高1 楽しみました!歌舞伎鑑賞教室

6月16日(土)高校1年生は国立劇場の歌舞伎鑑賞教室に参加しました。この日を楽しみに待っていたという生徒も多く、開演前は期待に満ちた表情が輝いていました。

いよいよ幕が開くと、時間を忘れて歌舞伎の世界に引き込まれて行きました。今年の演目は「連獅子」。親子の獅子の情愛を迫力いっぱいに描いた作品です。子の父を慕う健気さ、厳しく接しながらも子を心配そうに見守る父。その演技と舞に心打たれ、思わず涙した生徒もいました。また、間狂言のふたりの僧のユーモラスなやりとりでは、会場中が笑いで包まれました。そしてラストの激しい舞。長い髪を豪快に振る迫力に圧倒され、大きな拍手が沸き起こり、幕となりました。

終演後もロビーでは「楽しかった」「他の演目も見たい」「すごい迫力だった」などという感想が聞こえて来ました。日本の伝統文化に触れた一日。素晴らしい思い出として、生徒一人一人の心に刻まれたようです。

高1美術(造形基礎) 写真の模写

5種類の写真から題材を選び、できるだけ写真に近くなるように忠実に模写をしました。硬い鉛筆、柔らかい鉛筆を工夫して使い、各々が鉛筆の色幅をできる限り多く出せるように取り組み、作品を制作しました。

  

  

   

高2 風景画〈アートコース〉🎨

高2の美術デザインコース〈アートコース〉の生徒が碑文谷八幡宮に出かけて作成した風景画ができあたりました。短い時間の中で、「風景」の特徴をとらえ、構図や葉の色の違い、光の加減や映り込みなど、気を付けながら描き上げました。それぞれの作品をクリックすると大きい画面でも見ることができますので、ぜひご覧ください。

     

   

   

第59回バザー ポスターコンクール 


ポスター賞

  
プログラム賞       特別賞

 

来月行われる第59回バザーのポスターコンクールの表彰が行われました。全校生徒が集まり、今年の優秀作品の表彰が行われました。今年は高校2年生の作品がポスター賞に、新たにプログラムに使用されるプログラム賞として高校3年生の作品が選ばれました。今年も力作ぞろいで選考では、学園会の方も大いに悩んだとか。入賞した皆さん、おめでとうございます!

今年のバザーは
7月8日(日) 10:00~15:00

です。毎年、素敵な商品や日用品が驚くような価格で販売されています。また、子供向けのゲームコーナーも充実していて、小さなお子様でも楽しむことができます。入場は自由ですので、多くの方のご来校をお待ちしております。
*なお、中学・高校のミニ説明会(13:00~13:30)も行います。受験をお考えの方は、ぜひお立ち寄りください。

高2美術 五感で感じる!スケッチ実習

高校2年生のアートコースの生徒が碑文谷八幡宮にてスケッチ実習🎨を行いました。天気に恵まれる☀ことが多く、生徒達も意欲的に制作に臨んでおりました。

 

普段とは違った外🌳での制作は、目だけ👀ではく、体や耳👂でも感じた空気感を表現する素晴らしさがあります。各自の目線でスケッチに取り組むことができました。自分の表現の幅を広げるきっかけになってくれたらと思います。

美術の自習室🎨アトリエがリニューアル!

美術デザインコースの生徒がデッサン力を磨くためにトキワ松には、美術専用の自習室「アトリエ」があります。昨年まではデッサンが中心でしたが、春休み中に改装して、今年から色彩構成🎨なども勉強できるようになりました。

 

また、今年度は併設の横浜美術大学で准教授を務める田﨑先生が新たに来校して定期的に指導してくれることになりました。田﨑先生は横浜美術大学で「描き講習」の講座を担当していて、高校生へのデッサン指導✏の経験も豊富な先生です。さっそく、高二の生徒を中心に「アトリエ」で指導してもらう姿が見られました。

 

「デッサンのコツを知りたい!」、「何をモチーフにしたらよいかわからない…」、「デッサンの講評を聞きたい!」など、様々な疑問に答えてくれます。美術デザインコースの皆さん、ぜひとも「アトリエ」を上手に活用して、力をつけてくださいね。

高二 浴衣を着こなす❤着付け教室 

IMGP0369-1 IMGP0365-1

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

オリエンテーション中、高校2年生がセンスアップ講座の一つ着付け教室を行いました。高1の家庭科の授業で半年以上かけて製作した浴衣を用い、前校長の金谷先生と講師の方々からご指導いただき、クラスごとに着付けを学びました。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

IMGP0373-1 IMGP0376-1

慣れない帯の締め方に戸惑いながらも自分一人で着られるようになろうと生徒たちはお互いに教え合いながら、楽しそうに取り組んでいました。自分で浴衣の帯を締められるようになった後は、和室での立ち居振る舞いも学び、充実の100分の講習となりました。

IMGP0385-1 IMGP0760-1

講習の最後には、華やかな浴衣を身に着けて、担任の先生と一緒に笑顔の写真会となりました。今回は浴衣でしたが、友禅や西陣織など日本にはたくさんの着物文化があります。これを機会に興味をもってくれたらと思います。

