🍀みどり会 創設100周年記念美術展 開催🍀

 

12月15日(土)・16日(日)、10時~16時の間、本校体育館にて、みどり会創設100周年記念美術展が行われました。出品点数は約120点。油絵から日本画、写真、書道、工芸、仏像の修理のコーナーと、多彩な作品が出品されました。今回は20歳代の卒業生から最高齢は90歳代までの約80名に出品していただき、バラエティに富んだ作品展示となりました。15日は書道のワークショップ、16日は書道とクリスマスカードのワークショップも行われ、多く方に来場していただき、盛況のうちに終えることができました。作品には、出品者の方々の簡単なプロフィールといっしょに、出品者のひと言も書かれたカードが添えられていました。それらを読むと、作品を描いた思いとともにトキワ松学園での思い出も書かれており、作品について知ることができるだけでなく、心が温かくなるコメントも多くありました。

 

12月15日にはオープニングパーティも行われました。みどり会会長の挨拶、理事長先生のご挨拶、中学・高校校長の中山先生が乾杯の音頭を取り、会は和やかに始まりました。1時間という時間の中、出品者の方々、何名かのインタビューに加え、みどり会の新しいロゴマークをデザインした卒業生の思いも聞くことができました。

 

今回は恩師の先生方の作品も出品していただき、セレモニーにご参加いただいた家庭科の布村恭子先生、お亡くなりになった岡田規代子先生の旦那様、今年、お亡くなりになった美術科の小宮英夫先生の奥様から一言ずついただき、作品に対する思いや思い出をうかがうことができました。

最後は美術展の実行委員長の東海林先生からのご挨拶をもってオープニングパーティは閉会しました。長い年月をかけて美術展の企画を練り、美術展を成功に導いた、みどり会の美術展実行委員のメンバーの方々、そして、事務局の方々、お疲れまでした。

 

 

 

🍀活躍してます!卒業生🍀

卒業生でプロのサクソフォン奏者の冨岡祐子さんからコンサートの案内が届きました。冨岡さんは東京藝術大学大学院を卒業後フランスに留学し、帰国後サクソフォン奏者として広く活躍中です。

今回は、フランスで現在も活躍している作曲家・オルガニストのティエリー・エスケシュのソプラノサクソフォーンとオーケストラのための作品《暗闇の歌》を中心に据えて「闇」をテーマに選曲しています。

自分の存在さえも不確かになる闇の中で、心に湧き上がってくること、次第に見えてくるもの、感じること・・・音の世界で描かれる闇の世界を自由な感性で描いていただきたいと本番に向けて意気込みを語ってくれました。

皆様、ぜひお運びください!

Series FOCUS Vol.5 暗闇の歌
【日時】2018年12月20日(木)開場18:30/開演19:00
【会場】代々木上原・けやきホール
【出演者】冨岡祐子 Saxophone/羽石道代 Piano
【プログラム】
J.ダウランド/私を闇の中に住まわせて
細川俊夫/スペル・ソング ー呪文のうたー
T.エスケシュ/影の連祷
M.ラヴェル/夜のガスパール より「絞首台」
T.エスケシュ/暗闇の歌
佐藤聰明/光

🎄クリスマス・チャリティーコンサート🎄

12月2日(日)クリスマス・チャリティーコンサート🎄が3Fホールで行われました。

 

出演は三矢直生さん(元宝塚男役スター)、中山エミさん(シャンソン界のベテラン歌姫)、三四朗さん(バークリー音楽院卒のサックス奏者)、そしてピアノ伴奏は城所潔さん(日本シャンソン・カンツォーネ振興協会理事長)と、世界を舞台に第一線で活躍されている方々✨です。

 

コンサートの前半は、ゲストの方それぞれの世界に誘われ、素晴らしい歌や演奏に酔いしれました。後半は、ガラッと変わって会場のお客様も一緒にクリスマスソング🎶を歌います。サンタクロース🎅も登場し、子供たちも大喜び✨で歌いました。

このチャリティーコンサートは、本学園高等学校同窓会「みどり会」と社会還元グループ「六番町くらぶ」の共催によるもので、今回で第10回目を数えました。参加費と寄付金はすべて支援を必要としている国内外の子どもたちのために役立てていただいています。会を重ねるごとに地域の皆様にも広く知っていただくようになり、今回も3Fホールいっぱいのお客様をお迎えすることができました。

