生徒が主役!ホームルーム委員選挙

 
  
新年度がはじまり、各クラスではホームルーム委員の選挙が行われました。トキワ松学園の生徒会には生徒委員会、清美委員会、保健委員会、体育委員会、図書委員会のほか、文化祭や音楽コンクールなどを実施する実行委員会があり、それぞれの代表委員をクラスごとに選出します。
 
もちろん委員は選挙で選ばれるので、生徒一人ひとりに選挙権・被選挙権が与えられています。学校に貢献しようと思って委員に立候補する生徒の皆さん。一つの委員会に複数の立候補が出る中で、立候補者の抱負を聞き、その生徒が委員として適任かどうかを判断する生徒たち。皆が真剣に考え、立候補の決意や一票にその思いを託します。
 
 ホームルーム委員はクラスの生徒たちの代弁者です。選出された委員たちは、今後クラスのため、学校のためにさまざまな活動を行います。委員たちの活躍にご期待ください。

図書 『私たちの本📗』リニューアル!

SCN_0001-2 

トキワ松学園が発行する『私たちの本』が13年ぶりに改訂されました。『私たちの本』は生徒の皆さんに本に親しんでもらおうと先生たちが分担をして紹介文を書いたものです。(ちなみに、今回の改訂にあたって昨年の夏休みの先生たちの宿題でした。) 以下に一部をご紹介します。他にもたくさんの本が紹介されています。読書の際の道しるべとして利用し、自分がいつもは選ばないジャンルの本にも興味を持ってもらえたら嬉しいです。ぜひ、自分のお気に入りの一冊を探してくださいね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

私のスポットライト』林真理子

中2『私のスポットライト』林真理子(ポプラ社)913-ハ
かわいくてスタイルも良い、いとこの美冬と比べて、主人公の彩希は、成績も顔も「ふつう」でクラスでも目立たない地味な女の子。そんな彩希が、ひょんなことから文化祭のクラス劇で主役を演じることになります。その舞台をきっかけに、彩希自身の性格や価値観がどのように変わっていくのでしょうか。人生で初めて「スポットライト」を浴びた彩希の喜びと感動を味わってみてください。 「頑張る子は目立つ。でもそれでいいんだ。頑張ることを馬鹿にする奴らを、彩希は笑ってやれ。」お父さんの言葉は彩希の心に強く響きます。彩希は次第に、なぜ自分は今まであんなに必死に「ふつうの子」になろうとしていたのか、自分にとって本当に大切なものとは何か、ということを意識しはじめます。ぜひ彩希といっしょに、「自分」について考えてみてください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

きみ江さん片野田斉

中2『きみ江さん』片野田斉(偕成社)916-K
皆さんは「ハンセン病」という病気を聞いたことがありますか?これは聖書にも出てくる古い病気で、昔は不治の病と恐れられていました。特効薬が開発された後も人の心に染みついた患者さんへの偏見や恐怖はなかなか消えず、ひとたびその病気にかかれば、患者さんは家族と別れ、社会と隔絶した世界で生きることを余儀なくされました。信じられないことですが、患者さんは子供を持つことも許されず、本人の意思とは無関係に避妊手術を強制されたのです。そうした壮絶な差別の中、明るく前向きに何事にも挑戦し続けるきみ江さん。誰よりもつらい境遇であったろうに、東日本大震災の被災者の方々や社会で白い目を向けられている人々を思いやる彼女の生き方に、私たちは学ぶべきことがたくさんあるのではないでしょうか。差別を作り出すのは人間ですが、人を救うのも人間です。「誰もが人間らしく生きる社会」とは?と考えさせられる一冊です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

フラダン

高一『フラダン』古内一絵(小峰書店)913-フ
映画「フラガール」の原作? と思った人もいるかもしれない。否、工業高校で水泳部を辞めた後、半ば強引に入部することになったフラダンス同好会で、二年生の辻本穣(ゆたか)がやがて真剣にフラダンス甲子園に挑戦するようになるという話だ。 笑いや甘酸っぱい青春を描いている一方で、もう一つの主題は東日本大震災五年後の福島というところにある。原発事故をさまざまな形で背負って生きているのは大人ばかりではない。教室の中でも日々互いにようすを窺いながら、言葉を選び時には飲み込み、自分や周囲と向き合う生徒たちの内面や成長していく姿が浮き彫りにされる。自分だったらどうするだろうかと、登場人物一人ひとりの心に寄り添いながら読んでほしい一冊だ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

