座を通して、自分を高め、一つ上の自分に成長しました!

「同じ英語でもこんなに違うんだ!・・・」世界の英語

今日の国際交流部は豪華にゲストが3名!しかも3名とも母国語は英語です。今回は本校のネイティブ教員のうち3名による特別授業でした。ゲストはアメリカ代表テレサ先生、イギリス(スコットランド)代表マリアン先生、そしてオーストラリア代表セーラ先生です。3カ国それぞれの英語の特徴や文化について学びました。
 テレサ先生はコンピューターを使いながら出身地ピッツバーグの方言についての説明、マリアン先生はウィリアム王子とケイト妃のインタビュー映像を使って正統派Queen’s Englishと出身地のスコットランド語のレクチャー。そしてセーラ先生はクイズを交えてオーストラリア英語を教えてくれました。それぞれの国のセッションの最後はお楽しみのおやつタイム。その国の有名なお菓子を堪能しました?
 普段の授業では気付かない3カ国の英語の違いについて学び、また少し視野が広くなった活動でした。
 最後にクイズです。
①アメリカのピッツバーグで“yinz”と言えばどんな意味?
②スコットランドからの出題です。“a bonnie wee lassie”とはどんな人?トキワ松にはたくさんの “bonnie wee lassie”がいますよ。
③最後はオーストラリア。 “Oo roo.”はある挨拶の言葉です。何でしょうか?

それでは次回の部活までOo ree!

       Eigo1  Eigo2

       Eigo3  Eigo5

    Eigo4

ダンス部  TRIAL2011出演!

11月27日(日)ミハマニューポートリゾートで行われたTRIAL2011に選抜メンバー8名で参加してきました。数々の大会で上位に名を連ねるチームと肩を並べて、堂々としたダンスを披露することができました。
寒空の中、屋外ステージでよく頑張りましたね!

            271  272

中高生ダンスコンテスト「teens DANCE ARENA」全国決勝大会進出!

11月20日(日)に日本工学院で行われた中高生ダンスコンテスト「teens DANCE ARENA」関東予選大会チームコンテスト部門に4チームが参加しました。高二のチームが準優勝することができ、高二マリアがつくったグループが3位に入賞しました。3月に行われる全国決勝大会に進むことができました。

              11201                   11202  
       Toki★Lock                   GAGA松
             

             11203                       11204 

               みに’s(準優勝)                   P.A.M(3位)

子どもたちの目が輝きました!本の読み聞かせ 小中交流

中学2年生と3年生はトキワ松の小学生に絵本の読み聞かせにいきました。
迎えてくれたのは、明るく純粋な小学校1年生と2年生、3年生のまなざしでした。
きらきらした瞳でまっすぐにこちらを見つめ、登場人物にぴったりと同化して物語に入り込んできます。そんな小学生に後押しされて、普段、演劇部、ミュージカル部、マンドリンギター部などでも活躍している生徒たちは、とても楽しい時間を過ごすことができました。

生徒たちが選んだ本は,中学2年生が「けばけば」「ふうばあちゃんの赤いくし」「ハリネズミのピックル」、3年生が、「わかがえりの水」「おんちょろちょろ」「コンとあき」「ずーっとずっと大好きだよ」でした。

人の前で読んでみて、初めて気付くこともたくさんあり、読み手の中学生もちょっぴり成長できる素敵な体験でした。

Syouyomikikase3   Syouyomikikase4

Syouyomikikase7  Syouyomikikase8

アフリカン・フェスタへGO!