ご来場いただいた皆様、有難うございました❗

次回は、来年6月16日(日)クラシックコンサートの予定です。

🍀活躍しています、卒業生! 🍀

現在、熊川哲也さんが主宰するKバレエカンパニーでアーティストとして活躍する瀬屑真紀さんが、12月にオーチャードホールで行われる「くるみ割り人形」の公演で、クララ役として出演します。

瀬屑さんは中学からトキワ松学園に入学し、高校1年修了時まで在籍後、イギリスのバレエ学校に3年留学後、バーミンガムロイヤルバレエ団、ポーランド クラクフオペラバレエ、スウェーデン王立バレエ団に在籍し、帰国後はKバレエカンパニーの一員として活躍しています。

なお、瀬屑さんが出演するのは12月8日(土)16:30開演の部です。

トキワ松から世界への羽ばたき活躍している瀬屑さんを、ぜひ応援してください!

中学進路講演会~プラスにとらえてチャレンジ!~🍀

社会で活躍する卒業生をお迎えし、進路講演会を行いました。

 

今年度は現在、羽田空港で国際線の税関でお仕事をされている、土屋さんにお越しいただき、お話を伺いました。

2020オリンピックもあり、羽田空港をたくさんの外国の方が利用します。24時間稼働している空港で働くのは大変なこともたくさんあるそうですが、大学時代の留学で得た語学力をいかして、多くの方とコミュニケーションをとりながらお仕事することにやりがいを感じているとのことでした。

トキワ松学園中学校高等学校時代の部活動の話や、勉強で苦労したこと、行事の事など思い出話を交えながら、お話ししてくださった中で、とても大事なことがありました。

 

それは、「中高時代にやっているすべての事に意味があって、無駄なことは一つもない。すべてをプラスにとらえてチャレンジしていくことが大切。」ということです。直接自分の進路に関係ないから、やらないのではなく、たくさんの経験やチャレンジの中の何が進路を決定するきっかけになるかわからないからこそ、色々なことを億劫がらずにやってみることが必要なんですね。

🍀みどり会 バス旅行🚌

みどり会では、毎年秋に親睦を兼ねて日帰りバス旅行を開催しています。今年は10月11日(木)に山梨県甲州市の国宝大善寺の拝観と勝沼ワイナリーの見学を行いました。

今にも雨が降り出しそうな曇り空の下、25名の参加者を乗せたバスは都立大学を出発。バスに揺られること2時間、中央高速の空は晴れ間が広がり、現地に着いた時には、半そでで過ごせるほどのとても良い天気。さすが、みどり会の晴れ女パワー、ここにあり!です。

ぶどう寺としても知られる大善寺、この日は開山1300年特別御開帳に当たり、国宝の薬師堂に飾られた、修復を終えたばかりの不動尊画像と、厨子に祀られている秘仏の本尊薬師三像を拝観できるという、大変有難い日でした。

 

甲州ワイン造りに特化したワイナリー勝沼醸造では、有賀雄二社長自ら、工場見学及び6種のワインのテイスティング、それぞれの特長と魅力をお話しいただきました。原料であるぶどうは、雨の多い日本ではたいへん栽培が難しいゆえ、一房一房に袋をかけるなど、日本ほど丁寧に心を込めている国はないとの説明に、生産者のみなさんのご苦労を知らされました。甲州ワインは和食にとても合うワインですので、ぜひ、おせち料理などと一緒に味わっていただきたいとも。ぶどう栽培からワイン醸造にかける熱い思いが伝わります。

  

 

ランチは直営のレストランテ“風”、ワイン伝来時代の異国情緒あふれる店内で、オーナー特別限定の和牛ローストビーフを、もちろんワインと一緒においしくいただきました。

 

帰りは、障がい者就労支援事業所であるケアフィットファーム運営のショップに立ち寄り、ぶどうやお野菜、ドライフルーツなど、買い物を楽しみました。秋晴れのもと、大満足の楽しい1日でした。

 

🍀学生時代に戻って楽しみました!96年卒Green22開催🍀

本日から中間テストが始まりました。教室では朝から最後の確認をしたり、生徒同士で問題を出し合ったり姿が見られました。皆さん、頑張ってくださいね!

