第60回音コン~アプリコに響く、心の歌!~

アプリコホールで60回目となる記念の音楽コンクールが行われました。今年はいつもと違う会場のため、ホールの中で各クラス最後の練習を行ったり、有志演奏があったりと、例年と違う風景が髄所に見られました。

IMGP6640-2 IMGP6867-2

生徒たちも勝手が違い戸惑う点もあったと思いますが、練習の成果を発揮して大きな会場に負けない歌声で練習の成果を披露していました。今までで一番いい歌声を届けようと、生徒たちの顔は真剣そのもの。気持ちの入った歌声に聴いていて胸が熱くなりました。

IMGP6375-2 IMGP6358-2

IMGP6705-2  IMGP6742-2

結果が報われたクラス、残念だったクラスそれぞれですが、大切なのはここに至る取り組み方。本番まで順調に来たクラスはほとんどないはず。行事に対する温度差があり、色々なドラマがあったことと思います。上手くいかずにイラついたり、落ち込んだり、話し合ったり、様々な経験をしながらそれぞれが人との接し方、そして自分の心の扱い方を学んだこととと思います。

真面目に取り組んだ人ほど、多くの学びがあるのが学校行事です。生徒の皆さんには、これからも一生懸命に行事に取り組んで、多くのことを学び、それぞれの財産にしてほしいと思います。

結果
高校の部 第1位…高二D/高一E  第3位…高一D
中学の部 第1位…中3b  第2位…中2b
コメント賞 高二D、高一E、中3b

IMGP7008-2  IMGP6993-2

IMGP7017-2

IMGP6972-2  IMGP6978-2

IMGP6598-2IMGP6838-2IMGP6668-2
IMGP6860-2IMGP6507-2IMGP6800-2
IMGP6493-2IMGP6926-2IMGP6818-2
IMGP6689-2IMGP6494-2IMGP6730-2
IMGP6684-2IMGP6394-2IMGP6587-2
IMGP6719-2IMGP6808-2IMGP6653-2
IMGP6625-2IMGP6962-2IMGP6609-2
IMGP6851-2IMGP6637-2IMGP6552-2
IMGP6560-2IMGP6548-2IMGP6524-2
IMGP6522-2IMGP6380-2IMGP6823-2
IMGP6482-2IMGP6630-2IMGP6477-2
IMGP6456-2IMGP6443-2IMGP6423-2
IMGP6400-2IMGP6748-2IMGP6393-2

 

活躍しています!卒業生

現在、熊川哲也さんが主宰するKバレエカンパニーでアーティストとして活躍する瀬屑真紀さん。瀬屑さんは中学からトキワ松学園に入学し、高校1年修了時まで在籍後、イギリスのバレエ学校に3年留学後、バーミンガムロイヤルバレエ団、ポーランド クラクフオペラバレエ、スウェーデン王立バレエ団に在籍しました。今回は、トキワ松学園在学中のこと、海外での経験、日本に帰国して思うことについて語ってもらいました。

01

―トキワ松学園在学中のことについて教えてください。
通っていたバレエ教室との両立が大変でした。自分には完璧主義のところがあって、とにかく授業中で全部覚えようと頑張っていました。当時から英語が好きで、LS(リスニング&スピーキング)の授業ではネイティブの先生と話す機会が多く、書く・読むだけではない英語の力がついたと思います。また、授業の最初に英語でよく歌ったのですが、今でもそのときの歌が出ると口ずさみます。

―イギリスに渡って、大変でしたか?
とにかく英語が耳に入ってこなくて大変でした。耳が慣れるのに1年近くかかった気がします。大変でしたが、バレエが好きでその環境を与えられたという感謝の心と、海外のバレエ団で活躍する夢があったので頑張ることができたのだと思います。

―海外で感じた文化の違いを教えてください。
自分の思っていることをきちんと伝える人が多いということです。私は日本では聞き役に回るほうが多かったのですが、海外で生活して変わりました。また、スウェーデンで感じたのが穏やかなのんびりとした国民性で、スウェーデンの振付師の方の作品は、民族独特の要素が入った面白いものでした。生活した3つの国で、それぞれ生活してみないと分からないことが多いと実感しました。