エベレストファイル

高一『エベレスト・ファイル』マッド・ディキンソン(小学館)933-D
人生を変えてしまう山、エベレスト。世界中の登山家たちが登頂を目指す世界最高峰の山。その登山には、豊富な資金と大量の機材が必要となるが、その登頂の成否を分けるのは荷運びをする経験豊富で鍛え抜かれたネパールのシェルパたち。貧しいシェルパの人々にとって登山は貧しさから抜け出す重要な収入源であるが、それは、想像を絶する重労働であり、時には命を失うことになる危険な仕事でもある。アメリカ大統領になるためにエベレスト登頂という「名声」を手に入れようとする上院議員と、その議員から無理難題を強要される少年シェルパ。その二人の関係を中心に、自身もエベレスト登頂に成功している作者が、美しくも厳しい自然に立ち向かう人々のようすを、迫力満点に描いた作品である。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

野川

高二『野川』長野まゆみ(河出文庫)913-ナ
中学二年生の夏休み、突然両親の離婚で転校することになった音和。新しい学校で、国語教師かつ新聞部顧問の河合先生と出会う。「意識を変えろ。ルールが変わったんだ。」河合先生の数々の言葉に音和は心を揺さぶられてゆく。先生との駆け引きで、音和は新聞部の部長としてなぜか鳩を飼うことになり…。 河合先生との問答を始め、先輩の吉岡や部員達との関わりによって、どのように音和が成長していくのかを視点に読むと良い。また、所々に表現されている繊細な風景描写にもぜひ注目して欲しい。「きみたちにつかんでほしいのは、意識のなかでの風景のつくりかたなんだ。ことばから連想できるものだけで思い描くことが大事なんだよ。」 なぜ本を読むのか。なぜ数学を学ぶのか。なぜ年長者の話を聞くのか。日常の素朴な疑問を静かに解き明かしてくれる珠玉の一冊。

高二 浴衣を着こなす❤着付け教室 

IMGP0369-1 IMGP0365-1

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

オリエンテーション中、高校2年生がセンスアップ講座の一つ着付け教室を行いました。高1の家庭科の授業で半年以上かけて製作した浴衣を用い、前校長の金谷先生と講師の方々からご指導いただき、クラスごとに着付けを学びました。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

IMGP0373-1 IMGP0376-1

慣れない帯の締め方に戸惑いながらも自分一人で着られるようになろうと生徒たちはお互いに教え合いながら、楽しそうに取り組んでいました。自分で浴衣の帯を締められるようになった後は、和室での立ち居振る舞いも学び、充実の100分の講習となりました。

IMGP0385-1 IMGP0760-1

講習の最後には、華やかな浴衣を身に着けて、担任の先生と一緒に笑顔の写真会となりました。今回は浴衣でしたが、友禅や西陣織など日本にはたくさんの着物文化があります。これを機会に興味をもってくれたらと思います。

IMGP0548-1 IMGP0673-1

IMGP0756-1 IMGP0391-1

IMGP0319-1

中1 校長先生とPAを楽しもう!

CIMG4316-1 ???????????????????????????????

オリエンテーション中、中学1年生は校長先生にPA(プロジェクトアドベンチャー)で遊んでもらいました。PAはコミュニケーションゲームや課題解決型ゲーム、クライミングウォールなど地上8mほどの高さまで上るハイエレメントからなる冒険プログラムです。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

今回は、新入生同士の交流をはかるため、「進化論」や「ドラゴンのしっぽ」、「肩たたき」などコミュニケーションゲームを中心に行いました。入学して間もない中学生。恥ずかしがったり、周りが気になってできない生徒もいるのではと心配しましたが、みんな元気に(逆に元気すぎて心配?してしまうほど)楽しんでいました。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

トキワ松学園ではPAだけでなく、仲間と協力しながら取り組む課題がたくさんです。みんなで協力して問題を解決していきましょう!

卒業生も頑張ってます!

SCN_0001-1 SCN_0002-1

2010度卒業生で、松山バレエ団で活躍しているの石津紫帆さんが、5月に行われる『シンデレラ』に出演します。特に5月4日(土)の回では主役に次ぐ二番手として出演します。活躍をトキワ松学園も応援しています!

