カテゴリー別アーカイブ: 感性を豊かに「美の教育」

たのしい・かわいい・豆本をつくろう!

先日、トキワ松学園の併設大学である横浜美術大学ビジュアルデザイン系イラストレーションコースの准教授の宮崎詞美(ことみ)先生をお迎えして、中学生のための美術教室「たのしい・かわいい・豆本をつくろう」を開催しました。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

表紙・見返し・花布(はなきれ)など、本のパーツの呼称とその役割を説明していただいたあと、実際に豆本をつくってみます。材料は身近にあるA4サイズの紙です。好きなイラストを描いたり、コラージュしたりしたあと、絵本にします。

??????????????????????????????? mh7

ランダムに描いたイラストを折って製本し、オノマトペを添えるだけで、予想外の展開をもつ素敵な絵本に変身しました。和やかな雰囲気の中、楽しみながら豆本を作ることができました。

mh5 ???????????????????????????????

華道に挑戦!中1センスアップ講座

2学期期末テスト後の中学生を対象に、今年もセンスアップ講座を行いました。そのうち、今回のトキログでは中学1年生の華道の様子をお伝えします。

01 02

03 04

今回のセンスアップ講座では、小原流の「花意匠ひらくかたち」にならったクリスマスのアレンジメント作りに挑戦しました。普段はお花を見る立場なのが作る側に回り、普段は扱わない花材を相手に生徒たちも奮闘。

今回の講座の目的のひとつに、華道に親しむというものがあり、やがて生徒たちもバランスをみて花材を扱うことができるようになり、楽しんで講座に参加することができました。この講座は華道同好会の先輩のアシストなしには成り立ちません。感謝しながらセンスも磨く、よいセンスアップ講座となりました。

終業式 努力が実を結んだ2学期!

IMGP3037-3 SCN_0015-5

本日、2学期の終業式が行われました。授業はちろんのこと、文化祭に、美術展に、100周年式典に、修学旅行、遠足、English Dayなどなど、さまざまなことに取り組み無事に乗り越えた生徒たち。大変だったと思いますが、一つ一つ乗り越えることで着実に成長し、さまざまな分野で結果を出すことができました。

校長先生からは現在、中学1年で取り組んでいる「思考と表現」を身につける授業が本日(22日)付の読売新聞で取り上げられたことが紹介されました。今後、今まで以上に求められる「国際化社会で必要な、的確に情報を読み取り、発信する力」を他に先駆けて行っているトキワ松学園の実践的な授業に注目が集まっています。

IMGP3042-2  IMGP3044-2

IMGP3055-2  IMGP3051-2

IMGP3050-2  IMGP3060-2

表彰においても、青少年読書コンクールや全国高等学校生徒英作文コンテスト、そして選挙ポスターコンクールに何人もの生徒たちが入選、入賞を果たしました。部活動もラクロス部が関東2部リーグで準優勝を果たしたり、吹奏楽部の部長さんがその貢献を表彰されました。

また、国際交流部からは文化祭で呼びかけた子供服の回収が段ボール15箱分集まったお礼と、年末年始に向けて新たに書き損じハガキ回収のお願いが行われました。

さまざまな分野に取り組み、成長する生徒たち。2017年も生徒たちがどんな活躍を見せてくれるか楽しみです。

100周年記念美術展、開催!(~20日まで)

IMG_1682-3  ???????????????????????????????

本日、目黒区の青木英二区長をお招きして100周年記念美術展「創造する手」のオープニングセレモニーが行われました。本展では、トキワ松学園の3つの教育の一つである「美の教育」に焦点をあて、中学・高校の生徒作品はもちろんのこと併設のトキワ松学園小学校・横浜美術大学の児童・学生の作品が展示されています。

IMG_1874-3  IMG_1837-3

創造とは、私たちをとりまく世界、そして中に生きる自分自身について常に問い続けることなくしてできるものではありません。つまり、「創ること」は、じぶんの生き方の根幹になるものを発見する旅なのかもしれません。

その長い旅に出ようとする生徒たちの作品を通し、豊かな創造力の発露を感じていただければと思います。

???????????????????????????????  ???????????????????????????????

IMG_2457-4  IMG_1848-4

トキワ松学園創立100周年記念美術展
会期:2016年11月16日(水)~20(日)10:00~18:00(最終日14:00まで)
会場:目黒区民ギャラリー(目黒区目黒2-4-36 目黒区美術館横)/入場無料

IMG_2450-4  IMG_2438-4

高二 美術展に向けて制作中!