―今後の目標を聞かせてください。
まずは、所属先でステップアップしたいです。日々のちょっとした、自分にしか気づかないような成長を楽しみたいと思います。また、日本ではバレエの敷居が高いと思います。ヨーロッパではカップルがデートなどでもバレエを見に行きます。また、出演者に対するお世辞がなく、出来がイマイチだと拍手によって満足度が分かります。そうした日本と海外の意識のギャップを埋めていければと思います。

―あらためてトキワ松学園でよかったことや後輩に一言お願いします。
トキワ松学園でよかったことは、あたたかくいつも支えてくださる先生がいることです。とくに試験前の大変な時期には、たくさん助けられました。在学生のみなさんには、ONとOFFの切りかえや時間の使い方を気にしてほしいことと、ぶれずに自分の目標を持つことを伝えたいです。持って生まれた才能よりも、どれだけ一生懸命になれるかが大切だと思います。また、集中しすぎると回りのものが見えなくなってしまうと思います。私もそうですが、そういうとき私はバレエ以外のものも見るようにしています。

瀬屑さんは先月、所属するKバレエカンパニーの「くるみ割り人形」の公演でクララ役を演じました。これからもトキワ松学園は一人ひとりの卒業生を応援する「生涯サポーター」であり続けます。

02

高2美術 こんな椅子、あったらいいな!

高2の美術デザインコースでは、理想の椅子ということでミニチュアの椅子を作成しました。先日はそのプレゼン。将来、社会に出ることを考えてトキワ松の美術は作るだけでなく、作った後にコンセプトや素材、価格帯など、プレゼンで自分の考えを伝えていきます。

IMGP6023-2 IMGP6015-2

IMGP6002-2 IMGP6000-2

「図書館でゆったりと自分一人の時間を大切にしてほしい」や「高級ホテルのロビーでくつろいでほしい」とか、遊園地におきたいとリアルな蛇の椅子。はたまたコーヒーショップの荷物入れを椅子と合わせることでお掃除の手間を軽減させる提案型のアイディアも。高校生ならではの斬新な発想がたくさん!

IMGP5976-2  IMGP5972-2

IMGP5998-2 IMGP5944-2

プレゼンの後は質問タイム。熱心に聞きながら、アレ?と思ったことをどんどん質問。質問するのも大切な勉強の一つです。質問を受ける方も作ることに一生懸命で自分に欠けていた視点を再確認していました。

IMGP5937-2 IMGP5927-2

IMGP5920-2  IMGP5915-2

みなさん、楽しんでください!~ダンス部ふれあい館まつり参加

年が明けてもトキワ松学園ダンス部は大活躍!地域の方々に楽しんでいただくために、毎年参加している「目黒区中央体育館ふれあい館まつり」のオープニングでチアダンスを披露しました。

ダンス部ふれあい館まつり1 ダンス部ふれあい館まつり2

ダンス部ふれあい館まつり3 ダンス部ふれあい館まつり4

多くの区民が集まるこのイベントには、校長先生も参加して新年のご挨拶をさせていただきました。地域の皆さんにトキワ松学園の元気な生徒を見ていただき、明るい気持ちになってもらえたら幸いです。

ダンス部ふれあい館まつり5 ダンス部ふれあい館まつり6

ダンス部ふれあい館まつり7 ダンス部ふれあい館まつり8

ダンス部ふれあい館まつり9 ダンス部ふれあい館まつり10

新学期が始まり、ダンス部は現在「高校生ダンスコンテスト」に向けて練習を重ねています。良い結果を皆さんに報告できるように頑張りたいと思います!

 

 

アタックNO.1! 高三特別講座

高校三年生には一般受験に向けたラストスパートの時期がやってきました。連日、入試直前講座を受ける高校三年生の姿が見られます。がんばれ!高校三年生!!

