高2美術デザイン 感性を磨く!美術鑑賞

12月18日(火)に美術デザインコースの生徒は東京都庭園美術館へ「エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し展」を見学しに行きました。館内は旧朝香宮邸のアール・デコ様式で、生徒たちはその繊細で優美な室内装飾に魅了されていました。部屋ごとで異なるクラシカルな照明や刺繍のカーテン、ステンドグラスのランプから漏れる光‥など展示作品以外にも自分のお気に入りのインテリアを探しながら鑑賞に浸っていました。

 

また、東洋やアフリカなどの服を着想源としたドレスや、エジプトのレリーフから発想を得た動物彫刻など、今の時代にも新鮮みを感じるデザインが多数ありました。

 

中学 日本文化に親しむ!センスアップ講座

中学生は学期末に、日本文化に触れるセンスアップ講座が行われます。
今回、中学1年生は、オアシスを使った『生け花』に挑戦しました。クリスマスも近いということで、和の中にも洋が感じられる作品でした。生け花などやっとことのない中学1年生も、みんな楽しそうに取り組んでいました。

中学2・3年生は『お箏』の授業が開かれました。お箏に使う爪は山田流、生田流の流派によって違いますが、今回は自由に選んで付けました。最初は手の形になれずにつりそうになっている生徒も・・・。細かい指導のもと、飛躍的に上達し、最後は『さくらさくら』の合奏を演奏し、雅な優雅な音色が響いていました。

写真部 全国大会出場決定!(3年連続6回目)📷

現在開催中の都高校文化祭中央大会写真展(文化部の都大会)で、本校写真部員4名が入賞しました。

【最優秀賞】
  「OWN」         「Sweet divine」

 

【佳作】
  
「To all of you」            「それぞれ」

 

また来年度の全国総文祭佐賀大会(文化部のインターハイ・全国大会)と関東地区写真展群馬大会の東京都代表の選考も行われ、本校写真部から2名の出場が決定しました。

写真展は12月28日(金)まで行われております。お時間がありましたらお運びください!

名称  第41回東京都高等学校文化祭 写真部門中央大会
主催  都教育委員会・都高文連
会期  平成30年12月23日(日)~12月28日(金)
午前10時から午後5時(最終日は午後1時まで)
会場  都政ギャラリー(東京都議会議事堂1階)

【都高校写真連盟公式ホームページ】http://www.geocities.jp/tokosharen/shashinten.html

 

新しい年へチャレンジしよう!2学期終業式

 

トキワ松学園は本日が終業式。いつもなら校長先生の話から始まりますが、今回は臨時の生徒総会が行われました。役員数の改定や委員会の統合が話合われ、可決されました。今まで頑張ってきた委員さんの中には複雑な思いの人もいると思いますが、ぜひ、新しい委員会の中でさらに充実した活動をしてほしいと思います。

さて、大きな歌声とともに終業式が始まり、校長先生からは一年の世相を振り返りながら、いろいろなことを見たり、経験してほしいといった話がありました。短い冬休みですが、ご家族の方と一緒に過ごしながら、一年を振り返って新しい年に向けてしっかりと準備をしてくださいね。

表彰では、区民大会で準優勝したバスケ部、地区大会で奨励賞などを受賞した演劇部、私学写真展で入選した写真部、デザインイラストの表彰がありました。また、年明けにアンサンブルコンテストに参加する吹奏楽部さんの素敵な演奏が披露されました。ぜひ、新年早々ですが頑張ってくださいね。

 

最後に、国際交流部からは以前に皆さんにご協力いただいた、子供服回収キャンペーンが段ボール10箱分集まったお礼と「書き損じはがき」回収のキャンペーンのお知らせがありました。ぜひ、こちらもご協力をお願いします。

書き損じはがきキャンペーン
回収期間:1月9日~1月31日
回収場所:事務室受付の回収ボックス
回収対象:書き損じはがき、図書カード、クオカード、テレホンカード

 

🍀みどり会 創設100周年記念美術展 開催🍀

 

12月15日(土)・16日(日)、10時~16時の間、本校体育館にて、みどり会創設100周年記念美術展が行われました。出品点数は約120点。油絵から日本画、写真、書道、工芸、仏像の修理のコーナーと、多彩な作品が出品されました。今回は20歳代の卒業生から最高齢は90歳代までの約80名に出品していただき、バラエティに富んだ作品展示となりました。15日は書道のワークショップ、16日は書道とクリスマスカードのワークショップも行われ、多く方に来場していただき、盛況のうちに終えることができました。作品には、出品者の方々の簡単なプロフィールといっしょに、出品者のひと言も書かれたカードが添えられていました。それらを読むと、作品を描いた思いとともにトキワ松学園での思い出も書かれており、作品について知ることができるだけでなく、心が温かくなるコメントも多くありました。

 