IMGP0292-3  IMGP0294-2

美術室をのぞくと高校二年生の美術コースの生徒たちが油絵の制作を行っていました。画材の扱い方やオイルの種類などを学んだ上でそれぞれの作品に取り組みます。水彩画と違い、乾きにくい油絵を筆やペインティングナイフを扱い描いていきます。

IMGP0298-2  IMGP0301-2

これらの作品は来月行われる100周年記念美術展に出品されます。どんな作品に仕上がるか、ぜひご覧いただければと思います。

≪100周年記念美術展≫
日時:11月16日(水)~20(日) 10:00~18:00(最終日14:00まで)
場所:目黒区民ギャラリー
住所:東京都目黒区目黒2-4-36
入場無料です。

IMGP0303-2  IMGP0308-2

高二 世界で一つ!オリジナルのアクセサリー

re_C4A5159-3  re_C4A5189-4

IMGP5074-4 IMGP5072-3

高2の美術デザインコースの生徒たちがシルバーアクセサリーに挑戦しました。銀粘土を使って、思い思いの形にデザインしていく生徒たち。ただし、単に作るのではなく商品として買ってもらうために、ターゲットとなる客層や価格も考えながら形を作っていきます。

IMGP5366-3 IMGP5391-4

IMGP5353-3 IMGP5321-3

IMGP5355-3 IMGP5401-3

電気炉に入れて焼成した後は、ステンレスブラシやヤスリでひたすら磨きをかけていきます。これが大変な作業…小さなアクセサリーを抑えるには思った以上に握力がいります…。出来上がりと思って、先生に見せると「いや、まだこの辺が…」と指摘され、また黙々と磨いてきます。

re_C4A5178-4

苦労しただけあって、素敵な作品が出来上がりました!世界に一つの、自分だけのシルバーアクセサリーの完成!何にも代えがたい宝物ができました!!

大盛況!素人金魚名人戦

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

?????????? ??????????

?????????? ??????????

?????????? ??????????

7月18日(祝)、本校で第45回素人金魚名人戦が行われました。このイベントは、2001年から全国各地で開催されています。今回も水泡眼など飼い主さん自慢の多種多様な美しい金魚が持ち寄られ、400名近い方に来校いただき大盛況となりました。その中で、理科部の部員が、水槽の準備、会場の受付や、金魚の人気投票の集計などのお手伝いをしました。

エントリーした金魚は50匹。来場者は、気に入った金魚に投票します。今回は、橙色に黒い縁取りのある尾びれの素敵な金魚が優勝し、美術部員がデザインした水槽が、プレゼントされました。賞の中には、本校理事長の岡本賞もありました。

午後は、独特の技法で金魚の作品を発表している人気のアーティスト・深堀隆介氏の講演会も行われました。アート系志望の生徒たちも参加し、熱いトークに大きな刺激をいただきました。

IMGP6475-2 IMGP6478-2

和菓子体験教室~中3サマースクール事前学習~

中学3年生はサマースクールで訪れる金沢のお菓子文化に少しでもふれたいと、事前学習として和菓子教室を行いました。(下の写真はお見本です)

??????????

上野毛にある日本菓子専門学校・和菓子部門の福元先生、岩崎先生を講師にお招きし、練り切りを二種類、実習しました。模範の実技での先生の1つ1つの手の動きに、生徒たちの目は釘付けになりました。

31

難しさに悪戦苦闘しながらも、最後には自分らしい「水鳥」と「菊」が完成しました。この二種類は専門学校で一番最初に習う課題だそうです。今回の実習体験によって、皆さんの和菓子を見る眼が変わったのではないでしょうか。ご家族の方にも良いお土産ができましたね!

4597

その他にも事前学習として、民泊先への自己紹介カード作り、マナー教室などを行い、魅力あふれるサマースクールに胸を膨らませながら準備を進めています。

高2 事前学習で充実の能・狂言鑑賞教室!

DSC_3082-2  DSC_3086-2

高一の歌舞伎教室に続いて、高校二年生が能・狂言教室に参加しました。当日はあいにくの雨でしたが、生徒たちは早い時間から国立能楽堂に集まってきました。トキワ松学園では、歌舞伎や能・狂言を鑑賞する前に事前学習をしており、生徒たちは実際の舞台はどんなかと楽しみにしていました。

IMGP5163-3  IMGP5184-2

さて、さて鑑賞教室では演目の前に舞台や立ち居振る舞いの説明とともに、生徒代表が壇上に上がり、能の歩き方や能面をつけた時の視野の狭さを体験しました。客席の生徒たちも一緒に試してみるとほとんど前しか見えません。そんな狭い視野の中での移動を助けるために四隅の柱があると聞き納得。生徒たちは、舞台上で演じることの大変さを感じていました。司会の方からは、舞台上での立ち居振る舞い、受け答えも素晴らしくお褒めの言葉を頂きました。事前学習の成果かな?充実した鑑賞教室となりました。

DSC_3095-2 DSC_3104-2

 

声量に圧倒!―オペラ「セビリアの理髪師」―

トキワ松学園では、美の教育の一環として、芸術鑑賞教室を年に1度行っています。演目は、できるだけいろいろな種類の芸術に触れてほしいということから、年によってさまざま。これまでには、バレエ、少年合唱団、クラッシックコンサート…などがありました。

IMG_0711-2  IMG_0713-3

今年度は、オペラを鑑賞しよう!ということで、6月14日(火)に日生劇場で「セビリアの理髪師」を観劇しました。セビリアの理髪師は、悲劇が好まれるイタリアオペラの中では珍しい喜劇で、『イタリア語上演(字幕付き)』に少し戸惑いながらも、本物のオペラの楽しさを味わっていたようでした。

IMG_0727-1 IMG_0730-1

特に生徒たちが感動していたのは、何といってもその声量!「え?みんなマイクつけてないの?!」と多くの生徒たちが驚きの声をあげていました。

来年はどんな演目を見ることができるでしょうか。今から楽しみにしておいてくださいね!