塩素の性質を調べる! 高2化学

ただいま修学旅行中の高校2年生ですが、

旅立つ前にこれだけは!と、理系クラスは「塩素の発生と性質」の実験を行いました。

塩素は、刺激臭のする黄緑色の有毒な気体です。

プールの臭いを思い出すとよいかもしれません。

知識としては、中学のころから学習してきてよく知っているのですが、

実際に見たことはなかった生徒たち。感嘆の声をあげながら、手際よく性質を次々と確認していました。

Img_0499

↑ 塩素といえば漂白作用。バラが漂白されていきます。    ↑塩素の酸化力を調べています。

Img_0513

↑酸化作用によって出てきたヨウ素を使って、ヨウ素      ↑熱した銅線を塩素の中に入れると、茶色い煙が…

 デンプン反応。ヨウ素デンプン反応の青紫色は、         この煙を水に溶かすとキレイな青色になります。

 熱すると消えるのです。びっくり!!

あ!!!有毒な気体なので、もちろん換気扇(大きな換気扇が4つついています。)は

フル回転の中の実験でしたよ!

ダンス部MASAMI先生 ワークショップ

10302   10303

10月29日(月)にプロダンサーのMASAMI先生がレッスンをしにトキワ松学園まで足を運んで下さいました。Legend Tokyoでも活躍し、ダンスホールをエンターテイメントに変えた革命家として知られるMASAMI先生は生徒の憧れ!ドキドキしながら、ストレッチ、基礎練習、コンビネーションをご指導いただきました。

 夏に行われた「高校生ダンスコンテスト夏12」で特別賞を受賞したので、ミズノ株式会社よりこのような機会をいただきました。中1から高二まで真剣に取り組みました。貴重な2時間をありがとうございました。益々練習を頑張って取り組みます!

10301

気合も大切!!~水泳部・TCST~【トキスポ】

10月26日、地下の温水プールでTCST伝統の100本練習が行われた。1年に一度の50M×100本練。 水泳部(TCST)は、普段のスイム練習、陸トレは科学的な理論に基づきトレーニングし、それ以外にも栄養学、メンタルトレーニングも取り入れ、合理的に練習しているが、この日だけは特別。

この日、必要になってくるのは「気合」。

                    Photo_3

4つのコースのサイクルは異なりますが、昨年の自分と比べ、どれくらい成長したか一目瞭然。
顧問は「レース後半は気持ちが重要になってくる。いつも精神論だけではいけないが、たまにはこういう練習も必要。」と、後半は本当に 気合が大切になってくることを強調していた。 

英語で国際交流!

Dsc_1333   Dsc_1311

Dsc_1336   Dsc_1315

本日、中学2年生のLS(リスニング・アンド・スピーキング)の授業に外国のお客様をお迎えしました。本日お迎えしたのは、ブラジルとケニアからのゲスト。最初はクラス全体で「こんにちわ」「ありがとう」「さようなら」などを、ポルトガル語やスワヒリ語で何というかを教えていただき、その後は班ごとのグループ学習になります。

各班では、一人ひとりが2つずつ質問を事前に用意し、英語でゲストの方とコミュニケーションします。質問は、ブラジルやケニアがどのような国か、歴史や食べ物など様々なジャンルから用意します。答えていただいたことを生徒は一生懸命聞き取り、メモします。これは、あとでプレゼンテーションを行うための準備でもあり、まずは本日質問したことについてのレポート作成に入ります。

ゲストの方も一生懸命答えてくださって、生徒にとっても素晴らしい経験になりました。今後のプレゼンテーションを楽しみにしていてください!

モナリザと写楽の違いは?! (中3国語「比較文化」)

中3の国語では「比較文化論入門?!」にチャレンジ!ある物事をより深く理解するには他の物事と比較してみることが有効です。身近なことというのは知っているつもりで、本当はよく知らなかったり・・・。自分の興味あることを挙げ、比較する対象を決めます。そしてそれをさまざまな観点から比較し、分析するための調べ学習を図書室で行いました。おもしろい比較が色々!「小説と映画」「モナリザと写楽の三代目大谷鬼次」「手紙とメール」「コーヒーと紅茶」「猫と犬」「浴衣と着物」「和菓子と洋菓子」・・・・・。はじめは、とても身近なテーマですが、各国の歴史など調べ始めると、深く広く研究が進んでいきます。