さて、トキワ松学園では入試直前講座と並行して行われているのが、進路が決定した生徒対象の教養講座です。授業をさらに深める講座はもちろんのこと、普段の授業では見ることができない先生の特技や趣味を生かした面白い講座もたくさんあり、大学生のように自分で選択し受講します。

今回ご紹介する教養講座の第一号は、バレーボール講座「アタックNo.1」です。

普段はダンスが専門の先生は、小・中・高校とバレーボールをやっていました。部活のような掛け声をかけてのランニングから始まり、体育の授業ではなかなか出来ないようなレシーブ練習やアタックまでたくさん練習しました。久しぶりに運動する生徒もいて、全員息切れがひどい!!(^^; 日頃の運動不足を解消すべく、たくさん走っていただきました。

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

最後にゲームを3セットやりました。2時間の講座でしたが、レシーブ→トス→アタックとつなげて攻撃することも出来ました!少人数でしたが、楽しんでバレーボールにふれることが出来ました!

??????????????????????????????? ???????????????????????????????

「ちはやぶる~」トキワ松学園かるた会

先週の土曜日、トキワ松学園恒例のかるた会が開催されました。各クラスから選抜された4名による団体戦。とても寒い一日でしたが、その寒さを吹き飛ばすような熱気と気迫!先輩相手に遠慮がちだった後輩もしだいにヒートアップ!まさにかるたはスポーツです。周りで応援する担任もドキドキハラハラ

この日のために作戦を練り、練習してきた生徒たち。特に中学1年生のチームは年始のスキー教室中も猛練習していたとか。努力のかいもあり、見事に中学の部で優勝しました!!おめでとう~!!

成績は以下のとおり。皆さん、よく頑張りました!

k4  k2

IMGP6074-2  IMGP6041-2

IMGP6059-2  IMGP6057-2

IMGP6050-2  IMGP6046-2

IMGP6073-2 IMGP6114-2

高校優勝…高二D   準優勝…高一C  3位…高一D

中学優勝…中1b   準優勝…中2a  3位…中2b

準備OK?音コンリハーサル!

【準備OK?音コンリハーサル!】
来週、水曜日に行われる音楽コンクールに向けて着々と準備が進められています。昨日、一昨日と体育館でリハーサルが行われました。初めての音コンとなる中1さんの中には緊張して声が出なくなってしまったところも。後ろの方では、生徒たちの練習のためにビデオをかまえる担任の姿もチラホラ。親心です 

IMGP6087-2 IMGP6089-2

IMGP6100-2 IMGP6102-2

また、書道部では恒例のまくりの作成が行われていました。部員たちも音コンのリハーサルや練習の合間を縫って大忙し。みんなに見てもらうのに恥ずかしくないようにといつも以上に真剣でした。

IMGP6093-2 IMGP6092-2

毎年、音コンに向けて多くのドラマが生まれます。自分の思い通りにならず苦労も多いのですが、だからこそ勉強以上に大切なことをたくさん学ぶことができます。生徒の皆さんには行事を通して、人間力を磨いて魅力的な女性に育ってほしいと思います。

写真部 全国大会出場決定!

またまたトキワ松学園の写真部がやりました!文化部のインターハイ「第42回全国高等学校総合文化祭(総文祭)長野大会」(主催:公益社団法人全国高等学校文化連盟)への出場を決めました!写真部がこの全国総文祭へ出場するのは3年連続5度目となります。

新緑の中君に逢いに行く
「新緑の中君に逢いに行く」高二の部長の作品です。

またこの作品と同じく地区大会で入賞した作品が、今月末に行われる「第24回関東地区高等学校写真展埼玉大会」(主催:関東地区高等学校文化連盟)に、東京都代表作品として推薦されました。

SHAKA
「SHAKA」

さらに昨年末に開催された「第40回東京都高等学校文化祭 写真部部門中央大会」(写真部の都大会、主催:東京都教育委員会・東京都高等学校文化連盟)では、高二部員の作品が佳作で入賞しました。

