イギリス語学研修だより・・・その7

今週は午後の活動の一環として町にインタビューに行きました。勇気を出して、町を歩く知らない人に話しかけます。調査の結果は後日行われるプレゼンテーションで使います。

     Igirisu861  Igirisu862

語学学校での授業も2週目となり、ずいぶん英語だけの生活に慣れてきました。授業をのぞきに行くと、先生と真剣に話Igirisu863_2している生 徒、発表の小道具を作っている生徒などさまざま。みんな楽しそうです。今週は新たにブルガリア人の生徒とも一緒に勉強しています。

最後のEvening Activityはファッションショーでした。多国籍の4~5人チームに分かれて、与えられたものでコスチュームを作ります。服の材料はゴミ袋、ホイル、色紙、新聞などでした!モデルももちろん生徒自身です。本物のファッションショーの様に音楽に合わせてモデルが歩いてポーズを決めるたびに、会場からは大きな声援が飛びかいました。美術が得意なトキワ松の生徒はここでも大活躍!モデルになった生徒、モデルを紹介する司会役、コスチューム作り、みんながんばりました!

         Igirisu864  Igirisu865

18日間の海外研修もいよいよあと数日です。この記事を読んでいただける頃には帰国でしょう。たくさんの思い出&お土産とともに帰国します。

イギリス語学研修だより・・・その6

この語学研修では土曜日は一日遠足にでかけます。7月28日(日)は学問の町、Oxfordを訪れました。まずは行ったのは700万冊もの蔵書を誇るボドリアン・ライブラリー。ここでは偶然オックスフォード大学の卒業生が記念撮影をしに来ていて、トキワ松の生徒も一緒に写真を撮ってもらいました。続いて訪れたのは1071年のノルマン征服の直後に建設されたオックスフォード城です。このお城は以前まで牢獄として利用されていたそうで、最後の囚人は1996年までここにいたと聞いてびっくり!最後は映画『ハリーポッター』が撮影されたことでも有名なクライスト・チャーチに行きました。昼食の後はお楽しみのショッピングです。『不思議の国のアリス』のモデルとなった少女が行っていたお店に行ったり、お土産を買ったりと各自楽しいひと時を過ごしました。

      Gogaku11    Gogaku12

7月31日(火)の午後は半日遠足に出かけました。訪問先は文豪シェイクスピアゆかりの町、Stratford-upon-Avonです。1564年にシェイクスピアが生まれた家を見学しました。内部は当時の生活が再現されていて、16世紀の家が今なお見学できる状態にあることに生徒は驚いていました。町にはビクトリア朝時代の建物も多く、歴史や文学に関心のある生徒にはピッタリの遠足でした。    

    Dscn39131   Gogaku14

いよいよ研修も残り半分。みんな生活に慣れてきて、毎日さまざまな国の生徒と積極的に交流して楽しそうです。

イギリス語学研修だより・・・その5

今週の授業はスペイン、カザフスタン、キプロス、ロシア、中国、台湾、スウェーデン出身の生徒たちと一緒に勉強しています。毎週金曜日はその週に勉強したことをクラスごとに発表するパフォーマンスがあります。トキワ松の生徒たちも全員ステージに立ち、発表に参加しました。オリンピック開幕日とあって、オリンピックにかかわることをやるクラスや、各国の食べ物や文化の紹介をするクラスなど、内容はさまざま。トキワ松の生徒たちは普段からLSやGSの時間にプレゼンテーションをしているので、堂々とした発表振りでした。

Gogaku301  Gogaku302

Gogaku303  Gogaku304

            Gogaku305

そしていよいよオリンピックが開幕!みんなホストファミリーと一緒に開会式を生中継で見ました。オリンピックイヤーに開催国に滞在し、空気を肌で感じたことは一生の思い出になることでしょう。

イギリス語学研修だより・・・その4

この語学研修は週に2回Evening Activityがあり、夜にもう一度学校に戻ってきて活動します。夜といってもイギリスの夏は日が暮れるのが遅く、9時過ぎまでは明るいのです。