一つの事象を見ていただけでは分からなかったことが、他と比べることで見えてきて新しい発見!  他の文化を知ることが、その文化との関係において自分の文化を知ることにもつながりますね。

cimg4041 cimg4038

避難訓練&煙体験

102401   102402

102403   102404

102405   102406

本日、目黒消防署碑文谷出張所の皆様のご協力をいただき、防災訓練が行われました。本校では一年に大小合わせて数回の防災訓練を行いますが、そのなかで本日の防災訓練は年1回の「小中高合同防災訓練」でした。地震や火事は、いつどこで起こるか分かりません。本日の訓練は、ホームルームからではなく、3時間目の授業が行われた教室からの避難でした。教員は自分のいる教室と、火事が発生した場所を考えて避難経路を判断し、生徒を引率します。

無事に避難が終了した後は、小学生と中学1年生を対象に「煙体験」が行われました。実際の火事で一番恐ろしい煙ですが、食品にも使われる素材で作られた安全な煙で、視界が悪くなることや、煙を吸い込まないように低い体勢でガーゼを口にすることを体験しました。

実際に、このようなことが起こらないことが一番ですが、「訓練で出来ないことは、本番でも出来ない」ということを肝に銘じ、もしものときに、しっかりと判断・行動できるように本日の訓練をしっかりと覚えていて欲しいと思います。

トキワ松スポーツ新聞~トキスポ~ 【バスケットボール部】

10月14日、中学バスケットボール部員は目黒区中学校新人大会に出場。

顧問は45対39で初戦を見事突破した部員に対し、

「先週の試合(文化祭招待試合)といい、苦しい接戦を何とか勝利できている。部員にとっては大きな自信となっているだろうし、ひとりひとりの成長を感じるが、攻守両面での課題は大きい」

とコメントし、2回戦を見据えて修正点を見つけている。

※「トキワ松スポーツ新聞~トキスポ~」とは、不定期にトキワ松学園運動部の活躍の様子をスポーツ新聞のような口調でお伝えするコーナーです。

1014

体育の日に、バドミントン部は中体連新人戦!!

10月8日(体育の日)中体連のバドミントン新人戦がトキワ松学園の体育館で行われました[E:tennis][E:dash]

毎日の練習に加え夏休みの合宿でメキメキと実力をつけた中学生。その中から、シングルス3名とダブルス3ペアが学校を代表して個人戦に出場しました[E:sign01]

Cimg2587_4 Cimg2597_6

▲2人の気持ちを一つにするのが大事!ダブルス戦!!  ▲1人で孤独な戦い!シングルス戦!!

昨年度は中学2年生の部員数がゼロだったため、中学1年生のみで新人戦に挑みました[E:sweat01]中1から大会に出場し経験を積んだ選手たちがは心身ともに成長しており、今年度は出場した全員が初戦を突破することができました[E:happy02]

そのまま勝ち進み、ロンドン五輪のフジカキペアのように大躍進[E:sign01]・・・とはいかず、惜しくもブロック大会出場権獲得の一歩手前で負けてしまいましたが、今の自分のプレーに何が足りないのかを学ぶことができました[E:shine]

Cimg2603_2 Cimg2605_3

▲常に攻める気持ちを忘れずに!!         ▲顧問の先生からアドバイスをいただき、次に活かします。

団体戦はブロック大会出場を決めているので、そちらも悔いの残らないように全力プレーでがんばります[E:tennis][E:dash]

高2保護者会・・・ですよね???

本日午後から高2の保護者会が生徒と合同で行われました。でも・・・学年主任の先生や保健室の先生方が修学旅行に向けての注意や高3の授業の選択についてのまじめなお話をしている背後には・・・・?なぜか、ドラム???

Dsc_0816  Photo

その理由は保護者会後に判明。なんと台風で中止になってしまった後夜祭に出演するはずだった高2の団体のパフォーマンスが行われたのです。高3になると受験のためにほとんど参加できなくなる文化祭。今年残念なことになってしまった生徒たちへの学年の先生たちのいきなはからいです。

このパフォーマンスは軽音楽部・吹奏楽部の演奏にのせて書道部が書を書くというものです。曲はAKB48の「GIVE ME FIVE!」そして、書道部が書いた書もその歌詞の一部。青春まっただ中の生徒たちの気持ちにピッタリのもの。生徒たちは見事なパフォーマンスを見せてくれました。後夜祭は、在校生以外参加できないので、本来なら保護者の方はご覧になれなかったもの。保護者の皆さんには普段なかなか見ることのできないお嬢さんとその仲間たちの姿はどう見えたでしょうか。生徒たち以上にのりのりのご父兄の姿も見られましたが…。

Keion Suisou Syodou

 Hogosyakai201210_2   Syodou2_2

生徒の皆さん、なんとなく「しまらない形で終わった」文化祭。これで気持ちは吹っ切れましたか。

もうすぐ定期試験そして修学旅行。「思い出より輝いてる明日を信じて」、次に向かって気持ちを切り替えて頑張っていきましょう。