IMGP0548-1 IMGP0673-1

IMGP0756-1 IMGP0391-1

IMGP0319-1

高1・2年 横浜美術大学 卒業制作展見学  

高校1、2年の美術デザインコースを対象に横浜美術大学の卒業制作展を見学しました。美術というと絵画を思い浮かべがちですが、横浜美術大学のテキスタイルコースやビジュアルコミュニケーションデザインコース、映像メディアなどさまざまな魅力ある分野の作品が並び、生徒たちも数多くの個性ある作品を前に、美術表現の幅の広さに感動する姿が多くみられ、充実した時間を過ごしました。見学から受けた多くの刺激を今後の制作に生かして可能性を広げてくれたらと思います。

CIMG9994-1 CIMG9999-1

CIMG9989-1 CIMG9992-1

なお、明日より横浜美術大学の受賞作品展が横浜赤レンガ倉庫で行われます。お近くの方はぜひとも足を運んでみてください。

受賞作品展
postcard@1x

日時:2018年3月8日(木) 〜 3月13日(火) 11:00 〜 19:00 (最終日 17:00まで)
会場:横浜赤レンガ倉庫 1号館2F(横浜市中区新港1-1)

高1生徒の感想から
・一つ一つ作品に個性があり、すべてコンセプトが違ったので見ていて飽きませんでした。見ていてこちらまで楽しくなるような作品ばかりで、作品の見せ方を工夫していて展示作品見学というよりもアトラクション感覚で楽しめました。

・不思議な、それでいて引き付けられるような作品が多く(子ども心をくすぐられるような)、見ていて楽しかった。アイディアがどこから来たのか気になった。

・目を惹かれるものばかりで魅力的だった。時間と手間がかかっていると思った。タイトルにも工夫が凝らされていて、それも作品の一部なのだと改めて感じた。

高一家庭科 制服着こなしセミナー 

トキワ松学園高校一年の家庭科では、被服の学習の総まとめとして「制服着こなしセミナー」を行いました。皆さんが普段着ている制服を多く手掛けている官公(カンコー)学生服の方に来て頂き、様々なことを教えていただきました。

s2 s3

制服を着る意味の中では、制服を導入することによりアメリカの犯罪率が激減した事に生徒はとてもびっくりしていました。

そして人の第一印象は3秒で決まるため、第一印象を良くしよう!ということで制服のVラインを大事にすること、「制服の黄金比」などを学びました。

世界には様々な制服があります。その中でも、トキワ松学園の制服は唯一のものであること、様々な先生、先輩方が作り上げてきたオリジナルの制服であり、これからも大事に着ていく事を学びました。

講演をしてくださったデザイナーの方が「トキワ松学園のスカートの柄はとても人気があります。特に夏のスカートの柄は他の学校の先生、保護者から問い合わせがくるぐらい大人気です。」の言葉に生徒達は驚きが隠せなかったようです。みなさん、これからも自信をもって着こなしてくださいね。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

少しではありますが、生徒の感想を紹介します。

・制服のことを理解する機会を頂き、この制服を好きになる ことができま した。制服1つ1つにも意味があり驚きました。このセミナーを聞いて、私も制服のデザインをしたりする職に興味を持ちました。これからはもっと正しく制服を着こなしたいと思いました。

・制服の意味を知ることで自信が持てました。特にトキワの主体となっている色の意味はとても素敵だと思いました。

・制服にたくさんの意味が込められているということを初めて知った。制服のブレザー1着45分で作り終えるのにはびっくりした。そして115人の手が加わり製作するのは凄いと思う。大切に扱おうと思った。

・普段何気なく来ている制服でも色々な機能があり、びっくりしました。バランスの良い比なども考えられていて、そんな素敵に作られているものを着られることに、感謝しなくてはと思いました。大切に3年間着ていきたいです。

 

高2美術 こんな椅子、あったらいいな!

高2の美術デザインコースでは、理想の椅子ということでミニチュアの椅子を作成しました。先日はそのプレゼン。将来、社会に出ることを考えてトキワ松の美術は作るだけでなく、作った後にコンセプトや素材、価格帯など、プレゼンで自分の考えを伝えていきます。

IMGP6023-2 IMGP6015-2

IMGP6002-2 IMGP6000-2

「図書館でゆったりと自分一人の時間を大切にしてほしい」や「高級ホテルのロビーでくつろいでほしい」とか、遊園地におきたいとリアルな蛇の椅子。はたまたコーヒーショップの荷物入れを椅子と合わせることでお掃除の手間を軽減させる提案型のアイディアも。高校生ならではの斬新な発想がたくさん!

IMGP5976-2  IMGP5972-2

IMGP5998-2 IMGP5944-2

プレゼンの後は質問タイム。熱心に聞きながら、アレ?と思ったことをどんどん質問。質問するのも大切な勉強の一つです。質問を受ける方も作ることに一生懸命で自分に欠けていた視点を再確認していました。

IMGP5937-2 IMGP5927-2

IMGP5920-2  IMGP5915-2