今週1回目のEvening Activityは皆が楽しみにしていたDISCOです!校舎内のホールでいろいろな国と生徒と一緒に楽しく踊ります。中には振りが決まっている曲もあり、不思議な一体感が生まれます。ダンス部の生徒がダンスを披露し、ヨーロッパの生徒たちに歓声を浴びていました。

Gogaku291  Gogaku292 Gogaku293

木曜日の夜はタレントショーで、自分が持っているタレント(才能)を発表するというイベントでした。トキワ松からは折り紙ショーとダンスショーがエントリー!折り紙ショーはみんなの前で大きな紙を使って白鳥を作って見せ、観客の皆さんにも折り紙を配って作ってもらうという、みんなで楽しめる発表でした。「折り紙ほしい人?」と声をかけるとほんとにたくさんの手が挙がり、日本文化への関心の高さがうかがえました。

Gogaku294 Gogaku295jpg Gogaku296jpg

ダンスチームは3人でエントリーしました。普段の練習の成果を発揮し、チームワーク抜群のダンスを見せてくれ会場は大盛り上がりでした。

折り紙ショーは「隠れた才能賞」を受賞、そしてダンスチームはなんとその夜の最優秀賞を受賞!トキワ生はここイギリスでも大活躍です。

イギリス語学研修だより・・・その3

こちらは到着後、イギリスにしては暑い日々が続きましたが、今日はやっと少し涼しく、本来にイギリスの夏になってきました。昨晩オリンピックが開幕し、ほとんどの生徒がホストファミリー宅で生中継で開会式を見たようです。私たちも見ていましたが、Japanが出てきたあたりで疲れの限界が来て寝てしまいました・・・。

             Igirisu291

いよいよ研修地ウスターでの勉強が始まりました。月曜日の朝は全員レベルチェックのテストを受け、翌日からそれぞれのクラスでの授業が始まりました。初日の午後は町に出かけてオリエンテーションを受けました。郵便局はどこか、大きなバスステーションはどこかなどをまず覚えます。そのあとはウスター大聖堂を訪問しました。この大聖堂はこれまでの歴史の中で何回も増改築を繰り返しているので、よく見ると異なる時代の建築様式が用いられているとの説明を受け、生徒たちもステンドグラスや柱をじっくり見ていました。

 Igirisu292  Igirisu293

普通の日の午後はスポーツをしたり、アートをしたりと自分の関心があるアクティビティを選んで参加します。スポーツを選んだ生徒は外で思い切り体を動かします。何をしているのか見てみると、他国の生徒や語学学校のスタッフにドッヂボールのルールを説明して、みんなで楽しくプレーしていました。アートを選んだ生徒はTシャツの絞り染めや互いの顔をかいていました。絞り染めのTシャツはよい記念になりそうです。

イギリス語学研修だより・・・№2

7月22日(日)

今日はまずナショナルがラリーに行きました。ゴッホやモネの絵画を鑑賞しました。ガイドさんが美術館での絵画の見方を丁寧に教えてくださり、短い時間ではありましたが、充実した時間をすごすことができました。

Dscn3588

絵の後は今日のハイライト。バッキンガム宮殿の衛兵交代式の見学です。本当に私たちの目の前をおとぎ話から飛び出てきたかのような衛兵が行進していき、みんな夢中で写真に収めました。

Dscn3595     Dscn3605

この日はFish & Chipsの昼食の後、いよいよ研修地のウスターに向かいました。バスの中では必死に事前研修のプリントを見直す生徒、緊張のあまり無言になる生徒、不安そうな生徒などぞれぞれ。ウスター大学に到着後、みんなホストファミリーの家にかえっていきました。さあ、いよいよ本格的に研修のスタートです。

 

イギリス語学研修だより・・・№1

7月20日(金)