国際交流部は定期的に校外に出て異文化に触れています。今月のお出かけは横浜・山下公園で開催された「アフリカン・フェスタ」です。
広々とした山下公園内では、大使館コーナーやNGOコーナーがあり、アフリカ諸国について学んだり、アフリカで活動する多くの団体について知ることができました。他にも、カメルーンやコンゴの音楽を楽しんだり、アフリカに送るカード作り、アフリカファッションコーナーなど体験型のブースもたくさん!
部員が一番楽しみにしていたのは、もちろんアフリカの食べ物です!みんなアフリカ各国のお店を見比べて、食べたことのないものに挑戦!ケバブやジブチのお料理、ラクダのシチュー、ケニアのコーヒー・紅茶などいただきました。ラクダのシチューはどんな味がしたのでしょうか?
生徒たちにとっては普段はあまりなじみのない遠く離れたアフリカ大陸ですが、今日のフェスティバルをきっかけにアフリカ諸国について更に関心が高まったようです。

African3 African5

95年の伝統の重さを感じました・・・講演「トキワ松の歴史」

9日(水)の4時間目は、中学1年生から高校2年生までが体育館に集まり、「トキワ松の歴史」の講演を聴きました。

講師は、本学園卒業生で、以前、図書室の先生をされていた東海林典子先生。先生は、先日文部科学大臣から表彰を受けた本学園の「図書室を中心とした教育」を築き上げた先生です。現在は、1万人を超える卒業生の会である「みどり会」の事務局長として活躍されていらっしゃいます。みどり会からは、創立95周年記念誌「わたしたちのトキワ松」が配布されました。

創立者の三角錫子先生のお話など、学園の歴史をわかりやすくお話をしてくださいましたが、三角先生のお話の中で、「真白き富士の根」の作詞のことをお話なさった時には、コーラス部が素敵なハーモニーを聞かせてくれました。

95年のすばらしい歴史のあるトキワ松学園の生徒として「誇り」を持って学園生活を送ってくださいという言葉を忘れずに毎日を過ごしましょう。

   Tokirek0  Tokireki1

Tokireki2  Tokireki3

     Tokirek5     Tokireki6 

「のんびり散歩」のお手伝い・・・ボランティア部

10月29日(土)13:30~16:00、ボランティア部員をふくむ中高生徒10名が、目黒区商店街連合会主催のイベント「目黒のんびり散歩2011」のお手伝いをしてきました。

都立大学~洗足、中目黒~学芸大学の2コースが設定されていて、秋の一日パンフレットを片手に目黒の商店街をのんびり歩いてください、という催しです。私たちは都立大学のコースのお手伝いに回り、ハッピを着て参加者の皆さんに通過地点で焼き芋の試食をおすすめしたり、ゴール地点で完歩証をお渡しする仕事をしました。写真の着ぐるみの中にもトキワ生が入っています!

   Nonnbiri4  Nonnbiri2 

   Nonnbiri3  Nonnbiri1

  

「スタン」って何だ?…国際交流部

ウズベキスタンとカザフスタン。みなさんはこの2カ国のことをどれだけ知っていますか?「名前は聞いたことがある!」という人がいるかもしれません。
今日の国際交流部はこの2カ国からゲストをお招きしました!「―スタン」で終わる国名はたくさんありますが、その「―スタン」は「土地」という意味であると教わりました。ですからウズベキスタンは「ウズベク族の土地」、カザフスタンは「カザフ族の土地」となるそうです。
部員がびっくりしたのはカザフスタン北部では真冬は気温が-45℃まで下がることでした!!南部でも-15℃程度だそうです。日本の冬は暖かく感じるのかなと思いうかがってみると、日本の冬はカザフスタンと比べて湿度が高いのでとても寒く感じるとおっしゃっていました。寒さの感じ方にもお国柄がありますね。ちなみにウズベキスタンの冬についてお聞きすると、「そんなに寒くありません」とのこと。さらに気温を聞いてみると「-20度くらい」だそうです…。
ウズベキスタンのゲストの方は5月から勉強し始めたとは思えないくらい流暢な日本語を交えて、日本に来てから驚いたことなどをお話しくださいました。エスカレーターの右側は急いで駆け上がる人用に空いていることにびっくりしたそうです。ウズベキスタンではエスカレーターを駆け上がることは禁止されているとのことでした。
今日の部活を通じて、遥か遠い国のように感じていた2カ国をとても身近に感じるようになりました。国際交流部の秋はたくさんの出会いがあります。今後も楽しく交流していきましょう!

     Sutann1    Sutann2

     Sutann3    Sutann4

            Sutann5