HARAJUKU style
「HARAJUKU style Nayu」

写真部は昨年から嬉しいお知らせがつづき、1年を締めくくることができましたが、今年も努力を重ねてそれぞれの表現力を高めていきます!

http://shinshu-soubunsai2018.jp/
(信州総文祭2018ホームページ)

 

バッジテストに挑戦!第65回スキー教室実施報告(2)

トキワ松学園スキー教室の報告その2です。4日間のスキー教室のしめくくりは、SAJ(全日本スキー連盟)のスキーバッジテストへの挑戦です。生徒たちは技術レベルに合わせた班で、連日コーチの指導を受けてきました。はじめはスキーを止めることができず、新雪に突っ込んだり転倒したりしていた生徒たちも、3日目にはかなりスキー操作が上達して、滑る楽しさを感じるようになりました。ホテルでもビデオ撮影された自分の映像を見て、コーチからアドバイスをもらい、練習の成果を出し切るように励まされました。それでもバッジテストの前は皆緊張の表情をみせていました。

01 02

03 04

05 06

今年の検定は、1級合格者が1名、2級合格者が4名、3級が6名、4~5級の受験者は見事全員合格という結果でした。トキワ松には、スキー教室でスキーの魅力を知り、その後もスキーを続けている卒業生もたくさんいます。なかには指導員の資格を取って、スキー教室のコーチを担当してくれている方もいます。今回のスキー教室で楽しさを知り、来年もたくさんの生徒が参加してくれることを期待します。

07 08

09 10

11 12

伝統の…第65回スキー教室実施報告(1)

トキログをご覧のみなさま、新年あけましておめでとうございます。今年もトキワ松学園の生徒たちの学園生活をどんどん紹介いたします。お楽しみに!

新年最初の行事は、トキワ松学園「伝統の」スキー教室です。今回で、じつに65回目を迎えるこの行事は、必修の中学1年生に加え、中2・中3、高校生も希望者の参加が可能です。そのため、今回でスキー教室4回目、5回目という生徒も複数おり、スキーの講習だけでなく、宿での生活においても上級生が下級生の面倒をみながら3泊4日をすごします。スキーの技術だけでなく、中学生・高校生が学年をこえて交流ができる場でもあります。

スキー教室開校式 講習のはじまりです
スキー教室開校式 講習のはじまりです
寒い!初日は少し雪が舞っています
寒い!初日は少し雪が舞っています
イチ、ニイ、サン…まずは準備体操を入念に
イチ、ニイ、サン…まずは準備体操を入念に
いざ、ゲレンデへ!
いざ、ゲレンデへ!
講習開始。初心者はスキー操作に一苦労
講習開始。初心者はスキー操作に一苦労
雪が舞う中、コーチの熱心な指導がつづきます
雪が舞う中、コーチの熱心な指導がつづきます

 

中学1年生は「スキーは初めて」という生徒たちも多く、最初はスキーブーツのはき方や、スキー板の扱いからの指導になります。また雪山の寒さやリフトの乗り降りにも慣れないといけません。例年、ゲレンデでの指導に苦戦して、意気消沈してしまう生徒も見られるのですが、今年の中1は元気いっぱいです。幸い天候もまずますで、皆くじけることなく、コーチの指導についていっていました。4日間のスキー教室でどこまでスキーが上達するでしょうか。(次回に続く)

昼食も班ごとにコーチと食べます
昼食も班ごとにコーチと食べます
食事中もコーチがアドバイス
食事中もコーチがアドバイス
コーチの熱い指導に耳をかたむけます
コーチの熱い指導に耳をかたむけます
雪に埋もれても転倒しても負けないぞ!
雪に埋もれても転倒しても負けないぞ!
上級生は下級生の滑りをサポートします
上級生は下級生の滑りをサポートします
ストックなしでの練習
ストックなしでの練習
夕食をしっかり食べて翌日にそなえます
夕食をしっかり食べて翌日にそなえます
班長会議で本日のふりかえり
班長会議で本日のふりかえり