いよいよイギリスに出発です!みんな元気に日本を発ちました。機内ではオリンピックの記念チョコレートが機内食についてきたり、ロンドン・ヒースロー空港に到着したときにオリンピックの応援用日の丸をもらったりと、オリンピックイヤーならではのこともありました。そしてなんと、北島康介選手に遭遇!「がんばってください!」の声に素敵な笑顔で応えてくれました。

                     Dscn3469

7月21日(土)

今日は一日ロンドン観光です。昨年ウィリアム王子が結婚式を挙げたウエストミンスター寺院を見学した後、ビッグベンを背に記念撮影!写真でした見たことのない風景が目の前に広がり、みんな大興奮です。さらに、この日の昼食はみんなが楽しみにしてたアフタヌーンティー。格式あるティールームで優雅なひと時を過ごしました。午後は大英博物館を訪問しました。歴史の授業で勉強したロゼッタストーンやパルテノン神殿の大理石、そしてミイラなどを間近で見て大満足の一日でした。

             Dscn3521

      Dscn3493  Dscn3510

行くぞ! London !

今年のイギリス語学研修は中3から高二までの21名で、7月20日から8月6日まで実施されます。ロンドンオリンピックで盛り上がっている中、ホームステイしながら「本場の生きた英語」を全身で学んできます。

出発前にたくさんの事前研修をしますが、昨日は、最後の研修を行いました。

初めて会う外国の人に自分や日本のことを紹介するという研修です。生徒達は、それぞれが作った自分や日本を紹介する写真や絵などを集めて作ったスクラップブックを使い説明をしていきました。

Img_0162

終了後、ご協力くださった4名のネイティブの方々からは、「間違いを恐れず、もっともっと積極的に自分から話していきましょう」というアドバイスを頂きました。

Img_0197    Img_0193

出発まであと1週間。先生方のアドバイスを胸に刻んで、充実した研修にしましょう。

世界に向けて英語で自分の意見を発信できる人になる

トキワ松学園では、世界に目を向け、自らの意見をしっかりと発信できる女性を育てることに力を入れています。英語の授業でも、女性問題、労働問題、環境問題、民族紛争の問題などを題材にして、英語でレポートを書いたり、プレゼンテーションを行ったりします。2日の高三E組の授業には、特別講師として特定社労士・行政書士・キャリアコンサルタントの山下尚子さんにおいでいただき「女性が働くということは、どのようなことなのか?」というテーマでお話しを伺いました。

Eigo621

労働省(現厚生労働省)にお勤めだった経験をもとに昭和から平成へと時代が移っていく中で「男女雇用機会均等法」「育児・介護休業法」などの成立と「女性の労働」問題の変化などのお話しをしてくださいました。英語の授業ということもあり、英語を仕事で使うことがほとんどなかった山下さんが、、国際会議(APEC)に出席することになった時のお話に生徒達は特に興味を示したようでした。英語が母国語でない人たちの英語・・・授業の綺麗な英語とは全く違うもの・・・を聞き取ることの大変さ、事前に会議の細かい内容がわからない中、ぶっつけ本番で提案されることに対して英語でしっかりと日本の主張をしなければならなかったというお話しに、これから社会に出ていく生徒達は、世の中の大変さ、英語をしっかりとやっていくことの大切さを感じたのではないでしょうか。

これから英語の授業の中で、労働問題について学習していきます。今日のお話を参考にして頑張っていきましょう。

イギリスへ! 語学研修保護者会

                  London

7月中旬から8月上旬の18日間、中3~高二の希望者がイギリスに語学研修に行きます。今日は、希望者21名とその保護者の方が集まり説明会が開かれました。

より充実した研修にするために、これから外国人ゲストとの会話の練習など、何回かの事前研修が行われていきます。

今年は、ちょうどロンドンオリンピックと重なり、テレビ新聞などでイギリスの情報がたくさん流れていくことと思います。そういった情報も見てイメージを膨らませて良い研修にするために頑張っていきましょう。