さてさて、先日21日(日)に本校のカフェテリアで、高等学校卒業22年目の卒業生たちが集まる同期会Green22が開催されました。今年で6年となりますが、卒業生54名、先生方11名の方に参加していただきました。

 

受付開始とともに、受付が置かれたエントランスでは、次々とやってきた卒業生たちの歓声であふれます。11時から始まった会では、なんと、司会の方が現在のトキワ松の制服姿で現れるというサプライズ!幹事さん、みどり会会長さんたちがご挨拶。集合写真の撮影の後、いくつかのグループに分かれて短い時間でしたが学校を見学をしました。96年卒の方々は旧校舎で学園生活を過ごしていたこともあり、今の校舎を見学して「すっかり変わったね」「立派になった!」などの声とともに、卒業生たちは学生時代を思い出しつつ、現在のトキワ松学園の教育にも耳を傾けていました。

 

 

見学会を終えて、懇談会会場へ。ケータリングのしつらえに、卒業生たちは足取りも軽く、すっかりと高校時代に戻ったかのように談笑しながら会場へ。高校教頭の乾杯の声で懇談会が始まり、みどり会の100周年記念で制作された映像が流されたり、担任の先生方からの当時を振り返りつつの話しがあったり、幹事の方々が作った当時を振り返る映像が流されたりと、盛り上がりました。最後は、懐かしの校歌を全員で歌って盛会のうちに閉会しました。

 

 

今年度も、幹事の方々がとても楽しみながら会を作り上げていったことが伝わる会でした。幹事の方々、お疲れ様でした。

 

来年は97年卒の方々に同期会「Green22」のお知らせが発送される予定です。日々、お忙しく過ごされていると思いますが、ぜひとも参加してくださいね。来年も楽しみにお待ちしています。

🍀チャリティイベント ~源氏物語の世界へようこそ~🍀

10月14日(日)、第9回チャリティイベントが行われました。このイベントは、中高同窓会の「みどり会」と社会還元グループ「六番町くらぶ」の共催で、学園関係者だけでなく地域の方や一般の方も参加できます。恵まれない子どもたちの支援を目的にしていて、参加費や寄付金のすべてを子供たちの支援活動をする団体に贈り、役立ててもらっています。

 

さて、今回のテーマは「源氏物語と薩摩琵琶」。源氏物語の中で「葵」の巻について、源氏物語の研究家である有田祐子さんの解説を聞いた上で、薩摩琵琶演奏家の荒井姿水さん、荒井靖水さんによる「葵上(あおいのうえ)」などの演奏を聴きました。

 

解説を聞くうちに満席となった3Fホールの会場全体が千年タイムスリップしたかのよう。源氏物語の雅な世界に誘われ、打弦楽器とも言われる薩摩琵琶の迫力ある弾き語りを堪能しました。会場のお客様の大半は薩摩琵琶を聴くのが初めてで、演奏後はお二人を囲んで薩摩琵琶に触れたり精巧な装飾に感嘆したり、質問も絶える間のないほど充実した会となりました。

 

出演下さった荒井姿水さん、荒井靖水さん、有田祐子さん、そして参加下さった皆様、有難うございました。

 

次回は、12月2日(日)14:00~16:00「クリスマス・コンサート」です。楽しい演目ですので、ぜひ多くの方のご来場をお待ちしています。

🍀輝いています!卒業生!(卒業生個展開催)🍀

トキログでは、トキワ松学園の元気な生徒たちの学校生活を紹介するとともに、卒業後に各方面で活躍する卒業生たちの様子も紹介してきました。

今回紹介するのは、トキワ松の美術・デザインコースで学び、現在、病さつき名義でイラストレーターとして活躍中の卒業生です。

彼女は、「美少年」をテーマにしたデジタル作品を手掛けており、ノスタルジックな雰囲気漂う作風が特徴です。これまでグループ展、イベント展で作品を発表してきましたが、今回、初めてとなる個展を開催中です。明日までですので、興味・関心のある方は、是非とも足をお運びください!

病さつき個展「ネバーランドからの招待状」
10月31日~11月6日 14:00~20:00(最終日18:00終了)入場無料
高円寺AMANOJAKUにて

輝いています!トキワ生!

トキワ松学園では、生徒たちに古典や伝統芸能の良さや奥深さを知ってもらうために、歌舞伎教室や能・狂言教室といった見学会が開催されています。音楽鑑賞教室でも、古典芸能を鑑賞することがあり、生徒たちに貴重な経験の場を提供しています。また、生徒の中には見るだけでなく、習い事として伝統芸能に取り組んでいる生徒もいます。

「長唄・囃子青年楽団 清響会」は、将来の長唄界を担う若手の団体として、積極的な活動をしています。この清響会には、トキワ松学園の卒業生・在校生が所属しており、この度、以下の日程で、第一回の演奏会が行われる運びとなりました。

期日は9月26日(水) 紀尾井ホール(18:30開演/18:00開場)

 

ご興味・ご関心のある方は、ぜひご来場ください。