日時:2018年5月3日(木・祝) 15:30開演
2018年5月4日(金・祝) 13:30開演
場所:Bunkamuraオーチャードホール

詳細は松山バレエ団の公式HPをご覧ください。

高三 夢をその手に!大学短大説明会

IMGP0578-1 IMGP0640-1

4月11日(水)オリエンテーション2日目に高三を対象とする「大学短大説明会」を開催しました。13大学2短大に来ていただき、各ブースに分かれて説明を聞きました。

大学の特徴や入試形態などの詳しい話をしていただき、生徒も真剣にメモを取りながら聞いていました。質問も活発で、積極的な姿勢が目立ちました。

IMGP0585-1  IMGP0581-1

「説明を聞いて大学で学びたい気持ちが強くなった。」「そのためにはしっかり勉強しなくては」などという声も多く聞かれ、受験に向かって意欲が高まり、気持ちも引き締まったようです。時間を大幅にオーバーして終わった大学もあり、大学の先生方からも「とても熱心で感動しました。」という言葉をいただきました。これから始まる長い受験生としての生活ですが、良いスタートになったようです。

IMGP0697-1

動画でふり返る部活紹介(第1日目)

今年もトキワ松学園では部活動紹介が行われました。新入生の部活動選びのきっかけとなる部活動紹介は、2日間かけて行われ、本日はその第1日目です。司会の生徒の呼びかけで「もう入りたい部活が決まっている人?」の問いに手をあげた人はかなり少数。各部活動の新入部員の数は、これからの部員の皆さんの頑張りにかかっていると思います。

毎年、この様子をトキログでは動画でご紹介しています。新入生の皆さんは本日の部活動紹介の参考に、受験をお考えの方は4月28日の「生徒が語るトキワ松」で部活体験・見学がありますので参考になさってください。

<2日目の様子は→こちらへ>

※このトキログは4月12日に更新したものですが、マンドリン・ギター部の紹介が抜けていたために再編集したものを載せています。マンドリンギター部の皆さん、申し訳ありませんでした。

動画でふり返る部活紹介(第2日目)

本日もトキワ松学園の部活動紹介がありました。第2日目の本日は、スライドショーや動画で紹介する部活を中心に3階ホールで行われました。第1日目に比べて登場する部活動の数が多かったのですが、さまざまな部の紹介や実績に「おー!」と歓声があがることも多かった2日目でした。

紹介が終わったあとの司会の生徒の呼びかけ「運動部?文化部?」では、文化部のほうが多く手があがっていた印象です。入部届け締め切りは来週の土曜日。各部活動の皆さんは一生懸命勧誘すると思いますが、新入生の皆さんはいろいろな部活を体験してみて、自分の青春をかけた部活に出会ってください。

<1日目の様子は→こちらへ>

卒業生も頑張ってます!

卒業生の滝川光さんが初の主演として5月22日開幕の舞台「THE FAT」(27日まで東京・池袋シアターグリーン)に出演します。『スポーツ報知』にも取り上げられていますが、彼女はモノマネタレントとして有名なコロッケさんの娘さん。(そのご縁もあってトキワ松の100周年イベントにコロッケさんが来てくれたこともあります。)

滝川さんの活躍をトキワ松学園も応援したいと思います!

*なお、あまり女性には使わない方がよい表現が含まれていますが、よろしければ『スポーツ報知』の記事もご覧ください。→コチラ

高一 自分を積み上げる!Classi体験

IMGP0661-1 IMGP0663-1

トキワ松学園では、今年度から高校一年生以下の学年で『Classi』を導入しました。『Classi』は学校・生徒・保護者をつなぐ教育クラウドプラットフォームです。

大学入試改革によって大学入試選抜の際に高校での多様な学習と活動経験のプロセスが評価されるといわれているいます。トキワ松学園では今までも「進路ノート」などで生徒の取り組みを確認していましたが『Classi』を活用することで今まで以上に大学入試に向けてしっかりとした準備ができるようになりました。

IMGP0667-1 IMGP0664-1

今回は、オリエンテーション期間に高校一年生に個人のIDとパスワードが配布されました。クラスごとにコンピュータールームでClassiにログインして、担任の先生からのメッセージにコメントを返したり、学年主任の先生からのアンケートに答えたりしながら、いろいろな機能の初歩を体験しました。(各自の学力に合わせて問題が出てきたりする機能もあるそうです。楽しみです♪)

IMGP0681-1 IMGP0677-1

これから、高校での学習の履歴や活動歴などを、振り返りを繰り返しながら、蓄積して確認することで、飛躍的な成績の向上が期待されます。生徒の皆さんはもちろんのこと、教員も含めて上手に活用して皆さんの進路実現に役立てていきたいと思います。