12月15日にはオープニングパーティも行われました。みどり会会長の挨拶、理事長先生のご挨拶、中学・高校校長の中山先生が乾杯の音頭を取り、会は和やかに始まりました。1時間という時間の中、出品者の方々、何名かのインタビューに加え、みどり会の新しいロゴマークをデザインした卒業生の思いも聞くことができました。

 

今回は恩師の先生方の作品も出品していただき、セレモニーにご参加いただいた家庭科の布村恭子先生、お亡くなりになった岡田規代子先生の旦那様、今年、お亡くなりになった美術科の小宮英夫先生の奥様から一言ずついただき、作品に対する思いや思い出をうかがうことができました。

最後は美術展の実行委員長の東海林先生からのご挨拶をもってオープニングパーティは閉会しました。長い年月をかけて美術展の企画を練り、美術展を成功に導いた、みどり会の美術展実行委員のメンバーの方々、そして、事務局の方々、お疲れまでした。

 

 

 

高3英語 トキワ英語の集大成~卒業エッセイ🌏~

高校3年生は、トキワ松での英語学習の集大成として卒業エッセイに取り組みました。まずは、パラグラフの基本構成から始めて、比較対照・例示・原因結果など様々な文章パターンをマスターしました。その上で、各自が最も興味のあるテーマを選び、夏休みも使って下書き✍を書いていきます。内容に説得力を持たせるために、公的機関や新聞記事などから信頼できるデータ📊も探して加えていきます。2学期にはネイティブの先生と相談しながら構成を整えたり、足りないデータを足したりとじっくり時間をかけて推敲を重ねました。

半年近くかけて卒業エッセイが完成!最後はプレゼンテーションです。1,000語近くあるエッセイから一番伝えたいことを5分以内のプレゼンにまとめました。これまでの学園生活で何度となく行ってきたプレゼンですが、これが本当に最後のプレゼン。パワーポイントの作成にも力が入ります。

プレゼン本番では緊張しながらも、さすが高3生!本当に堂々と英語で素晴らしい発表を行いました。発表後は英語で質疑応答!半年近く興味のあるテーマを掘り下げただけあって、どんな質問にも自分の言葉で答えることができていました。

 

事後アンケートでは以下のようなコメントがありました。
・「関心あることに一心に追求する、探究女子として一つのResearch Paperを作り上げたことは誇らしいし、今後大学生活においても同様に在りたい姿勢だと思った。」
・「自分が関心を持って調べたことだったので、英文にするのも苦ではなかった。日本も人身売買に加担していることを知ることができ、決して目をそらしてはいけない国際問題であると改めて考えさせられた。」、「専門家の意見を踏まえつつ、自分の意見をまとめられるよう工夫した点では、今後にもつながる課題だった。」
・「達成感!先生と何度もやり取りし、書き直しを通して自分の言いたいことが一つの論文になった達成感でいっぱいでした。」

ちなみに、今年の生徒が選んだテーマは以下のようなものがありました。(一例)
・障がい児教育
・人身売買
・LGBT
・英語早期教育
・誘拐婚
・キャッシュレス社会
・成人年齢の引き下げ
・子どもの貧困問題

高1思考と表現 県の大使になろう!~県の魅力をアピール~

2学期最後の単元は、「県の大使になろう!~県の魅力をアピール~」。10月に発表される「魅力度ランキング」の順位があまり高くない県を地域ごとに選び、グループ活動でその県の魅力を見つけ、発表するという内容です。

 

くじ引きで決まった担当の県の基本情報をとデータを受け取った生徒たちは、1時間目に本でその件についてのさまざまなことを個人で調べ、2時間目はグループでどのような発表にするか相談しながら、追加の資料をインターネットも利用しながら調べます。

3時間目には発表用パワーポイントとプレゼンテーション原稿を作り、4時間目にみんなの前で発表するという、とてもタイトなスケジュールの中、楽しみながら調べていました。「この産物、この県のものだったんだ!」「結構、いろんな見どころあるよ」「良いところ多いのに、何でこの県、魅力度ランキングが低いんだろう?」などなど、調べている間にみな、それぞれの県に思い入れを感じていました。

特に3時間目には、発表用パワーポイントと読み原稿を作るのに大忙し。手分けをしながら慌ただしく作成していました。さて、4時間目の発表はいかに…。

発表を終えた生徒たちは、「自分の知らない世界は広い」「魅力のない県はない」「気づかないだけでたくさんの魅力的な県があると知った」「県の魅力を端的にアピールすることは難しい」「一人で調べているときにはあまり魅力が出てこなかったけれど、グループで話すうちに魅力がたくさん出てきた」「発表された県に行きたくなった」「4時間でまとめるには大変な課題だったけれど、無事に発表できて満足」。実にさまざまな発見があったようです。

高2デザイン 組み合わせて素敵な絵柄に!🎨

草花を基本テーマに、まず小さな画面(作品の1/4が原画)にデザインをして、組み合わせました。広い面積になったときでもまとまりと美しいリズムのあるパターン模様を作り出す課題です。組み合わせたときの効果を考えてデザインするのがコツです。